トラットリア・ダ・トンマズィーノ (外苑前/シチリア料理) その2

<2005年8月20日(土)ばんごはん>
トンマズィーノでいただいたものは次の通り。
入店が遅かったので、いくつかのお料理が品切れになっていた。
(当然だけど)早めに行ったほうが、好きなものを食べられるだろう。



魚介と野菜のフリット盛り合わせ。
メニューにはアンティパストに野菜のフリット、メインに魚介のフリットがあったが、
お店の方の勧めもあり、盛り合わせにしていただく。
魚、エビ、イカ、カリフラワー、いんげんなど。
うーん、おいしい。揚げたてで、素材の味がそのまま出ている。



イワシのマリネと穴子のエスカベッシュっぽいもの。
これもアンティパスト2種類を盛り合わせでお願いした。
どうやら冷菜、温菜さえ合わせれば、盛り合わせしてもらえるようだ。



豚のラグーを使ったパスタ。
「首飾りにできるようなパスタですよ」と教えてもらったパスタの種類。
憶えていません・・・。(苦笑)
豚肉の味がパスタにまとわりついていて、おいしい。



名前は忘れましたが、スズキとジャガイモのお料理。
パンパンに膨らんだアルミホイルのまま席に持ってこられ、テーブルで開封(?)。
ぼわっと良いにおいが噴出すので、すかさずクンクンと吸い取る私たち。



上のアルミホイル包みの中身をお皿に盛ったもの。
塩味がかなり薄め。その分、スズキの味を満喫できたけど、もうちょっと何かがほしい。
すこーし不満が残る一品だった。(好みの問題だと思う。)



パンは二種類。
チャバタっぽい食感のパンと、フォカッチャ。
フォカッチャはオリーブオイルがジューっと染み出してくる。
おかわりできるかどうかは不明。パンがなくなっても、
サービスの方から何か言っていただけるわけではなかった。



シチリアの白ワイン。4000円弱ぐらいのもの。
独特の風味があるが、スッキリと飲みやすいワイン。
ワインのラベルがズラリと並んだワインリストがあり、選ぶのが楽しい。
赤白各20種類ぐらいはあったかな。



ドルチェも何品かは品切れ。
なんでもいいや、と、久々にティラミスをいただく。
これが美味しかった。チーズの味、エスプレッソの味がしっかりしている。
生地もダラけてなくて、固め。うむ、うまい。



夫がグラッパを頼んでいたが、結局出てこずにエスプレッソでシメ。
たぶんオーダーを忘れていらっしゃったんだろう。
面倒なのでサービスの方には何も言わずに席を立つ。
言ってもよかったんだけど、もう12時過ぎてたし、
どっちでもいいっかーっていうことで。

これらメニュー(全て1品ずつ、エスプレッソは計2杯)と、
スパークリングワインを計2杯、コペルトを入れて、16,500円。
とってもリーズナブル!

それにしても、12時を過ぎても、まだまだ客は食事中。
みんなどうやって帰宅するんだろう。
終電とか、関係ないのね、きっと。

という私たちも、二晩連続タク帰りだけどさ・・・。


トラットリア・ダ・トンマズィーノ
東京都港区北青山2-7-30 プルミエ外苑2F   TEL 03-3401-1008
Woman.excite:ウーマン・エキサイト>レストラン検索
*本日から1週間程度、お休みのようです*
*こちらの記事もご参照ください → http://picot.exblog.jp/2187968/
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-21 14:11 | ├西洋料理