フランス料理 ランベリー (南青山) -後編-
フランス料理 ランベリー(南青山)-前編-」の続きです。

a0029277_2332923.jpg
大切に飲んでいたグラスシャンパンも残り少なくなった頃、
サービスの方が次のワインを勧めてくださる。
「赤か白のどちらかをグラスでいただきたい」と伝えると、
この後に続く魚料理にも赤が合うと教えてくださったので
赤ワインをいただくことにした。


a0029277_23322730.jpg
軽いものとしっかりしたもの、二種類のグラスワインがあるとのこと。
しっかりしたほう(重いほう)を頂戴した。(銘柄は未確認)


a0029277_23323884.jpg
お魚料理。
ブイヤベース風スープ、プリっとした海老、そしてホウボウ。
もともとこの手のスープが好きなせいもあるが、顔がニヤけてしまう。


a0029277_23325465.jpg
お魚料理の時に出されたカトラリー。
ナイフの形が変わっていたので、ついつい記念撮影。


a0029277_2333119.jpg
お肉料理はイノシシ。
最初、お料理を説明いただいたときに、ばら肉を使っていると聞いていたが、
こういう形で出てくるとは予想していなかった。
カリっとしたパン粉の衣の中に、ホロっと崩れそうなほど煮込んだイノシシ肉。
ゼラチン状になった脂が甘く、イノシシ肉特有の臭みは殆どない。
ただ、体調が悪いといっていた友人にとっては、ちょっとヘビーだった様子。
それでも残さず食べていた友人。さすがは私の長年の友!


a0029277_23333121.jpg
二種類から選べるデザート。こちらは友人の選んだもの。
この立ち姿が美しい。


a0029277_23334771.jpg
確か柑橘系のジュレとムース。
そして紅茶だかシナモンだったかのアイスクリーム。


a0029277_2334380.jpg
もうひとりの友人と私が選んだのはブランマンジェ。
メニュー説明のとき、アイスクリームが添えられているかどうか聞いたのは私。
アイスが付いていれば、ブランマンジェに即決だったんだけれど、
付いてないと知り、ずいぶん悩んでしまった。
アイスが付いているだけで、ポイントが高くなってしまう。


a0029277_23342081.jpg
真っ白。
なんでも生のアーモンドだけで作ったブランマンジェだそうで、
サービスの方はココナツは一切使っていないことを強調されていた。
それにしてもアーモンドの風味が素晴らしい。
香ばしいだけではなく、爽やかな香りが漂ってくる。
アーモンド好きの方におすすめ!


a0029277_23352286.jpg
食後の飲み物にはハーブティーを選択。
「お好みは?」とたずねられたので「甘い香りのものを」とお願い。
添えてあった蜂蜜をひとくち味見してびっくり。
何かの花の香りが華やかに口の中に広がるのだ。
表現は適していないかもしれないけれど、まるで香水を含んだかのよう・・。
いったい何の蜂蜜なんだろうか。興味シンシン。(確認すればよかった)

そうそう、食事中バター皿が置かれていた銀色の輪っかには、
お砂糖を入れたガラス器が乗っけられていた。
最初は何だろう?と思ったこの輪っか。最後まで大活躍~!


a0029277_23354380.jpg
カモミールのハーブティーとコーヒーを選んだ友人たち。
ご覧の通り様々なカップで出していただける。
ヘレンド(上2つ)、エルメス(下/コーヒーのお替り)。
私はウェッジウッド、他にロイヤルコペンハーゲンのカップもあった。


a0029277_23344816.jpg
食後の飲み物とともに出してくださる小菓子。
三種類とも可愛らしくて、食べてしまうのがもったいない。


a0029277_23355939.jpg
お会計をお願いすると出していただける美しい薄紫色の飲み物。
これはお酢をお水で薄めたものだという。
最初に説明いただいたお酢の原料を忘れてしまった私たちが
「なんのお酢やったっけー?最近すぐに忘れてしまうわー」
と笑いながら話していたら、サービスの方がさっと近づいてきて
「京都産の唐芋紅芋から作ったお酢です」と教えてくださった。
お手数かけてスミマセン。


さて、その他の他愛ないできごとをつれづれなるままにメモ。



・温かいお料理はテーブルまで陶器の蓋をつけたままサーブ。
 そして三人同時にその蓋をカパっと開けてくださる。
 そのたびに上がる歓声。気分が高揚してしまう。

・このお店のサービスは私の好み。
 きちんとした上級のサービスなのだけれど、堅苦しくないのだ。
 気軽に話しかけてくださったりとてもフレンドリーでもあるが、
 その反面、丁寧で真摯な対応をとってくださる。
 客を客として尊重してくださっている印象を受けた。

・そういえば電話をとってくださる方の対応が良かった。
 明るい声、親切なやりとり。たぶんレセプションにいらっしゃった女性だと思う。
 予約日程を変更したのだが、いろいろと融通を聞いてくださり助かった。

・近くのテーブルには50歳前後のマッダーム集団。
 ひえー、私たちとは対極の集まりっぽい。
 ハイレベルでの褒めあいが炸裂するセレブテーブル(マッダーム)と
 関西弁で自らの失敗談を自慢し合う自虐テーブル(私たち)。
 友人によると「キムタクが自宅に迎えに来た」みたいな話をされていたらしい。
 うわっ、その話、私も聞きたかったカモ。

・関西弁でバカ話しながら爆笑していたら、
 滋賀県出身のサービス担当の方が、少しだけ話に入ってこられた。
 その時の話題は、関西弁尊敬語"~はる"の活用形が地域によって違うこと。
 関西で生まれ育った三人が、南青山のフレンチで今さら話題にすることかいな。
 それにしてもガハガハと笑いに笑った3時間半。
 レストランの雰囲気をブチ壊してしまっていたかも、ほんとスミマセン。

・長時間居座った後、お店を後にするとき、シェフが直々にお見送り。
 ひとりずつお土産(画像はこちら)を手渡ししながら、深々と一礼。
 こちらのほうこそごちそうさまでした!



と、ダラダラと書き記してきたけれど、私はこのレストランをかなり気にいった。
お料理は美しく、そして美味しい。私は大好きな味、ヴァリエーションだ。
そして上質なサービスを受けながらリラックスして食事ができる。

特別感がいっぱいなのに、それが自然に入ってくる感じ、、かな。

とにもかくにも、とてもとても気にいってしまったお店となった。

来月には夫と再訪しようと思っているほど。(^^)


◇2007年2月の食事記録です。
フランス料理 ランベリー
東京都港区南青山4-17-33 TEL : 03-3423-0131 / 0120-791-039
http://www.lembellir.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-02-13 23:40 | ├西洋料理