2008年 08月 31日 ( 4 )

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


「波乗りジョニー」と「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」
a0029277_2322233.jpg
今夜は自宅居酒屋。
マンションから、厚く雲がたれこめた東京の街を眺めながら、
食前酒がわりの缶ビールを飲み干したあとお風呂に入ってまたビール。

愛用している「キリン樽生」のビアサーバーから、
空気(炭酸)漏れが起こるようになってきた。
そろそろ買い替え時、ってことなんだろうか。


a0029277_23223252.jpg
鶴岡産のだだ茶豆、生マグロぶつ切り、トマトサラダ、山芋短冊、
波乗りジョニー、生サンマ(すだち2個付き♪)、ジンギスカン、焼きそば、巨峰

久しぶりに買った「波乗りジョニー」。
あれ?いつの間に三分割になったんだろ?と、不思議に思ったのだが、
ネット検索してみると、これまで私が食べていたのは「波乗りジョニー」ではなく、
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」だったことが判明。
→詳しい事情はWikipediaへ。

この二つのお豆腐の味の差・・・。うーむ、ほとんどわからない。
とにかく三分割のほうが容量が少ないのは確か、なはず。(たぶん・きっと)

そもそも「風に吹かれて・・」なんて、
当初は二分割すらされていなかったんだよねえ。


◇2008年8月の食事記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-08-31 23:25 | おうちでごはん
DEAN & DELUCA のお惣菜
外食予定がポシャってしまった昨夜。
品川のDEAN & DELUCAでお惣菜を買い込んで、おうちごはん。

a0029277_17174976.jpg
パテ・ド・カンパーニュ  735円
ショーケースで並んでいた中で一番厚みのあるピースを指定。(笑)


a0029277_17175855.jpg
温燻スモークサーモン(114g)  837円
夫が耳にしたところによると、どうやら週末限定のメニューらしい。
日本語を流ちょうに話す白人の店員さんにカットしていただいた。


a0029277_171868.jpg
トゥルト(小)1/2  294円
メゾンカイザーのパン。といっても、DEAN & DELUCAに置いてあるパンは、
サンジェルマンが経営している田園調布店のもの。

それにしてもパンが軒並み値上がりしていて高い。(泣)
バゲットモンジュが357円もするなんて。


a0029277_17181632.jpg
最後の一品はこちら。


a0029277_17182486.jpg
蓋を開けると円筒形の物体。
これをレンジで温めると・・・


a0029277_17183244.jpg
アサリとスナックエンドウのリゾット(735円) の出来上がり。
店員さんによると、冷たいままでもOKだそうだ。


a0029277_17184395.jpg
カバ・グラン・レゼルバ マス・モニストロル(2003)
この日は缶ビールで乾杯した後、更に泡。
なかなか美味しかったのでリピートしてもいいなあ・・と思ったけど、
このお酒、いつ、どこで買ったものだろう?


a0029277_1718526.jpg
食後のチーズは「雪印北海道100 カマンベールクリームリッチ」。
スーパーで買った黒いパッケージのもの。


a0029277_1719268.jpg
ドメーヌ・ガレティス メルロー
二つの泡(ビール・カバ)の後、赤ワインを開けてみる。
これも、いつどこで買ったのか全く憶えていなかったけれど、
コルドンヴェール株式会社という輸入者を調べてみると、
イオン系列の会社ということがわかった。
ということは、きっと「やまや」で買ったものだろう。
ちなみにスクリューキャップのお気楽ワイン。
半分ほどの飲み残しは、今夜いただく予定。


a0029277_17191217.jpg
「なんか、ものたりへんなあ・・」ということで、
ディチェコのスパゲッティーニを茹で、
温めた瓶詰トマトソースを絡めただけの簡単パスタ。

夜中の炭水化物はやめられまへん。。


◇2008年8月の食事記録です。
DEAN & DELUCA SHINAGAWA
東京都港区港南2-18-1 アトレ品川2階  TEL : 03-6717-0935
http://www.deandeluca.co.jp/locations/market/shinagawa/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-08-31 17:32 | ファストフード・デリバリ
「東天紅」のランチセット、「新阪急ホテル」のワッフルセット。
a0029277_10414683.jpg
奈良のフレンチレストランでディナーを満喫した後は、近鉄電車に乗って大阪へ。
この日の宿は「ホテル・モントレ・ラ・スール大阪」。
これまで出張で2度ほど泊まったことはあるが、プライベートでは初めてだ。

そして翌日。このホテルの真向かい「ツイン21」最上階にある中華料理店
「東天紅」でお昼ごはんをいただくことにした。


a0029277_10415626.jpg
ランチメニューは三種類。
予算の都合上、「扇(3,150円)」は最初から対象外だったが、
「華(2,100円)」か平日限定の「サービスランチ(1,500円)」で迷う。
お店の方にきいてみると「華」のほうが、お料理が一品多いみたい。


a0029277_1042586.jpg
で、結局「華」を選んだ私たち。
お料理を順番に出していただけると思い込んでいたのだが、
デザートまで一度にセットで出され、ちょっとがっくり。
ま、この料金だし、当然といえば当然なんだけれど。


a0029277_10421530.jpg
牛肉の炒めもの。甘みを抑えた味付け。
これはこの日のサービスランチのメインでもあった。


a0029277_10422237.jpg
春巻きは、ちょっと風変わりな印象。
白髪ねぎに隠れているのは、確かチャーシューだったかな。


a0029277_10423034.jpg
海老チリは甘くて辛さもマイルド。


a0029277_10424160.jpg
中華の定番、玉子とコーンのスープ。


a0029277_1043956.jpg
お漬物の人参は東天紅マークにカットされている。


a0029277_10433972.jpg
デザートは杏仁豆腐。
シロップに漬かっているが、クリーミーなタイプのもの。


a0029277_10434851.jpg
食後に出していただけるジャスミンティーでほっと一息。


a0029277_1043586.jpg
東京に越してくる前に住んでいたのは、あの山の向こう側。


a0029277_104469.jpg
お昼ごはんを食べた後、
よみうりテレビの夏休みイベント「わくわく宝島」の人ごみを掻き分けて、
大阪環状線(東京の山手線みたいなもの)に乗って梅田へ。


a0029277_10441558.jpg
20歳近く年上の知り合いと久々に会い、
新阪急ホテルの喫茶室でいろんな話をする。

そういえばこの知り合いとの待ち合わせ場所は「ビッグマン」。
こんなところで待ち合わせるなんて、いったい何年ぶりだろう?
思わず学生時代を思い出してしまった。



◇2008年8月の食事記録です。
東天紅 大阪ツイン21店
大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー38階  TEL : 06-6947-5115
オフィシャルサイト http://www.totenko.co.jp/
ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/k065101/
「東天紅」の本店って上野にあるんですね。初めて知りました。

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-08-31 10:45 | たびさきにて
奈良のフレンチレストラン(2008年8月)
a0029277_9373676.jpg
半年ぶりに訪れた、奈良のとあるフレンチレストラン。
変わらぬ笑顔のマダムに迎えられ、いつものカウンター席に着く。

小さな店内には、まだ空いている席があったけれど、
どの席にも「Reserved」のプレートが置かれている。

「相変わらずの人気ですね」マダムにそう話しかけたら、
「いやー、滅多にないんですよ。ガラガラなときばかりですから」とにっこり。


a0029277_9374556.jpg
いつものようにプリフィックスのコースの安いほう。
メインを何にするかで頭を悩ませていたら、
「仔鳩が入っているんですよ。800円アップになりますが、もしも良ければ・・。」
と、マダムに耳打ちされ、鳩好き夫婦はそれに決定。


a0029277_9375440.jpg
グラスのスパークリングワインで食事をスタート。


a0029277_938310.jpg
アミューズはラタトゥイユの上にイワシ。


a0029277_9381097.jpg
夫が選んだ前菜はこのお店の定番メニューの一つ。
「アボカドとずわい蟹の取り合わせ」。


a0029277_9381869.jpg
「カリフラワーのムースとコンソメのジュレ フレンチキャビアと共に」
私が選んだ前菜は夏限定のメニューかな?
このグラスでいただけるだけで、気分が高揚する。

中央のオレンジ色のツブツブはフレンチキャビア、鱒の卵だそうだ。
粒は小さいけれど、確かにイクラと似た味がする。


a0029277_9382814.jpg
小ぶりのパン。
3個目は丁重にお断りした。(ほんとは食べたかったけど・・)


a0029277_9383540.jpg
この日のスープはカボチャ。
甘さ控えめ、カボチャの風味がふんわりと香るぐらいのもの。


a0029277_9384426.jpg
メインの仔鳩が登場。
子鳩がスクエアにカットされていて、なんとなくイマ風の盛り方。
いつもはこんな澄ました感じのお皿じゃないのにね。
夫と顔を見合せて(失礼だけれど)ちょっと笑ってしまう。

ちなみに前夜、このメニューを注文されたお客様には、
仔鳩を丸くカットして出されたようだ。


a0029277_9385393.jpg
この日いただいたワインはブルゴーニュの赤。
ワインリストを眺めていたら、マダムが
「リストに無いのもありますので、持ってきますね」と、
この3本を出してきてくださった。

どれも5,000円~6,000円ほどで、値段にさほどの差はない。
何が何だか、どれが良いのかさっぱりわからなかったので、
とりあえず村名アリ、一級畑(1er CRU:プルミエ・クリュ)で、
古木(Vieilles Vignes:ヴィエイユ・ヴィーニュ)のものにしておいた。


a0029277_939348.jpg
メインを食べ終わった後も、赤ワインが少し残っていたので、
チーズプレートを追加でお願いする。(上が私、下が夫のお皿)
そういえばデザートの代わりに、チーズを選べるようになっていた。


a0029277_9391247.jpg
ワインを飲み終わった後、牛乳のソルベでお口なおし。


a0029277_9392099.jpg
数種類準備されていたデザートから選んだのは、ババ!
夫も私も同じデザートを選ぶのは、珍しいこと。


a0029277_9392910.jpg
ババに添えられた小さなピッチャーに入っているのはコアントロー。
隣にいた女性客もババを注文されていたのだが、
彼女たちには「強いお酒が入っていますので、お好みで」、
私たちには「たっぷりかけて召し上がってくださいね」との説明。

お言葉に甘えて、たーーっぷりかけていただいた。
だって、ババってお酒のお菓子だもん!(←勘違い?)


a0029277_9393960.jpg
夫が楽しみにしている食後酒タイム。
いただいたのは、一番手前のシャプティエのフィーヌ。
ユーロ高のせいか、年々値上がりしているそうな。


a0029277_9394839.jpg
最後にアツアツのマドレーヌ、チョコレートとともに、
夫はコーヒーを、私はハーブティーをいただき、ごちそうさま。


今頃、シェフご夫妻は南仏の空の下にいらっしゃるはず。
沖縄にいる後輩夫妻と一緒に準備されていた、
壁や天井にコクトーの絵が描かれた教会での(後輩の)結婚式。

次の訪問では、ぜひその写真を見せてくださいね。


◇2008年8月の食事記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-08-31 09:40 | たびさきにて