代官山の「イータリー(EATALY)」で買ったポルチーニ・ソースとグラニャーノ産のパスタ
とある日の夕刻、テレビ各局のニュース番組で報じられたニュース
「高級イタリア食材専門スーパーマーケットが代官山にオープン」。

所得格差の広がり、食そのものや食の安全に対するこだわりなどなど、
それらしい解説が付け加えられて報道されいたけれど、
高所得者でもなければ、食に対する意識も高くない私も、ミーハー心で興味シンシン。

恵比寿に住んでいたなら、徒歩でGO!と即刻動いたところだが、
今となっては代官山はとても遠くて不便な地。
このお店のためだけにわざわざ行く気も起らず(←所詮この程度の興味ってことか)、
じっと機会を窺っていたところ、襲撃チャンスがようやく到来!
とある平日の夜、夫と中目黒で食事をする前の余った時間を利用して、
代官山で途中下車、目的の地「イータリー(EATALY)」へ行ってみた。

カジュアルレストラン、バル、ジェラートショップ。
テイクアウトやイートインコーナーの充実が目立つけれど、
店舗自体はそれほど大きくなく、短時間で見回れる広さ。
いろんなイタリア食材が置いてあったけれど、
やはりパスタ関連のものが充実していて、見ているだけでもおもしろかった。

さて、そんな「イータリー(EATALY)」で買ったのは、
友人へのお礼代わりのお土産にロングパスタ2種類とパスタソース、
そして自宅用にショートパスタ2種類とパスタソース。

好き嫌いがあると困るので、友人にはオーソドックスなものを選び、
自分用には、せっかくなので変わったものを選んでみたのだが、
とにかく"他店では買えなさそう"という意味で、「イータリー」直輸入品で統一してみた。

だって、どこか別のお店で簡単に手に入ったり、安く売っていたりするとイヤだしね。


a0029277_1175581.jpg
これがその時に買った自宅用のショートパスタ2種。
" IL PASTAIO DI GRAGNANO " ( イル・パスタイオ・ディ・グラニャーノ ) の
" ELICHE GIGANTI " ( エリケ・ジガンティ / 500g 680円 ) と
" CASARECCE" ( カザレッチェ / 500g 620円 )。

この記事を書くまで知らなかったのだけれど、
"グラニャーノ"というのは南イタリア、ナポリの南方にある町の名前で、
乾燥パスタで有名なところだそうだ。


a0029277_118613.jpg
こちらも自宅用のパスタソース。
2種類あったポルチーニのソースのうち、
ポルチーニの含有量が多いものを選んでみたら、
お値段もお高くて1,590円。

よく考えたら、お店でパスタを食べることができるぞ・・。


a0029277_1181687.jpg
昨夜、このソースを使ってみたのだけれど、
さすがにお高いだけあって、ポルチーニがごろんごろん入っている。


a0029277_118242.jpg
このソースを温めて"カザレッチェ"と合わせてみた。

キッチンでお皿に盛っていたところ、リビングにいた夫から
「すっごいポルチーニの匂いがするなあ」という声があがる。
確かに一呼吸目の香り立ちはすごい。
(が、鈍感な鼻はすぐに慣れてしまうのだが・・)


で、肝心のお味だけれど、パスタは確かに美味しい!
いつもは「ディチェコ」のパスタを使っているけれど、
やはり味わいの上で、グラニャーノのほうが頭一つ上だと思う。
もちろんその分、お値段に差がある(ディチェコのほうが安い)ので、
今後、シーンに合わせて使い分けをしたいと思えるパスタだった。

ただパスタソースは、これだけのお金を出すほどのもんじゃないような気が・・。
味は薄いし、瓶詰めだけあってポルチーニの味もよくわからん。
もちろんゴロゴロ入っているので食べ応えはあるけれど、
もうちょっとお金を出して、レストランでいただいたほうが、
結局はリーズナブルなんだと思う。

ところで、店員さんが
「お好みに合わせてパスタの茹で汁でソースを伸ばしてください」
と説明されていたんだけれど、
ソースの味が薄めだったので、当然のように伸ばさなかった私。

でも、このことを聞いた夫から、
「え、味が薄いから茹で汁で伸ばすんやんかっ。パスタの茹で汁って塩辛いやろ。」
と即座に叱咤されてしまった。


むむむ、言われてみれば確かにそうだったのかも。

でも再チャレンジ(再投資)する勇気がありまへん。。



◇2008年11月の食事記録です。
EATALY Daikanyama store
イータリー 代官山

渋谷区代官山20-23  TEL : 03-5784-2736
http://www.eataly.co.jp/




<おまけ>
a0029277_1183698.jpg
この日、いただいたスパークリングワイン。
「やまや」で900円ほどのこの泡は"BRUT"と表示されているけれど、
うす甘くって、まるでスプライトか三ツ矢サイダー・・。
うへー、大失敗!(涙)

でも、お酒に弱い方にはピッタリです、これ。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-11-16 11:09 | たべものいろいろ