ボルドーワインセミナーに行ってきた!


<2006年2月25日(土)ワイン>
計画的な行動ができない私たちが、
予約至難の「マルディ グラ」の席を押さえることができた理由。
それはこの日に有楽町に出かけることが、1ヶ月以上も前に決まっていたから。

どうせ有楽町に行くんだから、さっさと予約しておこう!
と、2月の初めにはマルディ グラに電話をかけることができたのだ。
#それでも予約の電話をかけるのが面倒で、2週間以上ほったらかしだったんだけど。

さて、有楽町に出かけた目的は「ボルドーワインセミナー」に参加するため!
実は昨年も一度参加する予定だったのだけど、身内に不幸ごとがあって、
泣く泣くキャンセルしたことがあったのだ。

それにしても、皆さんにバレている通り、
「マダム・ざーます系」「教養」「カルチャースクール」「お稽古」「ウンチク」
と対極にいる私。
こんな私がなぜ似合わないセミナーに出かけようと思ったのか?

その答えは最後に自白するとして、実際にセミナーに参加してみたら、
結構おもしろい内容で、十分楽しむことができた。

ちなみに参加したセミナーはこれ。

 ボルドーワインセミナー
 日時: 2006年2月25日(土)
 第一回 16:00~16:45
 第二回 17:30~18:15(各回定員50名)
 会場: 有楽町西武 A館8階クラブオンスクエア
 講師: マスターソムリエ 高橋時丸氏


講師を担当されたソムリエの高橋さんは、
TV東京の「お宝鑑定団」にも出演されているらしい。
「ワインが出品されることは滅多にないので、もともと出番が少ない上に
 最近、お酒のメーカーが番組のスポンサーについてしまったので、
 希少なワインが取り上げられることは少なくなるだろう。
 つまり、私の出番がますます少なくなりそう・・・。」と苦笑いされていた。

この高橋さんが説明された内容は「基礎の基礎の基礎」「初歩の初歩の初歩」。
だからかもしれないけど、なぜか妙にわかりやすくて、
ふむふむと納得しながらセミナーを受けることができた。
自然に頭にもしゅるしゅると入っていくし、珍しく自発的にメモなんかとったりして・・・・。

ただ「"ボルドー"ワインセミナー」のはずなのに、
ワイン全般について、かなり詳しく説明されていたせいで、
肝心のボルドーの説明に入ったのは、開始後40分ごろ・・・。
あのー、セミナーの時間って45分ぐらいなんですけども。(笑)

ところでこの日試飲したワインは
 白:Michel Lynch 2003 (AOC Bordeaux)  小売希望価格 1,700円
 赤:St.Valentine 2001 (AOC Bordeaux)  小売希望価格 2,100円

の二種類。飲み干したらお替りもOKだ!

まあ値段も値段だしスンバラシイものでもないけど、
普通に美味しくいただけた。悪くない。

あ、そうそう。2003年は多数の死者が出たフランス猛暑の年。
この年のワイン(ぶどう)は、夏の暑さにやられて酸が少なくなっているらしい。
要注意の年なので、信頼のおける銘柄のワインを選ぶように、とのことだった。

いろいろな面白い話(たぶんワインに詳しい方にとっては当たり前の話?)が
聞けたんだけど、もう夜も遅いので記録は割愛イタシマス。

そのうち私のブログでワインのウンチクを語るようになったら、
それはこのセミナーの受け売りだと思ってください。

ボルドーワイン委員会 http://www.japon.vins-bordeaux.fr/




<おまけ>

私がセミナーに参加したホントの目的は、じゃじゃーん!これ!!


ふふ、このセミナーって、映画の無料鑑賞券がオマケについてくるのだ!

ワインの試飲もできて、ワインの知識も深められて、
おまけに映画のチケットももらえちゃう!

それも無料で!!!

なかなか良いと思いません?

え、無趣味でヒマな私たちだからこそ参加できるんじゃないかって??
ははは~、図星かも。しっつれいしましたー!!
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-03-03 01:36 | のみものいろいろ