手打蕎麦 しのはら(大森)
<2005年11月13日(日)おひるごはん>
前日、とんかつ天津ピザーラという食事だったので、何かあっさりしたものが食べたい。
というわけで、久々に蕎麦を食べに行くことにした。
ご近所「翁」でもよかったのだが、食材の買出しに行きたかったので、
スーパーの近くにある蕎麦屋を夫がネットでリサーチ!
なんでも大森に小奇麗なお店があるとのことなので、出かけてみることにした。

イトーヨーカドー大森店に車を停め、目的の蕎麦屋に向かう。
10分ほど歩いた頃に「手打蕎麦 しのはら」に到着した


夫からの情報によると、何か昔の建物を使っているらしい。
確かにレンガ積みのレトロな雰囲気のあるお店だ。


店内に入り、通されたのは入り口すぐの個室(写真左)。
ホールには普通のテーブル席があったのだが、空いていなかったのだろうか。
たった二人なのに、個室に通され少々びっくりしてしまう。


この部屋には「東京阿野製」という刻印のある古めかしい金庫が置いてあった。
中には大金がうなっているのだろうか。残念ながら開かなかったけど・・。


さて、まずは日本酒をいただく。
季節の日本酒(≠レギュラーメニュー)「末廣伝承山廃純米(福島)700円」だ。
メニューの説明書きには
"香ばしいお米の香りと山廃ならではのコクがお燗にすると際立ちます。"
との記載があったが、冷やのままいただいた。
「焼き味噌(蕎麦味噌?)」はサービス。甘くて柚子の風味が利いている。
実はこれが初めての焼き味噌体験だったりする。


続いてお決まりの「出汁巻卵 650円」。
出汁がたっぷり、甘みはほんのり。はい、おいしい。


基本形の「もり 750円」。薬味はネギ、わさび、大根おろし。
蕎麦の色は緑がかっている。なぜ?新そばだから??それとも蕎麦の品種??
(どなたかご教授くださいまし。)


蕎麦湯はアッサリとしていた、が底にいくとドロドロドロ。
ずいぶん湯桶を回したのだが、ちゃんと撹拌できなかったようだ。
ちなみに薬味の七味は「やげんぼり」、山椒は「源了郭」のものだ。

インテリア、エクステリアに凝ったお店だが、外見で誤魔化しているわけではなく、
蕎麦はちゃんとこだわりのものだった。店員さんも「職人見習い」さん風だったし。

ただ、とにかく注文の品が出てくるのが遅すぎる。
混雑していてタイミングが悪かったせいかもしれないが、
とにかく気が遠くなるほどの遅さだった・・・。

ま、食事は美味しいものだったので、また再訪したいとは思っている。
夜限定のメニューに三種類の「鍋」があるようだ。次は是非「鍋」を食べに来たい。

手打蕎麦 しのはら http://www.teuchisoba-shinohara.jp/
大田区大森北4-13-19(入新井第一小学校裏門側、大森ハローワーク斜め向い)
03-3764-3851 <営業時間>11:30-15:00 17:30-20:30(L.O.)
<定休日> 毎週木曜、第三水曜 <注意> 店内禁煙

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-11-19 11:30 | ├和食・郷土料理