再訪 とんかつ 鈴文 (西蒲田)
<2005年5月15日(日)のおひるごはん>
ハワイから帰国して食べたいと思ったメニューの一つが「とんかつ」。
私はとんかつが大好きなのだ!!
ビールにも合うし、ごはんもバクバクいけてしまう。
これで体重が増えなければ言うことないのに・・・。

帰国後10日が過ぎ、ようやく「とんかつ」を食べに行くことにした。
行き先は「鈴文」。お店も綺麗だし、もちろんとんかつも美味しいし、
異論が出るわけもなく「Let's GO!」となったわけだ。

どうだ~っ!おいしそうでしょ?
で、食しました。今回はふつうの「とんかつ定食」。1300円ぐらい。
前回食べたのはさすがに量が多かったので、理性を持って自重した。
もうひとつ「ランチ」という安いメニューもある。
お店の方に確認すると"厚み"が違うらしい。

で、美味しいし、また行くと思うんだけど、
気になった点を少し・・・。

 ・キャベツの水切りが悪く、衣が(水分で)ベチャベチャになっていた。
  せっかくカツが美味しいのに、もったいない!!
  キャベツを盛る係りの人、しっかり水気を切って~!!
  (もしくは別皿にするか、油きりの網を敷いて!!!)

 ・夫と私、全く同じメニューだったのに、明らかに大きさが違う。
  私のほうに大きいカツがきていた。(写真は大きいほう)
  「どっちかが"ランチ"と間違えられてるんと違う??」
  と夫とも話していた。結局、何も言わなかったけど、気になる!!
   →ちなみに、夫に大きいほうをあげましたよ。スネてたから。

特に、キャベツの水の件。なんとかがんばって!!


とんかつ 鈴文(すずぶん)
大田区西蒲田5-23-17 TEL 03-5703-3501
前回の訪問記事はこちら  http://picot.exblog.jp/1553628/




<参考>店主さん情報   島崎幸司さん

  昭和25年から38年まで中村屋本店に於いてとんかつ料理の基礎を修行し、
  昭和39年に大田区大森駅前で独立するとともに、独自の味の研究を進め、
  食感の優れた高品位のとんかつ料理を創出した。
  特にオリジナルのソースの製法を確立し、パン粉にも特別の工夫を凝らした。
  また開店以来顧客の好評を博し、多くの料理関係者からも関心を寄せられている。


   *店内の掲示を転記。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-05-21 10:17 | ├とんかつ