カテゴリ:├NYC(2007/05)( 20 )

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


皆さんからのオススメ ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
・・・というわけで、ニューヨークの食記録も終了しました。

思い通りには行かなかったけれど、ちょっと心残りもあるけれど、
それでもいろんなものを食べてこれたのは、
皆さんからいただいたアドバイスのおかげです。
ありがとうございました。

感謝の気持ちをこめて、今回のニューヨーク食記録は、
皆さんからいただいたアドバイスを順不同にまとめたもので、
終了とさせていただきます。

これまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。
次回からは日本の食事記録に戻らせていただきます。
これからもよろしくお付き合いお願いいたします。


食サイト旅サイトにお寄せいただいた
 食に関するおすすめコメントをまとめさせていただきました。
 まとめ漏れなどあるかもしれませんが、どうかご容赦ください。


<西洋料理>
・マイケル・ジョーダン・ステーキハウス(kinoさん)
・La Bonne Soupeのスープ(kinoさん)
 http://www.labonnesoupe.com/index.php
・Cafe Lalo(kinoさん)
 http://www.cafelalo.com/
・Good Enough To Eat(kinoさん)
 http://www.goodenoughtoeat.com/
・リバーカフェ(hiyokoさん、riekoさん)
・aquagrill(akiさん)
 http://www.aquagrill.com/homepage.htm
・Sarabeth's Kitchenのブランチ(akiさん)
・タレントシェフのレストラン(とらねこさん)
 http://baramericain.com/
・Blue Ribbonのエスカルゴ(チェリさん)
・Peter Luger Steak Houseのステーキかバーガー(チェリさん)
・グラマシータバーン(riekoさん)
・ブーレー(riekoさん)
・バッポ(riekoさん)
・アジアテ(riekoさん)

<各国料理(中華・韓国・エスニック)>
・Joe's Shanghai本店の小籠包 (るぅさん、akiさん)
・Gan Mee Okのソルロンタン (るぅさん、チェリさん)
・Jong Ka Jibのスンドゥブ(xyaxyaさんのご友人からの情報)

<軽食>
・Fairwayカフェの朝食 (まさよんさん)
・街角スタンドのスブラキ(hiyokoさん)
・Burger Jointのハンバーガー(woeleさん、まさよんさん)
・Katz Deliのパストラミ(abeさん、riekoさん)
 http://www.youtube.com/watch?v=gPFy4ommeb0
・セントラルパークでじいちゃんが売っているホットドッグ(cooperしゃん)

<ベーグル>
・Essa-Bagleのベーグルサンド (るぅさん)
・H & H Bagles(akiさん)

<甘いもの>
・5th avenueのチョコレート (るぅさん)
 http://www.5thavechoco.com/
・Billy's Bakeryのカップケーキ (m_tomo27さんが気になるお店)
 http://www.billysbakerynyc.com/
・Norma'sのパンケーキ(kinoさん)
 http://www.normasnyc.com/normas.htm
・Veniero'sのチーズケーキ(チェリさん)
・テレビ番組で見た気になるお店(meshiさん)
 http://allabout.co.jp/gourmet/sweets/closeup/CU20060629A/index.htm

<その他>
・旅行記
 http://blog.livedoor.jp/popo197093/archives/cat_50011970.html(popoさん)
 http://sweetlifeofcatherine.blog59.fc2.com/(キャサリンさん)
 http://blog.livedoor.jp/avenue_q/archives/cat_1453564.html(Q-TIPさん)
・留学生・駐在員向けのレストランガイド(TOMITさん)
・Union SquareのGreem Market(チェリさん)
・ブルックリンラガー(araaraさん)
・おすすめサイト(hiyokoさん)
 http://www.satonao.com/diary/04/1031.html
 http://www.kaishindou.com/2004nikki/nysatonaospecial.htm
・スーパーマーケット(たくさんの皆さんから)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-25 07:42 | ├NYC(2007/05)
Krispy Kreme Doughnuts ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
a0029277_0284691.jpg

ニューヨーク最終日の朝。ホテルをチェックアウトしてペン・ステーションへ。
到着日のボッタクリ事件で懲りた私たちは、鉄道(Long Island Rail Road,LIRR)を
利用してJFK空港へ向かうことにしたのだ。
このルートはナイアガラ日帰りツアーの際にも使ったので、要領はつかめている。
ただ、前回は駅まで歩いて向かったので、途中でベーグルを買うこともできたが、
今回はタクシーの移動なので、ニューヨーク最後の買い食いができなくて残念・・・。


a0029277_029827.jpg
と思っていたが、駅構内で偶然見かけたこのショップ。
お正月のソウルに続き、また旅先でドーナツをいただくことになってしまった。


a0029277_0292564.jpg
新製品の"Whole Wheat Glazed" と 定番"Original Glazed"を購入。
どちらも1個 95セントというお値段。
少し色が違う程度で、見た目がほとんど同じなので写真は1つだけ。
駅の売店で買った2ドルのオレンジジュースとともに電車の中でいただいた。

途中、夫が車内でオレンジジュースをこぼしてしまいプチ騒ぎ。
ドタバタする中、口に押し込んで食べてしまったので、
ゆっくり味わうことはできなかったのが残念だったけど、
アメリカらしい食べ物で最後をシメることができて良かった。


a0029277_029383.jpg
というわけで、JALに乗って無事帰国の途へ・・・。


延々と続いたニューヨーク食事記録にお付き合いいただきありがとうございました。
あと1つだけ記事をアップしたら、日本の食事記録に戻ります。


◇2007年5月の食事記録です。
Krispy Kreme Doughnuts
Two Penn Plaza @ Amtrak Rotunda New York  TEL : 212 947 7175
http://krispykreme.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-25 00:31 | ├NYC(2007/05)
Jean Georges [後編] ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
Jean Georges 中編 の続きです。

a0029277_1252572.jpg
「ジャン・ジョルジュって■■■かったなー。」
表現力に乏しい私たち夫婦の料理の感想はこのヒトコトに尽きてしまった。
これまで3軒のミシュラン三ツ星レストラン経験があるが、
料理の味に関する感想が、こんな単純な言葉ヒトコトで言い表せるなんて初めて。
単純明快、わかりやすい。いやー、記憶に残るレストランでございました。

おっと、思わずこれで終わりそうになってしまった。
その前に、あと少し記録させていただく。


a0029277_1254495.jpg
パンくず拾い器。

サービス担当の若者が「これも写真に撮っておけ」とテーブルに
置いてくれた手前、撮影せざるを得なくなって撮った写真。
いや、日本にもあるんだけど・・なんて思いつつ、
思ったことを口に出せないシャイで英語力のない日本人の典型な私たち。

テーブルを綺麗にしてもらった後はデザートタイムに突入。
4種類ある盛り合わせ(組み合わせ)メニューから好みのセットを選ぶ方式。
「Spring」「Rhubarb」「Citrus」「Chocolate」4つのテーマがある。
うーん、4択か~・・迷うなあ。


a0029277_12624.jpg
デザートの前にまずは飲み物が出される。
食後酒、チーズもあったはずだけど、さすがに注文しなかった。
おなかがいっぱいだったし、翌朝早く帰国の途につかねばならないし。


a0029277_1261368.jpg
Chocolate
 Jean-Georges' Chocolate Cake,Vanilla Bean Ice Cream
 Brioche,Gianduja,Fontina,Black Olive
 Warm Bitter Chocolate Doughnut
 Hot and Cold Chocolate,Pearls

こちらは夫が選んだ「チョコレート」のデザート。


a0029277_1262571.jpg
Spring
 Crispy Chocolate,Raspberry - Beet Parfait,Yogurt Powder
 Hazelnut-Chestnut Sugar Tart,Creme Fraiche
 Warm Semolina Pancake,Poached Pears,Cumin
 Muscat Grape Sorbet,Fresh Melon

続いてこちらは私の選択「スプリング」。
やっぱり■■■■味だった。


a0029277_1263861.jpg
デザートの後はプチ・フール(ミニャルディーズ?)。
サービスのおにーさんが、満面の笑みをたたえながら取り分けてくださる。


a0029277_126549.jpg
いろいろ。(←なんちゅーテキトーな説明だ)
下から2番目のブツはマシュマロ(ギモーヴ?)。
おにーさんの写真の右にある円筒形のガラス器の中に詰まっている。


ふー、これにてコース終了。

グラスのスパークリングワインのほかに、白のグラスワインと
フルボトルのカリフォルニア産の赤ワイン(95ドル)、
ミネラルウォーター(1本しか飲んでないのに2本分がチャージ)を注文。
なんだかんだで私たちにとっては"ヒー" と叫びそうなお値段になったけど、
■■■■お料理とともに、ニューヨーク最後の夜を楽しませてもらえた。

まあ「このお料理がサイコー」というわけではなかったけど、
サービス、雰囲気、気分など、全部ひっくるめて満足した。
是が非でも再訪したいわけではないが、再訪しても良いと思う。


a0029277_127932.jpg
ちなみに店内はこんな雰囲気。
一部のテーブルにはジャン・ジョルジュ氏もご挨拶に出られていた。

ウィークデイだったせいか、華美に着飾った人は少なく、
女性の肩出し率もそんなに高くない。
ビジネススーツの延長っぽいファッションの人が多かった。

それでもテーブルが何回転も回るにつれ(←かなり回転が速い!)、
夜遅くなるにしたがって、少しずつ華やかな客層に入れ替わっていった。
やっぱりきらびやかな方がいるほうが、なんとなくうれしく思う。

a0029277_1272114.jpg
ところで私たちのテーブルの後方には、二人並んで座れる席があった。
全体的に薄暗い店内だが、このテーブルだけはお料理にスポットライトが当たるようだ。
そういえばこのテーブル、2回転目にやってきたのは、
老齢の白人男性と、年齢不詳のアジア女性というカップル。
女性はまるで「山口小夜子」さんのようなフシギないでたち。
たぶん若い女性だと思うのだけれど、山口さんを意識されているのだろうか。


a0029277_1273479.jpg
チェックを済ませた後、女性には小さなプレゼントをくださる。
よくあるサービスだけれど、やっぱりうれしいもんだ。

が、実は昨朝まで、この中身が行方不明だった。
っていうか、この存在を忘れていた。
今回の記事をアップするために写真整理をしていて、ようやく思い出した私。
放ったらかしのカバンの隅で、2週間ぶりに無事保護できた小箱には、
四角い小さなチョコレートが二粒。

ついさっきいただいたのだけれど、甘さ控えめの上品な味。
なめらかで、でもちょっと変わった味のものだった。


◇2007年5月の食事記録です。
Jean Georges
1 Central Park West (at Columbus Circle and West 60th Street)
in the Trump International Hotel and Tower  TEL : 212 299 3900
http://www.jean-georges.com/


*こたえあわせ*■■■■とは?(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-24 01:39 | ├NYC(2007/05)
Jean Georges [中編] ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
Jean Georges 前編 の続きです。


a0029277_2142048.jpg
最初に登場したアミューズ。
右がトロサーモン、ガーリック、イクラ。
想像の範囲内だけれどおいしい。
中央はパセリのスープ。夫と私の感想は■■■■(伏字、正解は後ほど)。
レモンを使っているのかと思ったが、正解はライムとのこと。
左がブラッドオレンジにチーズ。
はい、説明そのまんま。オレンジとチーズの味。


a0029277_2143182.jpg
a0029277_2144315.jpg
Egg Caviar
卵の殻の中に入っているのはスクランブルエッグのようなもの。
クリームと半熟卵を混ぜたもののような印象。
うー、スパークリングワインがあっという間になくなっていく。


a0029277_2145830.jpg
Sea Scallops,Caramelized Cauliflower,Caper-Raisin Emulsion
ホタテ貝。美味しかったと思うが、記憶にナシ。


a0029277_215999.jpg
Young Garlic Soup with Thyme,Sauteed Frog Legs
テーブルでサーヴされる形式のスープ。
アルファルファが入ったかなり強めのガーリックのスープ。
グルヌイユ(蛙)によく合っている。


a0029277_2152484.jpg
蛙の腿肉をしゃぶりつくしても大丈夫なように、
テーブルに出されるフィンガーボウルには薄いピンク色のバラ。
エレガント~。(手を洗うにはちょっとジャマだけどね。)


a0029277_2153671.jpg
Turbot with Chateau Chalon Sauce
肉厚でボリュームたっぷりの白身魚。
うーん、■■■■(伏字、正解は後ほど)。


a0029277_2154735.jpg
Lobster Tartine,Lemongrass and Fenugreek Broth,Pea Shoots
爪のほうの味がいまヒトツ(ちょっと生臭い)。
全般的には美味しくいただけたのだけに、ちょっと残念。


a0029277_216071.jpg
Broiled Squab,Onion Compote,Corn Pancake with Foie Gras
こちらもテーブルでソースをかけてくださる。
結構おなかがいっぱいになってきていたので
いつもはギリギリまで食べる骨周りのお肉も、
ムリをせず少し厚めに残してしまう。

その時、何のお肉か訊ねたら「ピジョン!」とのこと。
今、ネットの辞書で調べてみたら「ひなどり」との和訳。
鳩以外のお肉の場合でも squab という単語を使うのだろうか。
お肉の下に敷いてあったものをかじったら、
やっぱり■■■■(伏字、正解は後ほど)。


a0029277_216151.jpg
パンは2種類。
控えねば・・・と思っていたけれど、結局しっかり食べてしまった。


・・・デザートは次の記事で。


◇2007年5月の食事記録です。
Jean Georges
1 Central Park West (at Columbus Circle and West 60th Street)
in the Trump International Hotel and Tower  TEL : 212 299 3900
http://www.jean-georges.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-23 02:27 | ├NYC(2007/05)
Jean Georges [前編] ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~

ひょんなことから予約がとれてしまった「ジャン・ジョルジュ(Jean Georges)」。私はガイドブックを読むまで全く知らなかったのだけど、ジャン・ジョルジュさんは、ニューヨークで、いや世界的に有名なカリスマ・シェフでいらっしゃるらしい。現にこのレストランは、昨年創刊されたばかりのニューヨーク版ミシュラン(赤本)で三ツ星を獲得したとのこと。こんな重要な情報をレストランに行った後で知った私たち夫婦。まあ、そもそもニューヨーク版のミシュラン(赤本)が出版されていることすら知らなかったもんなあ。それにしてもこんな何も知らないヤツが、このレストランに足を運んでしまって良かったのだろうか・・・なんて思ったり思わなかったり。

さて、20:15の予約に合わせてタクシーでコロンバス・サークル脇のトランプタワー&ホテルへ。この1階に「ジャン・ジョルジュ」がある。レセプションで名前を告げてテーブルに案内していただく。このとき実はちょっとキンチョーしていた夫。なぜなら予約の電話を切った後、急に"eight fifty"だったか"eight fifteen"だったかわからなくなってしまい、予約時間が正しいかどうか不安だったようだ。ま、間違ってたらバーで飲んでたらええんちゃう?とイソイソでかけてきたのだが、難なく第一関門クリアでホっと一息。夫によるとレセプションの受付リストには5分おきぐらいの間隔でズラリと名前が連なっていたらしい。

a0029277_1172387.jpg
通されたのは奥のフロアの右奥壁ぎわの円卓。見渡すところアジア系の顔立ちの客は少なく、いわゆる西洋人系のお顔立ちの方々が大半を占めている。すぐそばのテーブルはお子さん連れだったし、フラッシュ炊きまくりで記念撮影しているグループがいたりするし、全体的にワイワイガヤガヤにぎわっていて、堅苦しいムードは全くない。特にレセプションを入ってすぐのフロアはカジュアル・ダイニングなだけあって、奥のフロアに輪をかけて大賑わいだった。(夫によると予約時にメインダイニングかカジュアルダイニングか確認されたとのこと。)ちなみにお手洗いはカジュアルダイニングのほうにあり、また行き帰りの通り道にあたるので、メインダイニングの客もカジュアルダイニングの雰囲気をチェックしにいくことができる。

a0029277_1173821.jpg
まずはこのレストランで最安、1杯15ドルのスパークリングワイン(グラス)をいただき、何をオーダーするか考える。ちなみに最高のグラス・シャンパーニュは天下のクリュッグ。1杯 65ドルなり。

と、ここで写真の説明、、というか言い訳を少しだけ。

この「ジャン・ジョルジュ」のフロアは、例に漏れず照明をしぼったムーディーな空間だ。だからコンパクトデジカメでフツーにノーフラッシュ撮影をすると、このとおり真っ暗、いや真っ黒の仕上がりになってしまう。なので高感度モード(?)で撮影してみたのだが、予想通りノイズがキツくてヒドイ仕上がり。ひとつ上のテーブル写真を見ていただいたらわかっていただけるかと思うのだが、本来、真っ白な部分が黄色いモアレ模様がついてしまっているのだ。これから記録する写真もこの調子が続いてしまうので、その点どうかご容赦いただきたい。

あ、そうそう忘れていた。このブラックな写真には「ドメーヌ・カーネロス (DOMAINE CARNEROS)」というカリフォルニア産のスパークリングワインボトルが写っている。このスパークリングワインはテタンジェ社がナパ・ヴァレーに作ったワイナリーで産み出されているらしい。結構おいしいと思ったこのお店最安のスパークリングワイン。日本ではシャンパーニュより少し安めの4,000円程度で手に入るようだし、今度お店で見かけたら買ってみようと思っている。*参考サイト http://www.nlwine.com/wine/maker/dc.html

さて、話題を戻して「ジャン・ジョルジュ」のディナーは、次の三種類から選べる。

・Prix Fixe Menu
 Chef de Cuisine Mark Lapico US$ 98
 3皿で構成されるプリフィックスメニュー。
 選択肢は4~5種類ほど。ただし二番手シェフによるメニューのようだ。

・Jean-Georges Menu
 Chef Vongerichten's Assortment of Signature Dishes US$ 148
 ジャン・ジョルジュ氏のオリジナル料理を堪能できる7皿のコース。
 ちなみに "Vongerichten"というのは、ジャンジョルジュさんの苗字。
 今、この瞬間まで、名前がジャンで苗字がジョルジュだと思っていた
 ことは伏せていたほうが良かっただろうか。

・Spring Menu
 Composed with Seasonality Available Produce US$ 148
 こちらは春のコース。ジャン・ジョルジュ・メニューと同じく7皿の構成。

一応、全部のメニューに目を通した(アルファベットの羅列を目で追った)けれど、こだわりのない初心者はコレしかないでしょう!ってことで、ジャン・ジョルジュ・メニューに決定。こんなものをいただいてきた。


・・・と、いつものごとく無駄に長い記事になってしまったので、
お料理は次の記事で記録させていただく。


◇2007年5月の食事記録です。
Jean Georges
1 Central Park West (at Columbus Circle and West 60th Street)
in the Trump International Hotel and Tower  TEL : 212 299 3900
http://www.jean-georges.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-23 01:18 | ├NYC(2007/05)
最終日のレストランが決まるまでの紆余曲折 ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
さんざん皆さんにアドバイスをオネダリしておきながら、
結局レストランの予約を取らずにやってきたニューヨーク。
(アドバイスくださった皆様、失礼いたしております)

最終日の夜ぐらいは、事前にきちんと予約するつもりだったが、
コレといった決め手がなくズルズルズル・・。

いいかげんに予約してないとアブナイんじゃないかということで、
ブルックリンにある「リバー・カフェ」に決め、
最終日前夜にネット手配しようとしたところ、
前日まであったはずの席が無くなっている!!
えーん、ニューヨーク到着日と翌日にチェックしたときには、
まだテーブルが空いていたので油断してしまっていた。
後悔先に立たず・・という先人の教えはわかっちゃいるけど、やはり後悔。

と同時に妙な焦りが生じてきた。
あわててネット手配できるレストランをザっとチェックし、
ジャン・ジョルジュ氏の「ジョジョ」と
ダニエル・ブール氏の「ダニエル」に空きを発見。
「ダニエル」のほうが最終夜にふさわしいのだろうけど、
とれる時間が17:30~と早すぎるので、とにかく「ジョジョ」をネットで手配。
「ジョジョ」の評判はよく知らないけど、面倒だしこれでいいや、、と就寝。

そして最終日、夕方に一度ホテルに戻り、
荷物の整理をしながら夫と雑談しているうちに、

 やっぱり「ジョジョ」じゃないほうが良いんではないか?
 ステーキを食べて帰らなくて良いのか?

という気持ちになり、ホテルそばにあったシックな
「ウルフギャング・ステーキハウス」に夫が電話。
すんなりテーブルをおさえることができ、ジョジョの予約をネットでキャンセル。
(ちなみに「リバー・カフェ」にも電話をかけてみたがやはり満席だった。)

この後さらに雑談しているなかで、「ジョジョ」の話題から発展し、
さらにダメモトである一軒のレストランに電話をしたら、なんなく予約がとれてしまった。

というわけで最終夜に出かけたのは・・・・


a0029277_17124195.jpg
「ルレ・エ・シャトー」の看板と


a0029277_17125352.jpg
「グラン・ターブル・デュ・モンド」の看板が掲げられた


a0029277_1713813.jpg
このお店。


後日、ネットで検索していて知ったのだが、
昨年発刊されたばかりの「ニューヨーク版ミシュラン」で
栄えある三ツ星に選ばれていたらしい。


a0029277_17131862.jpg
さあ、今宵もレストランのドアを開けよう!


◇2007年5月の食事記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-20 17:13 | ├NYC(2007/05)
昼食はフードコートでファストフード ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
a0029277_19445135.jpg
ニューヨーク4日目。
マンハッタンからバスに乗り、郊外のアウトレットモールへお出かけ。
モールでは3時間限定でサクっと買い物をし、
午後イチのバスでマンハッタンに戻ってから昼食を取るはずだったが、
なんだかんだで買い物に時間がかかってしまい、
予定していたバスの次の便で帰ることになった。

45分ほど時間が空いたので、お昼をここで食べることにした。
本意じゃないけど、しゃーないね。


a0029277_1950275.jpg
フードコート。
日本のアウトレットと雰囲気に大差なし。
ま、同じ系列(PREMIUM OUTLETS)だし当然か・・。

何を食べようかさんざん迷った後、選んだのは・・・。


a0029277_19501533.jpg
ネイサンズのホットドッグ。セットで7ドルほどだったかな。
ネイサンズなら品川でも食べられるし、できれば避けたかったのだが、
このまま行くと名物のホットドッグを食べ損ねてしまうことになるので、
とにかく押えておこうと思ったのだ。


a0029277_19502922.jpg
一番ベーシックなホットドッグ。
ケチャップとマスタードは別添え、
好きなように味付けしていただいたのだが・・・。


「これ、あんまり美味しくないんですけど・・。」


特にソーセージの味が、好みじゃない。
100%ビーフだからそう思うのかもしれない。
(ソーセージって豚肉のほうが美味しく思えるのは私だけ?)

夫が「ネイサンズって今イチやろ。品川で一回食べたけどアカンかったわ」ですと。
くくくーーー。くやしい。


a0029277_19505846.jpg
ポテトのチーズがけ。

見ただけで、その量にゲンナリ。
いや、少しいただくのなら良いんですけど、
あまりのボリュームに、見るだけでオナカイッパイ。
ムリしたら食べられないことはなかったけれど、
夕食時に後悔することになりそうなので、途中でリタイア。



a0029277_19514590.jpg
ステーキを食べたがっていたが、その夢が叶わなかった夫は、
せめてファストフードで穴埋めしようということで、ステーキサンドにした。

見た目はマズそうなんだけれど、こちらは結構美味しい!
ポテトもこっちのほうが良かった・・・。


この勝負、明らかに夫に軍配。はー、やられたなあ・・・。



◇2007年5月の食事記録です。
WOODBURRY COMMON PREMIUM OUTLETS
498 Red Apple Court Central Valley,NY
http://www.premiumoutlets.com/japan/centers/woodbury.html

South Philly Steak & Fries
Suite 524  TEL 845 928 4881
http://www.restsys.com/

Nathan's The International Eatery
Suite 500  TEL 845 928 4934
http://www.nathansfamous.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-19 19:52 | ├NYC(2007/05)
夕食抜きになった理由・・・ ~初めてのニューヨーク(2007年5月)~
NYC短信でも書いたが、ナイアガラツアーの日は夕食をとれなかった。

当初はグランド・セントラル・ステーション構内にある、
オイスターバーに行くつもりだったが、断念。
というのも、バッファローからニューヨークへ帰る便が妙に遅かったせい。
21時ごろにニューヨークの空港(JFK)に着く便が手配されていたので、
どう考えてもマンハッタンに戻ってくるのは22時を過ぎてしまい、
営業時間に間に合わないのだ。

夫が行きたがっていたピーター・ルーガーには行けそうにないので、
有名人の店には全く興味の無い私たちが珍しく
オイスターバーと同じくグランドセントラルステーション構内にある、
マイケル・ジョーダンのステーキハウスで手を打とうとしたが、
ここも22:30クローズらしい。うーん、ビミョーな時間。

おみやげ物屋になんか寄らないで、もう一便早くJFKに帰ってくれれば、
夕食場所の選択肢も増えるのに・・・。(だから団体旅行はイヤなんだよー)


というわけで、この日もレストランの予約は無し。
ナイアガラ観光中に夫と相談し、チャイナタウンで夕食を取ることにした。

さて、JFKに到着後、夜遅くの地下鉄で空港からチャイナタウンまで移動。
時間のせいか、路線のせいか、さすが車内はコワーい雰囲気、
そんな地下鉄に慣れてるフリをしながらも、
実はずーっと緊張したまんま。(苦笑)

ようやくチャイナタウンの最寄り駅"Canal.St"へ着き、
ホッしたのも束の間、地上に出たら付近は真っ暗、人気(ひとけ)無し。
想像していたチャイナタウンの賑わいはなく、コワーイ雰囲気は継続する。

とにかく中心部に向かって歩き出すと、ポツポツと飲食店の灯りが見えてきた。
灯りがあるとはいえ、閑散としていて、寂れたムードのこのあたり。
やっぱりコワイなあ・・と思いながら歩いていると、
警官が誰か(犯罪者)を捕まえて連行して行くところに遭遇。
ヒー、このあたりって大丈夫なん~?とまたまた緊張。

それでも目的の中華店、ガイドブックに載っていた深夜営業のお店に
なんとかかんとかたどり着いたら・・・・

ガガーン、お店が閉まってるやん・・・。


もうチャイナタウンには用がない、さっさとこんな場所から離れたい。
が、タクシーを捕まえようとするがなかなか捕まらない。
そもそも車なんて滅多に通らない道なのだ。
5分ぐらい歩いて別の通りに行き、ようやく捕まえたタクシーで、一路ホテルへ。

私はもう夕食なんかいらないから、ホテルに戻りたかったのだけど、
夫は何か食べたいということで、途中、運転手さんに無理を言って、
方向転換してビアホールへ向かう。
ビアホールに無事到着し、「これで命拾い」と意気揚々と店内に入ると、
おねーさんが一言「No Food」。

・・・・ガックリ。もう立ち直れまへんがな。


結局夫はビアホール隣のマクドナルドでハンバーガーを買い、
意地でも今夜は食わんぞ!と決めた私は何も買わず、
またタクシー確保に苦労してホテルへ。



ってなわけで、この日はビールとアラレでシメたわけだった。

くそー、これも団体旅行のせいや~!

チューリップのアップリケついたスカート買ってもらえへんのも
みんなみんなツアーが悪いんやー。


◇2007年5月の食事記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-19 10:25 | ├NYC(2007/05)
MUNCHIES CHEESE FIX ~初めてのナイアガラ(2007年5月)~
a0029277_994753.jpg
ニューヨークからバッファローへは「jetBlue」という航空会社を利用した。
その機内でいただいたコーヒー(ダンキンドーナツ・ブランド)とスナック。
むむ、このスナックどこかで見たことがあるゾと思ったら、
アトランタで暮らすくれちゃんのブログで紹介されていたモノ。

というわけで「Living in America☆『MUNCHIES CHEESE FIX』」からトラックバック!

a0029277_910227.jpg
こんな中身。ビールが飲みたくなる味・・。
なぜかプレッツェルは1個しか入っておらず、
その1個は夫の胃袋へ。


a0029277_9101574.jpg
各シートの液晶画面では機内サービスの説明がされている。
飲み物とスナック、何を選ぼうかなあ・・とウキウキしてたいたが、
実はメニューの全てが準備されているわけではなく、
スナックは2種類から1個を選べるだけ。
20種類ほど紹介されていたソフトドリンクも数種類からの選択。
ま、短い路線だし、小さな飛行機だし、しょうがないか。
(ちなみにアルコールメニューもあったが、こちらは有料。)


ところで、これはバッファローへ向かう行きの便の記録。

帰りの便ではバクスイしていたため、
飲み物サービスを受けられずガックリ。

おまけに、行きと違うスナックを選んだら(←スナックサービスの気配で起きた)、
「動物ビスケット」でガックリガックリ。

さらに、離れた席に座っていた夫も、
「動物ビスケット」を選んでいてガックリガックリガックリ。

この2袋の「動物ビスケット」。
"持って帰っても、どうせ食べへんやろ"という夫の一言で、
スーツケースに詰められることはなく、
ニューヨークのホテルに置いてきたのだけれど、
1個ぐらい持ち帰っても良かったかかな・・。


◇2007年5月の食事記録です。
jetBlue AIRWAYS
http://www.jetblue.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-19 09:12 | ├NYC(2007/05)
Italian Ice Cream ~初めてのナイアガラ(2007年5月)~
団体旅行には「おみやげ物屋」への立ち寄りが義務化されているのだろうか。

アジアやハワイならまだしも、北米に来てまで、
おみやげ物屋に連れ込まれるとは思いもしなかった。
(だから団体旅行はイヤなんだよー)


おみやげ物屋に用の無い私たちは、あっという間に別行動。
おみやげ物屋周囲にある住宅地を徘徊する。
見所なんて何にもないけど、こっちのほうがよっぽどおもしろい。

ごく普通の住宅地をぐるりと回り、
バスが停めてあるおみやげ物屋の駐車場に戻ってきたところ、
アイスを食べている地元の人々を発見。

集合時間にはまだ間があったので、
再度、この周囲を探索してみることにした。
a0029277_035211.jpg
そして見つけたアイスクリーム屋さん。
カナダドルなんて1セントも持ってないけど突撃するしかない。


a0029277_0351320.jpg
がらーんとした店内には立派なショーケース。
いろいろなフレーバーのアイス(ジェラート)が私を誘っている。


a0029277_0352457.jpg
2色で3.89カナダドル。
3.5米ドルを出したら、10カナダセントのお釣りをもらえた。


何のアイスをいただいたか忘れてしまったけれど、
むちゃくちゃ美味しいものではなかったことは確か。
ちょっと安物のアイスクリームっぽい味。(失礼!)

最初は「げ、甘~っ」と思っていたが、
"慣れ" とは怖いもので、そのうち甘さにも慣れてしまい、
夫と二人でペロリと完食してしまった。

おみやげ物をたんまり買いこまれた同行のツアーの面々からは、
「なんじゃ、こいつら?」と、いぶかしげな目で見られていたけれどね。


◇2007年5月の食事記録です。
Italian Ice Cream
5458 Victoria Avenue Niagara Falls TEL : 905 356 3866
Google Maps

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-05-18 00:38 | ├NYC(2007/05)