とんかつ 鈴文 (西蒲田)
<2005年1月17日(日)のおひるごはん>
今日は蒲田方面に車でお出かけでした。

蒲田にいったい何をしに? 

へへへー、実はマッサージでごわす。
蒲田という地名からもおわかりかと思いますが、コジャレたイマ風の
マッサージ店ではございません。
オッサンやオバハンが集いそうな治療院っぽいマッサージ屋さんで、
有資格者のマッサージ師さんに「あんま」してもらうんです。
60分4500円という魅力的な価格につられて、たまーに出かけてます。

マッサージしてもらってからおひるごはんを食べて帰ろうと思っていたのですが、
マッサージ店に着いたら1時間待ちと言われてしまい、先に食事をすることにしました。

行き先はとんかつやさん。夫のセレクトです。
昨日からラーメン屋に行くか、とんかつ屋にいくかで迷ってはりました。
で、結局とんかつ屋さんへGO!
a0029277_051895.jpg

11:30少し前にお店の前に到着。
暖簾は出ていなかったけれど、店内には1組の客がいるようです。
お店の前でウロウロしていたらご主人が出てきて店内に招き入れてくださいました。

何にしようか迷いましたが、ちょいと豪勢に「特ロースかつ定食(2,100円)」を注文。
カウンターからご主人のカツを揚げる姿を見つめながら、出てくるのを待ちました。

a0029277_0512522.jpg
揚げているときからわかっていたのですが、すごい分厚いカツ!!

a0029277_0513419.jpg
お肉はほんのりピンク色に染まり、ふくらんでいます。(わかりますか?)
甘い豚肉の味を堪能したかったので、私にしては珍しく、
半分ぐらいをお塩&レモンでいただきました。

しっかし、このとんかつ。尋常じゃないボリューム。
大食漢の私ですら完食がキツかった。(完食しましたけどね。)
美味しいんだけれど、途中から満腹感いっぱいで、ちょっともったいなかったです。
お肉を分厚くしないといけないのでしょうがないんでしょうね。
次回は夫と私で注文を変えたほうがいいのかな、と思いました。
*ちなみに、お隣の席のおじいさん(60歳代後半~70歳代)もコレを注文されてました。
 奥様はエビフライ定食。。。常連さんなのでしょうね。



a0029277_0515161.jpgちなみに、ごはんと豚汁がついています。



a0029277_052174.jpgあっさりとしたお漬物は、最初にほうじ茶と一緒に出てきます。



a0029277_0521465.jpg私たちはビール(中瓶 550円)も頼んじゃいました。
ぷはー。



この後、コワゴワとマッサージを受けました。
おなか押されたらどうしよう~、って不安だったんです。(笑)
---------------------------------------------------------------
とんかつ 鈴文(すずぶん)
大田区西蒲田5-23-17 TEL 03-5703-3501
*ご主人は、先日行った「(蒲田)丸一」と同じく、「(大森)丸一」で修行をされたようです。
*上記情報は間違っているかもしれません。
 よろしければ再訪記事の店主さん情報をご覧ください。(2005/05/21追記)







蒲田で有名なとんかつ屋さん「鈴文」と「丸一」。
どっちが良かったかといいますと・・・・。

 夫 鈴文
 私 丸一(蒲田)

という結果になりました。

もちろんどっちも美味しいのですよ。
その上で自分の好みはどちらか?というと。。。という意味です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-01-17 00:54 | ├とんかつ