水道橋の「かつ吉」で、ロースかつ定食。
a0029277_11445428.jpg
水道橋へ出かける用事があった11月のとある日曜日。
狙っていた神保町の鰻屋さん「今荘」の営業時間には間に合わず、
水道橋駅前にある、こちらのお店に飛び込んだ。


a0029277_1145870.jpg
見えますか? ココですよ、ココ。


a0029277_11451768.jpg
じゃーん。とんかつ屋さん「かつ吉」。
名前はチェーン店っぽいけれど、昭和36年開業の歴史あるお店のようだ。


a0029277_11452533.jpg
ちょうどランチタイムが終わったばかり。
階段を降りて地下へ行くと、しっとりとした店構えでビックリ。


a0029277_11453494.jpg
通された大テーブルもこんな雰囲気、民芸調。
壁際にずらりと並べられた蕎麦猪口は、圧巻の一言!


a0029277_1145429.jpg
席には、まるで衝立のような大きなメニューが立てられている。
なんだか仰々しいけど、初めてなのでちょっとおもしろい。


a0029277_11455145.jpg
お値段は決して安くはございませぬ。
東京のとんかつ屋さんって、定食が2,000円前後するのが普通のようだし、
ここは奮発(←あくまでも我が家の財政基準)いたしましょう。
というわけで、夫も私も「ロースかつ定食(150g) 2,100円」をオーダーした。


a0029277_1146188.jpg
ところで、こちらのお店ではお漬物が食べ放題!
野沢菜、胡麻油で味付けられた蕪、キムチ。
これが結構おいしくて嬉しかった。(夫には迷惑なだけだったようだけど)
これだけで、お酒がたっぷりいただけそうだ。


a0029277_11461099.jpg
定食に付いている大根入りのサラダはお替り自由。
ドレッシングはテーブルに置いてあるものの他に、あと三種。
大根嫌いの夫は、とりあえず一皿食べた後、キャベツだけをお替りしていた。


a0029277_11461959.jpg
150gのとんかつが登場。
肉厚なので豚肉の味そのものがよく味わえる。
気になったのは、お皿の下にセットされた"みす"。
殆ど何の役にも立っていないような気がするんですが・・。
だって、あっという間に衣がベチャっとなってきてしまうし。
まあ、許容範囲なわけですが。。

ちなみに「とんき」のように細かくカットされているのは私のお皿だけ。
どうやら女性用に一口で食べられるようにしてくださっているようだ。
とんかつを噛み切るのも醍醐味ではあるけれど、
食べやすいのはありがたいこと。


a0029277_11463010.jpg
ソースの味が蒲田系に比べて甘さも辛さも濃い目で私好み。
でもやっぱりお塩でいただくと、豚肉の味をより一層味わえるなあ。


a0029277_11464065.jpg
赤だしをいただいてホッと一息。
ご飯は、青しそご飯がウリのようだけれど、夫も私も普通の白いご飯をいただいた。


お昼ご飯には随分遅い時間に来たので、
きっとお店はガラガラだろうと思っていたけれど、
私たちの後にも次々と来客があって、かなりの賑わい。
60歳前後の客が中心で、あまり都会のヒトっぽく見えない皆さん。

昔から長く続いているということは、こういう普段着のお客さんに、
ずっと愛され続けてきたってことなんだろう。


◇2008年11月の食事記録です。
とんかつと旬のお料理 かつ吉 水道橋
文京区本郷1-4-1 全水道会館ビルB1F  TEL : 03-3812-6268/6269
オフィシャルサイトぐるなび(クーポンあり)

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-12-29 11:53 | ├とんかつ