毎度お馴染み「すし処 會」(等々力/寿司)

やはりお寿司はおいしい!
桜の時期もそうだが、おいしいお寿司に出合えたときも
日本に住んでいてよかったなあとしみじみ思う瞬間だ。



付出(ツナと青菜の和えもの)、あんきも、万願寺唐辛子の焼き物、
お造り(鰹、水だこ、ぼたんえび)、ほうじ茶で湯がいた蛸、
筍のお刺身 梅山葵、ふぐの白子バター焼き、ホッキ貝のバター焼き、
お寿司(ひらめ、さより、帆立、白魚、穴子、トロ、トロ鉄火、梅山葵胡瓜)
苺、生ビール×2、雪影(冷酒)1,200円×2。

他にも何かいただいたと思うが、思い出すことができない。
でも少なくともこれら全てをいただいて、しめて19,950円なり。



さて、これらをいただいたのはココ。毎度お馴染み「すし処 會」だ。


ヴィロンでの"豚の脂攻撃"にダメージを大きく受けた昼下がり、
「胸焼けして気分が悪いときより、体調万全のときに行ったほうがいいかなあ」
「でも(お寿司で)お口直しせな、やってられへんし・・」
という二つの気持ちの間で揺れ動いたが、やはり"失敗した感"を払拭したく、
ヴィロンお向かいの東急本店前から当日の予約をとったのだった。

予約時間の20時に店内に入ると、最初に通されたのは1階レジ脇のテーブル席。
大将の目の前のカウンターに2席空きがあったが、
常連さんか私たちよりも早く予約をとったお客さんの席なんだろう。
私たちはテーブル席につくのは初めてだったので、
テーブル席ではどういうふうに注文するんだろう・・と思っていたが、
結局おつまみを数品楽しんでいるうちに、カウンター席に通された。
担当(寿司職人)してくださった方は初めてお見かけする方。
誰かに似ているなあ・・と思うのだが、その答えが出ない。(ノリカの夫似?)

そういえば大将以外の方は知らない人ばかりだった。
みなさん若い方だけれど、気持ちよい応対をしてもらえて満足満足。
もちろんお寿司も美味しくて満足満足。ごちそうさまでした。


恵比寿駅から等々力駅までは自由が丘で乗り換えて15分ジャスト。
へー、こんなに近かったんだ~、と思いながらも、帰りはタクシーでご帰還。
ま、この日は誰かさんのお誕生日だったし、贅沢しても良いでしょう。


というわけで、同じく「會」でお誕生日のお祝いをされた
fさまの「寿司『寿司処 會』(等々力) 」からトラックバック!

今頃、パリの空の下で「寿司食べたい」「蕎麦食べたい」と
のたうちまわっていらっしゃるに違いないだろう。(ふふふ)


◇2007年3月の食事記録です。
すし処 會
世田谷区等々力2-34-5 (近くに駐車場あり)  TEL 03-5706-3646
8度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/4859849/
7度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/4483813/
6度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/3643376/
5度目の訪問時のオミヤゲはこちら http://picot.exblog.jp/3420247/
5度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/3419926/
4度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/2152622/
3度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/2060396/
2度目の訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/1932562/
初めての訪問記録はこちら http://picot.exblog.jp/1348345/


[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-04 07:43 | ├和食・郷土料理