カテゴリ:└フランス(2004/02)( 5 )

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


仮記事:「ピエール・ガニエール」の食事たち
2004年2月、パリを発つ日のお昼に、三ツ星レストラン「ピエール・ガニエール」に行きました。本当は、ディナーを希望していたのですが予約できず・・・、ギリギリまでキャンセル待ちしていたのですが、やはりダメ。しかたなくランチタイムの訪問となったのです。

私が本当のグルメで、文章力、表現力があるのなら、いろいろなことを書けると思うのですが、残念ながらそうではない。。。というわけで、とりあえずごく簡単にレポします。
*この記事は、そのうちに削除(できれば差し替え)する予定です。

■食べたもの
 ランチタイムでしたが、せっかくなのでディナーのメニューを。
 270ユーロぐらいでしたでしょうか。さすが三ツ星、結構なお値段です。
 聞いてはいましたが、この大食漢の私たち夫婦でも全部なんて食べきれません。
 ここを紹介してくださったシェフご夫婦のアドバイスどおり「残し」ました。
 デザート(グラン・デセール)も目が回りそう。。。 

■ゲスト
 お昼だったせいか、みなさんキバった格好ではありませんでした。
 男性はとりあえず、襟付きのジャケット着てればOKじゃないかな。
 日本人は私たち以外に一組。たぶん専門学校生かなんかの研修だと思います。
 *私たちのテーブルの隣のフランス人男性三人組がむっちゃおもしろい。
  平日の昼間から、むちゃくちゃお料理を楽しんでいました。
  最後はシガーで締め! 酔っ払いオッサンでしたが、気取りも無くすごくイイ感じ。

■ひとことで言うと、どんなレストラン?
 全てのお皿を「すごくオイシイ!!」と思えたか、というとそうでもない。
 チャレンジャブルなメニューも多かったです。
 でもね・・
   ・めくるめく世界、息をつく間がない。
   ・お料理がテーマのエンターテーメント。
   ・とにかく終始圧倒されっぱなし。
 っていうことで、満足度が高いんですよね。
 しっかりと「自分」を持っていかないと、お料理に負けてしまいそう。。
 とにかく勢いがすごいレストランでした。
 次回、パリに行っても、やっぱり行ってみたいな。。あのワクワク体験をしに・・


■写真たち。。
 本当は、撮影NGのようです。少しだけ掲載いたします。
  →メニュー、、どなたか訳してください。(フランス語メニューだけです)
  →水のドンペリ「シャテルドン」が写っています。





■シェフ
 お手洗いの前で、前方不注意でぶつかりかけた私を、ご本人に受け止めていただきました。
 かっこわるー。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-08-29 22:05 | └フランス(2004/02)
オペラ座の列に並びながら、おひるごはん(2004年2月)
パリ2日目。昨夜はパリに到着しただけだから、実質的にはパリ初日。

この前の週までは毎日吹雪だったようだが、幸運なことに私たちがパリに滞在している間中、ポカポカと暖かく、とっても良いお天気。特に見て周りたい場所もなかったので、冬の朝のパリをプラプラと散歩しながら、オルセー(美術館)までてくてく歩いていく。

オルセーでは、絵の解説を聞くことのできるラジオ(?)を借り、ゆったりと絵画鑑賞。
ただ、ケチって1台しか借りなかったので、夫婦でミミを寄せ合い・・・・、いや、奪い合うようにして聞きながらまわっていたのは、ちょっとイケてなかったかも。

オルセーの後は、オペラ座へ。もしかしたらオペラ座バレエ団の当日チケットがとれるかもしれないのだ。当日券が売り出される1時間以上も前に到着したのに、劇場の前には長蛇の列。どうしても観たい!というほどの強い意志はなかったが、どうせ何の予定もないのだから、とりあえず並んでみることにした。
a0029277_044114.jpg
待っている間に、オペラ座を見上げてパチリ!
こんなに良いお天気の日に、パリでぼんやりとした時間を過ごしているのはとても贅沢。


と、この待ち時間の間に、地下鉄駅の売店(パン屋)でサンドウィッチを買ってきて、列に並びながらランチタイム。わけもわからず買ったサンドウィッチは、お店の奥で調理され、ホットサンドになって手渡された。
美味しいけれど、パリは物価が高い!!

a0029277_082825.jpg
地下鉄駅構内のパン屋さん。一番安いサンドウィッチが500~600円ぐらい。

a0029277_0105280.jpg
オペラ座バレエ団 と 当日券を求めて並んで待つヒトタチ


初めてのパリで、このオペラ座で観たのがヌレエフ演出の「くるみ割り人形」。
二度目のパリでは、バスティーユのオペラ座でオペラ(演目失念)を観劇。

そして三度目の今回は、どうなることかと思ったけれど、待った甲斐があって、
結構良い席(端だけど、前から7~8列目ぐらい)がとれた。(但し最後の2枚、後は立ち見)

演目はジゼル。写真はジゼルが死んでしまった後、精霊になってからのシーン。
でも隣の"じゃぽね"は、途中意識を失って夢の中に突入していた模様・・・(苦笑)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-08-28 00:20 | └フランス(2004/02)
パリのホテルの朝食(2004年2月)
宿泊したホテルの朝食はビュッフェスタイル。
小さい規模のホテルだったせいか、東洋人系のゲストは一人も見かけませんでした。

a0029277_23182413.jpg
温かいメニューはありません。コンチネンタルなんでしょうね。
ジャムやハチミツの小瓶は取り放題(!?)、何種類ものシリアルやヨーグルト、
ハム&ルッコラ、フルーツ、パン、ラスクなどがありました。


a0029277_23183614.jpg
チーズいろいろ

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-08-27 23:18 | └フランス(2004/02)
パリのワインバー(2004年2月)
シャルル・ド・ゴール空港からタクシーに乗り、WEBで予約したホテルに着いたのは夜。
マドレーヌ寺院の裏手、「エディアール」のすぐそばにあるそのホテルは四ツ星クラス。
四ツ星といってもオフシーズンなので、とてもリーズナブル!
部屋の狭さに驚きながらも、とりあえず荷物を置き、軽く夕食を食べに行くことにした。

長時間のフライトで疲れているので遠出はパス。重いものもパス。
というわけで、すぐ近くにあったボルドーワイン専門のワインバー「L'ECLUSE」に入り、
ワインと軽い食事を楽しんだ。

a0029277_2235342.jpg

・スープ
・生ハム、パテ、リエットなど
・パン(薄くて硬い、カリカリしている。)


疲れていたので、スープが心にもしみわたりました。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-08-27 22:43 | └フランス(2004/02)
3泊5日パリの旅
今年の2月にパリに行ってきた。

建国記念日がらみの飛び石連休、有給休暇を2日を使って3泊5日の短い旅だ。
出発の1週間前にバタバタとエアチケットを押さえ、WEBを使ってパリのホテルをキープ。
何をするか、何がしたいかなんて後回し。とりあえず「行く」ことだけに力を注いだ。

たいした目的もなく、実は、いきがかり上(?)パリ行きが決まったようなものだったが、どの国を訪問するにしても「美味しいものを食べる」のが旅の主要な目的となる私たち、ましてや美食の国フランスを訪問するのだから、「食」がこの旅の第一の目的になったのは自然ななりゆきだった。おまけに夫は2度目、私は3度目のパリ訪問、観光に追われる必要もない。心置きなく「食」を中心にパリを動ける、というわけだ。

ところで、私たちの強力なアドバイザーとなったご夫婦がいる。東京に越してくる前まで月に1度は通っていた、関西の片田舎で小さなフレンチレストランを経営されているシェフとマダム。このシェフとマダムに教えていただいた「ピエール・ギャニエル(ガニエール)」と「メゾン・ブランシュ」を訪れることにした。

話は少しそれるが、それぞれの夫婦が「ミシェル・ブラ(ミシェル・ブラス)」を訪れている。シェフ&マダムはフランスのご本家で、私たちは北海道の洞爺湖畔で。この「ミシェル・ブラ」と「ギャニエル」は、お料理のレイアウトが対照的なんだそうだ。「ミシェル・ブラ」は縦に縦に、「ギャニエル」は横に横に、素材をレイアウトしていくらしい。
このパリ行きを決める前から、シェフご夫婦に「ギャニエル」を勧められていたので(ミシェル・ブラも勧められているがパリからはちょっと遠い)、今回「ギャニエル」訪問にかなりの期待をもっていた。

ところが、だ。エアチケットとホテルは1週間前でもとれるが、「ギャニエル」のディナーの席はそう簡単にはとれないのだ。そういえば、シェフ&マダム夫婦も1年近く前に予約をして、パリに向かわれていた。パリに到着してからも、最後の最後までネバったけれど、結局夜の席を取ることはできず、お昼のギャニエル訪問となってしまった。

もしもギャニエルを訪問されたいのなら、とにかく早く予約されることをオススメする。


2004年2月7日(土) 夕刻:パリ着
  夜:ホテルのすぐそばのワインバー(チェーン店)l'ecluse

2004年2月8日(日)
  朝:ホテル
  昼:オペラ座のバレエチケットをとるための列に並びながらサンドウィッチ
  夜:メゾン・ブランシュ

2004年2月9日(月)
  朝:ホテル
  昼:ノートルダム寺院前のベンチでサンドウィッチ
  夜:オイスターバー(チェーン店)Le Bar a Huitres

2004年2月10日(火) 夜:パリ発、翌:大阪着
  朝:ホテル
  昼:ピエール・ギャニエル(ランチタイムだったけれど、ディナーのメニューをオーダー)



あれ? 「食を中心に」なんていいながら、お昼は粗食かも・・・(苦笑)

詳細(というほどのモノはないけど)は、また後日。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-08-26 23:49 | └フランス(2004/02)