新宿高島屋レストラン街の「名代とんかつ かつくら」で京都のとんかつ。
懲りもせず、出かけております新宿タカシマヤ。
時が経つのは早いもので、あと一日を残すのみとなってしまった
ゴールデンウィーク期間中も出かけていたのですが、
今回の記録は連休に入る前のこと。

小籠包にするか、ステーキにするか、地下のイートインか。
それともいっそのことビルの外に出てしまう?
・・・とかなんとか、あれこれ考えていたのだけれど、
夫の「とんかつ食べたい」というリクエストで、
結局はレストランフロアのこちらのお店になりました。


a0029277_28244.jpg
京都が本店のとんかつ屋さん「かつくら」。
かなり昔になるけれど、三条のお店に行ったことがあるような、ないような。

ちなみに新宿高島屋のレストラン街には、もう1軒とんかつ屋さんがあるけれど、
こちらのほうがちょっとだけ高級バージョンです。


a0029277_281185.jpg
入店待ちの列ができていたけれど、あっという間に入店。
夫とカウンター席に座り、まずは調味料チェック!
中央の白い容器には高菜漬けが入っています。
あとの3つの容器は、甘いソース、辛いソース、ドレッシング。


a0029277_282077.jpg
お料理が出てくるまでの間に胡麻をスリスリ。


a0029277_283057.jpg
すり胡麻に合わせるのは甘いほうのソース。
小さなすり鉢には胡麻を入れず、辛いほうのソースだけ。

ちなみにこのソース。
甘い/辛いというよりは、濃い/薄いという違いのような気が・・・。
決して誤っているわけじゃないけれど、夫も私もちょっと違和感を感じたり。

さて、そうこうしているうちに、とんかつが登場~。


a0029277_284411.jpg
夫:ロースかつ膳(120ぐらむ) 1,590円

うちの夫にしては少食な選択だって思いません?


a0029277_285375.jpg
夫:男爵コロッケ(牛肉) 300円

ははは、サイドメニューもしっかり注文しているので大丈夫。


a0029277_29328.jpg
私:京都山城産 筍と青蕗、
     天然小海老の生湯葉コロッケとヒレかつ膳 1,600円

こういうお店では、本格的な「ザ・とんかつ」じゃなくって、
ちょっと変わったものをいただきたい・・・そう思って選んだもの。


a0029277_291340.jpg
湯葉がとろけて、クリームコロッケみたい。
ふむふむ、なかなか美味しいじゃございませんか。


a0029277_292344.jpg
ほほー、男爵コロッケや生湯葉コロッケ以外にも、
いろんな単品メニューがあるのね。


a0029277_293319.jpg
ご飯は麦ごはん、お味噌汁は白味噌でした。
このあたりも、他店とはちょっと違ってますね。


a0029277_294348.jpg
お漬物も上品で美味しかった。
お漬物が食べられない夫がカワイソウ~。


a0029277_29537.jpg
キャベツが高騰中の頃。
夫も私もおかわりをお願いして、キャベツをたっぷりいただきました。


とんかつ専門店のベーシックなとんかつが好きだけれど、
たまにこういうお店でいただくのも、気分が変わっていいっすね。

研修生というバッジをつけた、若い女性従業員さん。
このときは、まだ突っ立っているだけ、といった感じだったけど、
次に行くときには成長した姿を見せてくれるのかな?
慣れるまでは何かとタイヘンだと思うけど、頑張って早く仕事を憶えるのだよー。


◇2010年4月の食事記録です。
名代とんかつ かつくら 新宿高島屋店
渋谷区千駄ヶ谷5-24-2高島屋タイムズスクエアビル14階 TEL : 03-5361-1878
オフィシャルサイト http://www.fukunaga-tf.com/katsukura/
ぐるなび(クーポンあり) http://r.gnavi.co.jp/g203803/


<おまけ>
ぐるなびクーポンがあるのを、今、知りました! うううう、悔しい~。(涙)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2010-05-05 02:10 | ├とんかつ