ハワイ最後の夜は、やっぱりステーキ![2008年GW・ハワイの旅 その8]
a0029277_2233023.jpg
ハワイ最後の夜は、夫のたっての希望で、
ホテルにあるレストラン「Chuck's Steak House」で
ディナーをいただくことにした。

ちょうどビーチ側に開いたテラスのあるレストラン。
サンセット・タイムを狙って、お店を訪れる。
(日の出と日没の時刻は、毎日お部屋に届けられるレターで知ることができる)


a0029277_2233966.jpg
Premium Draft:Kona Longboard Lager US$6.00
何はなくとも最初はビール。
生ビールとボトルビール、10種類ほどのラインナップのなかから、
ハワイらしい生ビールを選んで最後の夜に乾杯。
そしてお料理を選び、オーダーを済ませた後、
おもむろに席を立って向かったのは・・・


a0029277_2233207.jpg
サラダバー!
このお店のアントレには、もれなくサラダバーが付いてくるのだ。


a0029277_22332839.jpg
そんなサラダバーでの戦果はこのお皿。
生の(茹でていない)ブロッコリーとカリフラワーを食べながら、
「生で食べてみて美味しいと思うのに、なぜか家では生食しないね」
なんてことを夫と話す。

サラダバーにはパンやスープも置いてあり、
スープがスパイシーでおいしかった。
ちなみに夫はパンにまで手を出していたが、
私は理性をもってパスしている。


a0029277_22334072.jpg
ブラック&ブルー アヒ 市場時価
日本語メニューにあった"市場時価"というコトバに怯えながら、
それでも勇気をもって注文した前菜がこちら。
マグロの表面に粒胡椒をまぶし、表面を炙ったもの。
スパイシーなマグロのタタキといったところだろうか。
これを甘い醤油タレにつけていただくのだが、
これがビールと合ってなかなか美味しかった。


a0029277_22335034.jpg
そんなマグロの前菜は割りばしを使っていただいた。

ちなみに精算時に判明したこのお料理のお値段は US$14.95。
他の前菜がUS$8~US$10といったところなので、
ビックリする値付けではなくてホっ。


a0029277_2234115.jpg
Cartlidge and Browne PINOT NOIR 2006 US$28.00
いよいよこれからメイン料理というときに、
カリフォルニアの赤ワインを開けていただく。
このワインはお店で最安値価格帯のもの。
もっと高級なラインのワインもたくさん揃っていた。


a0029277_2234123.jpg
サーロイン&揚げシュリンプ 25.75
いよいよ、メインの登場。
夫は珍しくコンボ(セット)メニューを選択。
揚げシュリンプって、どんなんだろう?
と思っていたら、開いた海老のフライだった。


a0029277_2234244.jpg
サーロイン&帆立貝 25.95
夫が珍しいもの(コンボ)を注文するというのを聞き、
当初ステーキメニューにしようと思っていた私も、ついつい心変わり。
ちなみに付け合わせは、ベークドポテト、ライス、フレンチ・フライから
1種類選ぶことができるので、夫と私、別の種類をオーダーしてみた。

そんなこんなで(?)、二人揃って慣れない「コンボ」にしたのだけれど、
「うーん、やっぱり普通のステーキメニューのほうが良いね」
と共感しあうディナーとなった。
ま、とりあえず「コンボ」だとお肉の量が少ないし・・ネ。


a0029277_22343328.jpg
あー、あっという間のハワイ。
お部屋に帰って荷物を詰めなきゃ・・・。


◇2008年5月の食事記録です。
Chuck's Steak House
http://www.chuckssteakhouse.com/
WEBサイトにはなぜかこの店舗の情報が載っていません

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-05-13 22:34 | ├ハワイ(2008/GW)