夫と再訪 ランベリー (南青山/フランス料理) -前編-
a0029277_22294567.jpg
前回の訪問記録での宣言どおり、夫と「ランベリー」に出かけてきた。
財政状況が芳しくないため、今回もリーズナブルなランチタイムの訪問。
客の大半が女性だったけれど、テーブルの間隔が離れていたため、
マダム"ざーます"軍団を苦手とする夫もリラックス。

グラスのシャンパン(1,575円)で乾杯した後は、
例のアクリル透明メニューを穴があくほど眺めながら、
何を注文しようか迷いに迷う。うーむ、いったいどうしよう?

長い時間をかけてメニュー構成を考えた私たちが選んだのは、
結局 Menu Degustation (シェフのおまかせコース) 6,825円 ・・・。
何のために長時間も悩みまくっていたのやら・・。(トホホ)


a0029277_22301510.jpg
お料理の記録の前にクリストフルのナイフに注目。
ところでこのナイフはキケン!
なぜならナイフの"刃"と"みね"の形が似ているので、
ボーっとしていたら"みね"側でお料理を切ってしまうこともあるからだ。
ちなみに夫は前科一犯。(ふふふ)


a0029277_2230398.jpg
さて、一品目の前菜は15(?)種類の野菜を使ったテリーヌ。
サービスの方の説明によると、シェフのスペシャリテとのこと。
野菜ごとに味付けが違っており、またカットの仕方も変えてある。
バラエティーに富んだ味と食感、そして色合いを楽しめるもの。
ちなみに私たちより後に来られた方には、違うお料理が出されていた。


a0029277_22305432.jpg
二品目、夫の前菜は帆立貝のポワレ。
本来、このコースの二品目はフォワグラになるのだが、
フォワグラを得意としない夫に出していただけた別メニューがこれ。
見た目はそっけないものだけど、表面がこんがりカリっと焼かれ、
中はレアという帆立貝はとても美味しい。
夫から恵んでもらった一口だけじゃなくて、もっと食べたかった・・・。


a0029277_22313110.jpg
本来の二品目、私はフォワグラをいただく。
実はこれは前回もいただいたメニュー。
欲を言えば前回とは違った調理方法のものを食べてみたかったが、
この系統の味は大好きなので、もちろん美味しくいただけた。


a0029277_22314754.jpg
魚料理はヒゲダラ。
焦げ目のついた皮が香ばしくておいしい。
動物系の脂(バター?)の良い香りがした。
付け合せ、ソース、工夫を凝らしたものだったはずだけど、
随分前のことなので、既に記憶がなくなっている。
いや、もしも変わった食材、カタカナの食材だったとしたら、
お店を出るときには脳内メモリが揮発してしまっていた可能性大。
トリアタマ、、なんとかせねば。。


続く


◇2007年3月の食事記録です。
フランス料理 ランベリー
東京都港区南青山4-17-33 TEL : 03-3423-0131 / 0120-791-039
http://www.lembellir.com/
訪問記録(2007/02・ランチ)  前編 ・ 後編

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-12 22:33 | ├西洋料理