「とんかつ とんき」の後「肩こりの原因は食べ過ぎ」と指摘を受ける。
朝8時半から夕方17時過ぎまで、みっちりオシゴトさせていただいた日曜日。
疲れ果てたカラダに鞭打って晩ごはんを作ろうなんて気は全く起こらず、
帰宅するやいなや「食事+マッサージ」のため夫と目黒へ向かう。


a0029277_718747.jpg
目的地は、約3年半ぶりの訪問になる「とんかつ とんき」。
かの池波正太郎氏も常連客だったという目黒の有名なとんかつ店だ。

1階はオープンキッチンのカウンター席、2階はテーブル席。
どちらも店内に待ち行列ができていたが、迷うことなく1階を選択。
職人さんたちの無駄のない動きを眺めていられることが、
このお店の醍醐味の一つだからだ。


a0029277_7181879.jpg
お店に入って待つこと30分、席に通されてから更に10分。
ようやく「とんかつ定食(ロース) 1,800円」にありつけた。
とんかつの他に、ごはんと豚汁、お漬け物が付いていて、
ごはんとキャベツはお替り無料だ。
(豚汁がお替りできるかどうかについては不詳)


a0029277_7182988.jpg
あらかじめ、ほんの少しだけソースがかけられているとんかつは、
薄くて固めの衣と細かくカットされているところが特徴的。

そして、このとんかつのカットを担当されているのは、
たぶん職人さんの中で一番の最高齢の方。
調理場の中央に立ち、背筋をピンとのばして、
カツを切っていらっしゃる姿はとてもとても美しかった。


a0029277_7184069.jpg
とんかつ自体は、別のお店(例えば鈴文とか)のもののほうが好みだし、
お値段だって安くはないのに「また来たい」と思ってしまうのは何故なんだろう。
ボリュームいっぱいの「とんかつ定食」と「瓶ビール(600円)」をいただいた後、
目黒のマッサージ店で凝り固まったカラダをほぐしてもらいながら、
老舗の威力の凄さについて、ぼんやりと考えを巡らせていた。

しっかし、マッサージ師さんに
 「あなたの肩こりは食べ過ぎが原因ですね。胃が張っていますよ。」
と言われてしまうとは・・・・。(苦笑)


◇2008年5月の食事記録です。
とんかつ とんき
目黒区下目黒1-1-2 TEL : 03-3491-9928
訪問記録(2004年10月) http://picot.exblog.jp/1257874/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-05-22 07:20 | ├とんかつ