とんかつ 天津 (目黒)


<2005年11月12日(土)おひるごはん>
朝の雨もあがり、青空が広がるお散歩日和。
せっかくなので歩いておひるごはんを食べに行くことにした。

夫のリクエストは「とんかつ」。
先日行った浜松町の「燕楽」を提案するが、遠すぎると却下されてしまう。
それなら勝手に選んでくれ!と夫に言うと、ネットで目黒のとんかつ屋を見つけてきた。

12時少し前に家を出て、八ツ山通りを下り、五反田からは山手線沿いの道を上がる。
途中、ケーキ屋さんを見つけたりアトレで今年初めてのツリーを見たりしながら
40分ほど歩いた頃、ようやくお店に到着した。

あれ、予想より小奇麗なお店。オレンジ色の日よけは庶民的な色合いだが、
お店のたたずまい自体は、落ち着いた雰囲気だ。
店内に入ると、客の入りは半分ぐらい。
ご主人のシゴトを目の前にできるカウンター席に座り、
お散歩で消費した以上のカロリーを充填してきた。



■とりあえずビール
ビールがサッポロなのは場所柄か?(恵比寿ガーデンプレイスから遠くない。)
もちろん夫の糠漬けも私のモノ。



■夫:上ロース定食(確か1,600円)



■私:ロース定食(確か1,300円)
上と違って、キュウリ、レモン、マヨネーズはついていない。



右が上ロース、左がロース。
大きさ、厚みが違うのは見たとおりだが、
食べてみるとジューシーさの差が歴然としている。
夫の上ロースと私のロースを、一切れずつ交換しようとゴソゴソしていると、
ご主人が「右から2切れ目を交換したら違いがよくわかるよ」と
アドバイスしてくれた。
上ロースとロースの切り身(生)を見せてくれて、
私たちがちょうど交換しようとしていた左側の部位は
「脂肪が多いところだから・・」と説明まで!!
ありがとうございました。



夫のごはん(奥)と私のごはん(手前)。男女差別反対!(苦笑)
この写真では遠近法でわかりづらいが、
お茶碗の大きさも、ごはんの盛りも、夫と私で全然違うのだ。
おまけにごはんのおかわりは「100円」するとのこと。
私がおかわりしたら、やっぱり100円とられてしまうのだろうか・・。
#もちろん、これぐらいペロリ!でもおかわりはガマンした。

さて、このお店の訪問メモ・・。

 ・揚げた後、油きり網に置いておく時間が結構長い。
  ずいぶんたってから、カットされていた。

 ・香ばしい揚げあがり。ロース(上でないほう)はちょっと火が通り過ぎていた
  ような気がするが、ギリギリ許容範囲。
  味がおいしくて、半分ほどはソースをかけずに、そのまま食べてしまった。  

 ・メニューにはないが、鶏肉のカツがある様子。
  13時を過ぎて来られた常連さんらしき人が注文されていた。裏メニュー?

 ・店内のいたるところに注意書きが貼ってある。
  子供が暴れるとツマミだすぞ、とか、タバコは吸うなよ、とか。
  (実際には丁寧な文章表現です。)
  が、、、ご主人はとても愛想がよく、コミュニケーションを自ら取られる方。
  どうしてもこの張り紙とご主人とがつながらない。。

 ・海老フライが美味しそうだった。単品だと850円だそうだ。(定食もある。)
  隣席の若いサラリーマンのにーちゃんが、上ヒレ定食に追加して頼んでいた。
  ええなー、儲けてはるんやねえ。

夫は「ま、普通。鈴文のほうが良い。
 次回来るとしても"上ロース"じゃなくて良い。」
ということであまり評価は高くなかった。

でも私は結構気に入ったんだけどね~。
ごはんを普通盛りにしてくれたら言うことナシ!

とんかつ 天津
目黒区三田2丁目8-1  TEL : 03-3793-5040

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-11-14 23:47 | ├とんかつ