念願の海老フライを食す。 とんかつ天津(目黒区三田)
a0029277_12303051.jpg
夫が出張(移動)のため不在の日曜日。
ご近所のとんかつ屋さんで「おひとりさま」の夕食をいただきました。

a0029277_12305541.jpg
今回注文したのは「お好み二色定食 1,800円」。
ずっと気になっていた"海老フライ"が入っています。
画像右にあるのはヒレカツ。やわらかいお肉です。
よく似たメニューで「二色フライ定食 1,600円」がありますが、
こちらには貝柱のフライがついてくるそうです。

a0029277_123152.jpg
迫力ある海老は少しレアっぽい火の通り方。
多くのお客さんが注文されている理由がわかります。

このお店はトンカツも海老フライも下味が強めについています。
だからいつも半分ぐらいはそのままの味でいただいています。
ちなみに海老フライにはレモンとマヨネーズが添えられていました。

私にとってはちょっとお高めのお値段になってしまうので、
毎回いただくのは難しそうですが、しっかり働いてお給料をもらって、
また海老フライをいただきたいです。(オオゲサですか?)

ところで毎回気になるごはんの"盛り"ですが、今回も小さなお茶碗で出てきました。
やはり「普通盛りでください」という勇気が出なかったダメダメな私。
次回はお替りをして、「お替り100円」の追加料金がかかるかどうか
試してみたいと思います。


◇2006年7月の訪問記録です。
とんかつ 天津
目黒区三田2丁目8-1  TEL : 03-3793-5040
これまでの訪問記録  2005年11月2006年6月




*このお店に行く前に立ち寄った写真展(辛口の感想)
a0029277_12311728.jpg
このお店に行く前に、恵比寿ガーデンプレイスで開催されていた
某フィルム会社主催の写真展に立ち寄りました。
アマチュアの写真愛好家10,000人が参加する写真展。
開催主旨には賛同できるし、企画自体に文句を言うつもりはないのですが、
出展者に何のかかわりも思いいれもない、一般客としての私の感想は、
「ゴチャゴチャしていて雑多で見る気が起こらない」というもの。
良い写真がたくさんあるのですが、出展者の住所と氏名順にズラズラっと
並べてあるので、写真の良さが見えてこないのです。
なんだかもったいないなあ・・と思いました。

そもそも「たくさんの素人が参加する」ということに意義があるイベント。
出展者に無関係のヒトが純粋に写真を楽しむにはちょっとツライものがありました。
実際にあっという間に疲れてしまい、ものの10分で会場を後にしています。

 「プロの写真家がセレクトした100作品だけでもいいから、
  もっと作品数を絞ってもいいから、別の展示会にしてもらってもいいから、
  ちゃんと"その作品を見せる"展示をしてもらえたら良かったのに・・・」

と思ったのですが、まあ、そういう写真展は他にもたくさんありますもんね。
私のようなヒトは、そういう一般的な写真展に出かけるべきだったのだと思います。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-07-23 12:33 | ├とんかつ