[香港] 鏞記酒家 (香港島・中環/広東料理)


<2005年8月11日(木)ばんごはん>
大會堂美心皇宮で飲茶を食べた後、公衆電話からこの日の夜のレストランを予約。
どのレストランに行くか当日の朝まで決めていなかったのですが、
フカヒレの"福臨門"と迷った結果、結局ガイドブックの最初に載っていた
「鏞記酒家」にしました。(安直?)


一度ホテルに戻った後、またスターフェリーに乗って中環(セントラル)へ。
10分ほど山側に歩いたところ、香港の六本木と言われる(?)
蘭桂坊(ランカイフォン)の近くにお店がありました。


お店の入り口脇にはこんがりと焼かれた鳥さんがズラリと並んでいます。
そう!このお店は「ガチョウのロースト」が売りなんです。

さて店内に入り、名前を告げると、エレベーターを案内されました。
そういえば予約の時に「三階で予約を受けました」と言われていました。
エレベーターガール(おばちゃん)が操作してくれる
小さなエレベーターで三階に上がります。


ガイドブックに "空席待ちの行列ができるほどの人気店" と書いてありましたが、
それはウソではありませんでした。
店内は満席。順番待ちの人でごった返していました。
予約しておいてよかった。

日本語メニューをいただき、あれこれと検討します。
二人だと食べられるものも限られてしまうのでコースメニューを選択。
4種類あったコースの中で一番豪勢な
「セットメニューD(500HK$/一人)」を選びました。
ちょっとだけ奮発!



やっぱりビール!このお店では缶のサンミゲルが出てきました。

特製ピータン

テイクアウトもできる名物メニュー。注文しないのに出てきました。
しっかり料金をとられていたので、付き出しのようなものなんでしょうか。
でもさすがにおいしい。。卵黄部分がネットリ、マッタリ、濃厚です。
添えられた生姜の甘酢漬けはテイクアウトのピータンにも付いているそうです。
奥にある茶色い丸いモノ、何かの実だと思うのですが、何だろう??

白灼生蝦 ゆで海老(殻付き)

あまり期待していなかったせいかもしれませんが、これがおいしい!
前夜、南丫島(ラマ島)でも食べた海老より良かったです。

海老にはこんなタレをつけながらいただきます。

金牌焼鵝 ガチョウのロースト

これを食べにこのお店にやってきました。
ちょっとポーション少な目?

さすがに美味しい!
小豆(?)が敷いてあり、甘めのソースです。

これまた甘いタレもついていました。
マンゴーチャツネのようなフルーツ系のタレです。

蟹肉生翅 蟹肉入りふかひれスープ


蟹肉は甘く、ふかひれもいっぱい。

スープには(好みで)黒酢を入れていただきます。
私は最後のほうでほんの少しだけ入れていただきました。

鏞記鮑魚 ヨンキー特製 アワビのスライスオイスター煮込み

このコースにしたのは、このお料理が含まれていたからです。
実は干しアワビの煮込みをいただくのは初めて!
一度ちゃんとしたのを食べたかったんですよ。
で、感想ですが、なんちゅーか、下品と上品の分かれ目ギリギリのところの味。
アミノ酸がギュギュっと詰まった味。"旨み"がとてもとてもとても濃い。

帯子菜遠 帆立と旬の野菜のソテー

よくあるメニューですが、これまたウマウマ。

こんなタレ(オイスターソース系)がついていましたが、
ほとんどつけませんでした。



タレといえば、最初から最後までこのタレ(からし?)がおいてありました。
何につければよかったんだろう?

揚州炒飯 広東風五目チャーハン

もちろん美味しいです。

精美蛋撻 エッグタルト

この日、2度目のエッグタルト。

香芒布甸 マンゴープリン

このマンゴープリンも美味しかった。
見た目はたいしたことなさそうなんですけど。

エバミルクがついていて、それをかけていただきました。
ふう、満足じゃ。

さすが創業60年を超える老舗、さすが人気店。美味しい食事でした。
でもアワビは次回は頼まないかなあ。
ガチョウのローストをアラカルトでガツガツいただきたいですね。


鏞記酒家 http://www.yungkee.com.hk/
*上記メニューと飲み物で約1,300HK$(約18,500円)程度。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-18 23:09 | ├香港(2005/08)