祝解禁! 2009年ボジョレー・ヌーボー♪
a0029277_23534749.jpg
「ボジョレー・ヌーヴォー おめでとう」

何がめでたいんだか、ワケもわからぬまま夫と乾杯。
なんと今年はずいぶん前に予約していたので、
しっかりとお目当ての銘柄のワインをゲット。
世界で愛されるヌーヴォーの中のヌーヴォー。
ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2009

フランス/ボジョレー地区/ボジョレーAC
葡萄品種:ガメ種
750ml・375ml(スクリューキャップ)・
15L(木樽入り)
オープン価格

フレッシュで軽やかな味わいが愉しめる、スタンダードなヌーヴォーです。ジョルジュ デュブッフがボジョレー地区のすべての畑から葡萄を選び抜いて仕上げます。今年のラベルは、春夏秋冬を表す4つの色に、太陽をイメージした金色をあしらいました。2009年の太陽と大地の恵みを感じてください。
お目当ての銘柄といったって、世界で一番メジャーなもの。
これでいいんです、我が家の場合。

ちなみにコンビニ「am pm」では、Suica(か、PASMO)で買ったら500円引き!
ヴィラージュじゃない、普通のヌーヴォーとはいえ1,580円は安いっ!!(嬉)

そう思っていたのに、不景気まっただ中の今年は、
スーパーで売られているヌーヴォーのお値段は3ケタだとか。
本国、おフランスじゃ、いったいおいくらで売られているワインなんだろう?
ちょっと気になった2009年のお祝いでした。


あ、そうそう、ワインのお味。

今年は50年ぶりの良い出来でしたっけ?

なーんか、毎年のように、同じような形容詞がついていて、
マユツバというか、飽きたと言うか・・。
ま、期待を裏切らぬ、ヌーボー味だったことは確かです。


でもね、いいんです。
だって新酒なんだもん。葡萄ジュースで何が悪い。
複雑さ、コク、味わい、香り・・・そんな美味しさを求めちゃイカンのです。

もしもそういうワインがお好きなら、熟成した普通のワインを飲んどきなはれ。
ヌーヴォーなんて、経費(送料、販促費)が上乗せされて割高なんだからー。


さて、そんなヌーヴォーと一緒にいただいた晩ごはんはこちら。
a0029277_23535799.jpg
今日もむちゃくちゃ忙しい一日。(ゲキ疲れ・・・)

シゴト半ばで無理やりPCの電源を落として会社を出て、
品川の DEAN & DELUCA でお惣菜を買って帰りました。


  ・ローストビーフのサラダ(100グラム 500円弱×200g購入)
   値段ほどの価値なし。お肉もイマイチでした。
   これは夫婦そろってガックリした品。

  ・キッシュドロレーヌ 600円ほど
   写真は1/2にカットしたもの。味は普通。

  ・豚のリエット 100g 500円ほど
   以前より、スパイシーさが薄まってマイルドになったような。
   でもこれは、気のせいかもしれません。

  ・奥沢 クピドのバゲット 315円
   DEAN & DELUCA 限定の特別なバゲットらしい。
   メゾンカイザーのバゲットモンジュに似ています。


このほかに冷蔵庫にあったレタス&トマトで作ったサラダ、
国産モツァレラチーズにオリーブオイルをかけたものもいただきました。


今年は食事がイマヒトツ。
お鍋とかのほうが良かったかーって、ちと反省中。

◇2009年11月の食事記録です。



<参考>これまでのボジョレー・ヌーボー
  2004年 http://picot.exblog.jp/1331108/
  2005年 http://picot.exblog.jp/2644623/
  2006年 http://picot.exblog.jp/4703683/
  2007年 http://picot.exblog.jp/6449309/
  2008年 http://picot.exblog.jp/7676235/
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-11-19 23:54 | のみものいろいろ