<   2005年 08月 ( 62 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


出張!
a0029277_1520436.jpg一泊二日の出張のため移動中です。



お昼は新幹線内でアール・エフ・ワンのお弁当。
いろいろなお惣菜が入って750円ぐらい。
まんぞく・まんぞく!
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-23 15:20 | けーたい(てんぽらり)
Sadaharu AOKI
a0029277_13113854.jpg

今日も混雑していました。
人気は変わらず高いようです。

ところで、ショップ(ブティック)の階上は「ぐるなび」なんですね。
今日、初めて気付きました。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-23 13:11 | けーたい(てんぽらり)
香港の空港ラウンジ
香港旅行で利用したのは、全日空のエコノミークラス。
でも夫がANAのスーパーフライヤーズカードメンバーなので、
空港ラウンジを利用することができました。


今回、航空会社指定のツアーじゃなかったのに、
たまたま全日空になってラッキーでした。

成田のラウンジ情報(Signet)については、
昨年末のパリ行き、ゴールデンウィークの
ハワイ行きで紹介しているので省略!
*ちなみに朝っぱらから食べたものはこんなもんです。→



香港のラウンジは、今回初めて利用しました。
JALは独自のラウンジを持っているようですが、ANAは他社と共同のラウンジです。


共同ラウンジの奥のほうに、ANAゲストの専用スペースがありました。
私たちはそのスペースの存在に気づかなかったので、使わずじまいだったのですが、
日本語のTV番組が流れたり、日本語の読み物が置いてあったりしたようです。
#日本人客でゲキ混みでしたけどね。



さて、このラウンジでは温かい食べ物が豊富です。
サンドウィッチやカナッペの軽食が置いてあるところは多いけれど、
ごはんとおかず、サラダバーがあるのは珍しいですよね。

また写真撮影はしなかったのですが、アイスクリームも置いてありました。
チョコバーだったのですが、これが美味しかった!!


WALL'S のMAGNUMというアイスクリームバーでした。
ネットで調べたら、イギリスのメーカーのようです。
http://www.walls.co.uk/

また置いていあるビールも変わっていました。
「SKOL BEER」という銘柄なのですが、どこの国の製造か不明・・・。
ネットで調べると、ホームページを見つけました。
http://www.skolbeer.ro/

ドメインコードが"ro"とうことは、ルーマニア。。

おおっ、コマネチの出身国。(古っ!!)

「マイアヒ~」のグループの出身国モルドヴァのお隣の国ですね。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-23 00:59 | ├香港(2005/08)
ANAの機内食 (成田-香港便)
香港旅行の往復はANAを利用しました。
エコノミークラスの食事を記録いたします!

●往路●
2005/08/09 NH949 (NRT 09:25 → HKG 12:55)


・食前酒(夫:ブラッディマリー、私:ビール、レッドアイ)
 →ブラッディマリーには「クラマト」を使っていました。
・機内食(夫:焼き鳥丼(?)、私:シーフードカレー????)
 →詳しいことは忘れたのですが、結構美味しかった記憶があります。
  「そば」もウレシイです。デザートはキットカットのようなチョコ。(ショボっ)
・食中酒(白ワイン、赤ワイン)
・ペリエ
 →炭酸水を頼んだらペリエがでてきました。

●復路●
2005/08/12 NH950 (HKG 14:25 → NRT 19:40)


・食前酒(夫:スーパードライ、私:一番絞り)
 →往きと同様、トマトジュースもいただいて、レッドアイでも楽しみました。
・機内食(夫:鶏の煮込み??????、私:魚の煮物????)
 →夫が頼んだ「魚」メニュー。封を開けたら大根が入っています。
  大根嫌いの夫にとって、これは拷問メニュー。
  やさしい妻が取り替えてあげました。(でも、魚メニューはイマイチ)
・食中酒(白ワイン、赤ワイン)
・ペリエ
 →炭酸水が大好きなので、コレばっかり。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-23 00:26 | ├香港(2005/08)
街にはびこるジンギスカン屋
街のあちこちでジンギスカン屋さんを見かけるようになりました。
ナカメに「くろひつじ」ができた後、急速にお店が増殖し、
最近では至るところでジンギスカン屋さんを目にします。

先週末行った西麻布でも麻布十番でも、
こじゃれたジンギスカン屋さんを見かけました。

外観はそれぞれ全然違うのに、インテリアも凝っているのに、
皆おんなじお店に見えてしまうのが不思議。

きっと「一過性のブーム」なんでしょう。

放っておいても客が集まる1~2年の間は営業して、
ブームが去ってスタれてきたら、次の流行のレストランに衣替え。

フードビジネスに身を置いたことがないので、ほんとのところはわかりませんが、
そんなサイクルになっているのではないのでしょうか。

もちろんれっきとした「ビジネス」だから、
短期間の営業でもモトが取れるよ仕組みができているに違いない。

要は「使い捨て」ですね。
なんとなくさびしいけど、割り切っているんでしょうね。。


ジンギスカン屋の凝った看板を見かけるたびに、
かつての「モツ鍋」ブームを思い出してしまう私です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-22 23:01 | ざつぶん
[香港] 黄浦 鳳城酒家 (九龍・红磡/飲茶)
<2005年8月12日(金)あさごはん、その2>
香港最後の食事の"粥"が不本意な結果に終わってしまい
肩を落としながらホテルに戻りました。
その途中、見かけたのがこのビル。


ガイドブックに「グルメビル」と紹介されていた建物で、
有名な美食家の蔡瀾さんがプロデュースした飲食街が入っているようです。
ホテルの近くにあったのに、結局、足を踏み入れていませんでした。


1階の入り口は開いていたので、中に入ってみました。
ズラリとならんだ看板がありますが、薄暗く営業しているようにはみえません。
あきらめてホテルに戻り、空港へのお迎えが来るまでの間、屋上のプールで
過ごしていたのですが、どうしても朝の粥で香港の食を締めるのがイヤで、
10時半頃に再度グルメビルに出かけました。


開いていた何店舗かのお店の中で、飲茶をしているレストランを発見!
蔡瀾さんがプロデュースしたお店ではなかったのですが、
飲茶に惹かれてこのお店に入りました。


「鳳城酒家」というレストランです。


入り口脇には水槽がありました。
ちゃんとした(!?)レストランのようです。


新聞を広げながら、飲茶をしている地元の人たちでにぎわっています。
どうやら7時から営業しているようです。
朝、このビルに来たとき、中に入ってチェックしておけば、
そのまま飲茶できたのになあ・・。


まずはお湯で食器を洗って・・・。
#これは「洗杯」という儀式です。初めてトライしてみました。


食器のセッティング完了。
空港へのお迎えが来る時間は11:30。あまり時間がなかったので、
さっさとオーダー用紙をチェックして、サクっと食べて帰りました。


金粟叉焼腸 (大點)
タレは別添えでした。さっきの粥屋の腸粉と大違い。


生煎菜肉飽 (大點)
豚まんを焼いたもの。
これ、夫がずっと食べたがっていたんです。
ようやく食べることができました。


"あん"が甘くなくてイイ感じ。そういえば551の"あん"と似ています。


魚翅灌湯餃 (特點)
フカヒレ餃子。ステンレスの器具がついています。


その器具で餃子を持ち上げて、器に。


餃子の中には、たっぷりと具が入っています。
まるで八宝菜を中に詰めたよう。。


珍珠蝦球 (大點)
エビ団子のまわりにミックスベジタブルがつけてあります。
あっさりとした味。


このお店、HK$200からクレジットカードが使用できるようです。
今回のお代はHK$85なので、クレジットは使えません。

成田で8000円ぐらいしか両替していなかった私たち。
現金の持ち合わせが殆どなく、足りないかも?と、ドキドキしていたのですが、
ギリギリなんとか支払うことができました。
ふう、良かった。

ここの飲茶は、雰囲気も味もとっても庶民的。
カンゲキするほどのものではなかったけど、普通においしくいただけました。

とにもかくにも、ちゃんとした食事でシメることができて満足です。

黄浦 鳳城酒家
Whampoa Fung Shing Restaurant

<早  茶> 小點HK$ 8 中點HK$12 大點HK$15 特點HK$19 頂點HK$25
<午市點心> 小點HK$11 中點HK$15 大點HK$18 特點HK$22 頂點HK$28
<下 午 茶> 小點HK$ 8 中點HK$12 大點HK$15 特點HK$19 頂點HK$25

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-22 01:06 | ├香港(2005/08)
サダハル・アオキの焼き菓子
ようやく「サダハル・アオキ」に行ってきました。
オープン以来のフィーバーぶりに、少々ひき気味だったのですが、
お遣い物が必要になったので、これを機会にと行ってみました。
地下鉄日比谷駅を降り、新国際ビルディングを上がると、
エレベータホールのすぐ脇にあります。
想像よりはこじんまりとしたお店。
生ケーキにも興味があったのですが、日持ちのする焼き菓子を購入。
もちろん自分用にも買って帰りました。



●フィナンシェ オ マッチャ
バター、小麦粉、砂糖、卵、アーモンド、ヘーゼルナッツ、
抹茶、ごま、塩、ブドウ糖、果糖

●トランジュ ケーク ピスタッシュ プティ
バター、小麦粉、砂糖、卵、無花果、クルミ、アーモンド、
レーズン、プラム、オレンジ、ピスタチオ、リキュール、
アニス、胡椒、シナモン、コーンスターチ、ベーキングパウダー、
乳化剤(大豆由来)、香料、植物油

●トランジュ ケーク オ フリュイ プティ
バター、小麦粉、砂糖、卵、無花果、クルミ、アーモンド、
レーズン、プラム、オレンジリキュール、シナモン、アニス、
胡椒、コーンスターチ、ベーキングパウダー、香料、植物油脂

実は、これを買ったのは3週間ほど前のこと。写真もそのときのものです。
そしてその後、偶然同じもの(詰め合わせ)をいただいてしまいました。
そしてまさに今、チョコレートの焼き菓子(トランシュ ケーク オ ショコラ プティ)、
グラッパ、コーヒーでマッタリタイムしちょります。(夫は +シガー)

次は生のケーキをいただきたいな~。

Patisserie Sadaharu Aoki Paris
千代田区丸の内3-4-1 新国際ビルディング1階 TEL 03-5293-2800
http://www.sadaharuaoki.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-21 21:36 | ぱん&すいーつ
トラットリア・ダ・トンマズィーノ (外苑前/シチリア料理) その2

<2005年8月20日(土)ばんごはん>
トンマズィーノでいただいたものは次の通り。
入店が遅かったので、いくつかのお料理が品切れになっていた。
(当然だけど)早めに行ったほうが、好きなものを食べられるだろう。



魚介と野菜のフリット盛り合わせ。
メニューにはアンティパストに野菜のフリット、メインに魚介のフリットがあったが、
お店の方の勧めもあり、盛り合わせにしていただく。
魚、エビ、イカ、カリフラワー、いんげんなど。
うーん、おいしい。揚げたてで、素材の味がそのまま出ている。



イワシのマリネと穴子のエスカベッシュっぽいもの。
これもアンティパスト2種類を盛り合わせでお願いした。
どうやら冷菜、温菜さえ合わせれば、盛り合わせしてもらえるようだ。



豚のラグーを使ったパスタ。
「首飾りにできるようなパスタですよ」と教えてもらったパスタの種類。
憶えていません・・・。(苦笑)
豚肉の味がパスタにまとわりついていて、おいしい。



名前は忘れましたが、スズキとジャガイモのお料理。
パンパンに膨らんだアルミホイルのまま席に持ってこられ、テーブルで開封(?)。
ぼわっと良いにおいが噴出すので、すかさずクンクンと吸い取る私たち。



上のアルミホイル包みの中身をお皿に盛ったもの。
塩味がかなり薄め。その分、スズキの味を満喫できたけど、もうちょっと何かがほしい。
すこーし不満が残る一品だった。(好みの問題だと思う。)



パンは二種類。
チャバタっぽい食感のパンと、フォカッチャ。
フォカッチャはオリーブオイルがジューっと染み出してくる。
おかわりできるかどうかは不明。パンがなくなっても、
サービスの方から何か言っていただけるわけではなかった。



シチリアの白ワイン。4000円弱ぐらいのもの。
独特の風味があるが、スッキリと飲みやすいワイン。
ワインのラベルがズラリと並んだワインリストがあり、選ぶのが楽しい。
赤白各20種類ぐらいはあったかな。



ドルチェも何品かは品切れ。
なんでもいいや、と、久々にティラミスをいただく。
これが美味しかった。チーズの味、エスプレッソの味がしっかりしている。
生地もダラけてなくて、固め。うむ、うまい。



夫がグラッパを頼んでいたが、結局出てこずにエスプレッソでシメ。
たぶんオーダーを忘れていらっしゃったんだろう。
面倒なのでサービスの方には何も言わずに席を立つ。
言ってもよかったんだけど、もう12時過ぎてたし、
どっちでもいいっかーっていうことで。

これらメニュー(全て1品ずつ、エスプレッソは計2杯)と、
スパークリングワインを計2杯、コペルトを入れて、16,500円。
とってもリーズナブル!

それにしても、12時を過ぎても、まだまだ客は食事中。
みんなどうやって帰宅するんだろう。
終電とか、関係ないのね、きっと。

という私たちも、二晩連続タク帰りだけどさ・・・。


トラットリア・ダ・トンマズィーノ
東京都港区北青山2-7-30 プルミエ外苑2F   TEL 03-3401-1008
Woman.excite:ウーマン・エキサイト>レストラン検索
*本日から1週間程度、お休みのようです*
*こちらの記事もご参照ください → http://picot.exblog.jp/2187968/
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-21 14:11 | ├西洋料理
トラットリア・ダ・トンマズィーノ (外苑前/シチリア料理) その1
<2005年8月20日(土)ばんごはん>
前日にラグビーの親善試合(国立競技場)のチケットが手に入った。
じゃあ十番のお祭りに行って、ラグビー観戦して、ばんごはんを食べて帰ろう
ってことになり、ダル・マットから帰った後、イソイソとばんごはんのお店を探す。

すると、行きたかったお店が国立競技場の近くにある!!!
早速、お店に電話をかけてみたら、
 「21:30ならOK。ただし18:30スタートのお客様が帰られてからになります」
とのこと。とりあえず予約を入れておいた。

当日、十番のお祭りの人ごみに唖然・・・。
ちょっと良さそうな屋台には、長蛇の列ができていて、並ぶ気が起こらない。
とりあえずちょこっとだけ飲み食いして、大江戸線で国立競技場に移動。
夜風に吹かれ、ギネスビールを飲みながらラグビー観戦。
さすがにイギリスのチームは素晴らしい。
素人の私ですら「違い」が明らかにわかるものだった。

ラグビーの試合が終わり、国立競技場を後にする。
来るときに使った千駄ヶ谷門ではなく、代々木門から外に出て、
ヤクルト阪神戦で盛り上がる神宮球場の横を通り、
お目当てのお店「トラットリア・ダ・トンマズィーノ 」へ向かう。
神宮球場を通り過ぎてすぐ、Y字に分かれた道の角に立つビルに
オレンジ色に光るお店の看板を見つけた。


時間は21:15頃。まだ席はできてないかも、と思いつつお店の方に確認すると

  「18:30のお客様は、まだ来られてないのですが、
   まだ到着されていないお客様の席が空いています。
   そのお客様に確認をとってみますので、少しお待ちください」

とのこと。
お店の前に並べられた順番待ち用の椅子に腰掛け、少し待つと、
 
  「(予約のお客様は)遅れて来られるようですので、先にお入りください。」

ということになり、中に入らせてもらった。

店内はもちろん満席。
2~4名の女性グループが3~4組。男女混合のグループが1組。
男性4名のグループが1組。男女ペアが4~5組。

年齢層も幅広い。20代~50代ぐらい、いろんな人がいる。

メニューをいただき、周りの客の注文の品をチェックしながら何を食べようか考える。
シチリア料理だからお魚を中心に食べようと思うのだけれど、
一皿のボリュームもわからないし、食べたいものもいっぱいで、なかなか決まらない。
とりあえずスパークリングワインをいただきながら、サービスの方に相談。
ボリュームがあるので、二人で4~5皿にまとめるのがいいようだ。
そしてオススメのお料理を聞きながら、ようやくオーダー!

ちなみに価格帯は以下の通り。良心的だと思う。
 ・アンティパスト 1800円程度
 ・プリモ      1800円程度
 ・セコンド     2700円程度
 ・コントルノ     900円程度 
 ・コペルト      500円
 ・ボトルワイン  3000円台~


さて、お料理の詳細は次の記事に記録するとして、先に感想を。

  ・トラットリアらしいトラットリア。賑やかな食堂、という感じがトテモ良い。
   気取らず、気楽に、お料理とワイン、そしておしゃべりが楽しめるお店。

  ・サービスの方も活気があり明るくて気配りもできる。好印象。
   分け隔てない対応。慇懃無礼でなく、とっつきやすいが丁寧。
   ただ人数が少ないので、たいへんそうだった。

  ・食事自体も全般的に美味しい!!
   取り澄ました感じはなく「食堂」のお料理だけど、
   素材を大事にしたこういうお料理、私は大好き!

というわけで、かなり気に入った!!

前夜のダル・マット、この日のトンマズィーノ。
連チャンでイタリアンをいただいたわけだけど、
どちらかというとトンマズィーノのほうが私好み。

このお店もラストオーダーが24時と遅いようだし、
また来てみたい。

*お料理の記事はこちら → http://picot.exblog.jp/2188143

トラットリア・ダ・トンマズィーノ
東京都港区北青山2-7-30 プルミエ外苑2F   TEL 03-3401-1008
トラットリア・ダ・トンマズィーノ | Woman.excite:ウーマン・エキサイト>レストラン検索
*本日から1週間程度、お休みのようです*
<追記(2006/2/3)>
マロニーさんから情報をいただきました
2006/2/4で一旦お店をクローズされるようです。
移転の可能性もあるとのこと。お出かけの際はTEL等でご確認くださいね。


<追伸>大物有名人が来店されていました!
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-21 12:20 | ├西洋料理
外苑前
a0029277_0141341.jpg

夕食終了!
タクシーで帰ります。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-08-21 00:14 | けーたい(てんぽらり)