<   2006年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


中国料理 北京 (品川)
「中華料理『北京』(御殿山・ラフォーレ東京)<2月27日 昼飯>」(by fuanitaさん)
  のトラックバックです。a0029277_20372296.jpg
この前まで住んでいた家のご近所にある「ホテルラフォーレ東京」。

このホテル内の中華料理店で、
幾度となくお義母さまにご馳走になってらっしゃるfさまを、
これまで私はずーっと指をくわえて覗き見していた。

高級中華とは縁の薄い私たちではあるが、
お引越し前に一度ぐらいは食事をしてみようということで、
ばんごはんを食べに出かけた。
a0029277_20374587.jpg

平日だったせいか店内は5~6割の客の入り。
壁ぎわにある半円形のゆったりとしたテーブルに通されて辺りを見渡す。
客の年齢層が高く、BGMもジャズ。上品で落ち着いたムードのお店だなあ。

a0029277_2038131.jpg
ホテルの中華だから当然のことだけど、
かしこまった雰囲気のテーブルセッティング。
こういう中華に慣れていない私たちは、
最も安価なディナーメニュー「京華宴 (6,930円)」をオーダー。

a0029277_20381511.jpg
気取ったグラスで出されたビールで乾杯。

a0029277_203829100.jpg
季節冷菜 懐石風盛り
和食器に盛るだけで、雰囲気が変わるもんだ。

a0029277_20384667.jpg
干し貝柱入りふかひれのスープ

a0029277_2039593.jpg
小海老と季節野菜の炒め
この季節野菜は何でしょう?(答えは次の記事で! 注:賞品は無し)

a0029277_20391845.jpg
鶏肉細切りと五目野菜の炒め
切りにくい鶏肉をこんな細切りにできるなんて、さすが中国四千年!
ところでなぜかこのお料理だけ取り分けてもらえなかった。
(他のお料理は全てあらかじめ二皿に分けて出てくるので夫婦喧嘩が起こらない)

a0029277_20393580.jpg
豚肉の甘酢ソース 生野菜添え(黒酢仕立て)

a0029277_20394784.jpg
白身魚の挟み蒸し 黒大豆風味
きれいな盛り付け。

a0029277_2040073.jpg
蟹肉あんかけチャーハン
「あんかけチャーハン」には思い入れがないので、
わざわざ食べることは滅多にないのだが、たまにいただくとおいしいもんだ。

a0029277_20401522.jpg
本日のデザート
クリーミーな杏仁豆腐はベリーのソースをかけていただく。
ベリーのソースはおいしいのだけど、ベリーの味が濃すぎて、
杏仁豆腐は完敗・・・・。もったいない。

a0029277_20402735.jpg
熱いお茶で一息。脂肪を洗い流してくれるかな?

a0029277_20404112.jpg
テーブルに置いてあったカード。
PEKING =料理長の3つのこだわり= 
  *化学調味料を一切使わない。
  *宮古島のミネラル豊富な自然塩で調理します。  
  *特上の鶏がらスープを使用。
だそうだ。
個人的には「車えびの北京ソース」が気になった。
だって「このソースは40有余年門外不出です」とのことだから・・・。

さて、お料理もお店の雰囲気と同じく、上品で落ち着いた静かな味。
「優等生」という印象を受けるお料理だった。

ところで別のメニュー(1万円のディナー)には、最後に麺が出されるようなのだが、
この静かで落ち着いた店内のあちこちから、
「ズズっ、ズズっ、ズズズーーーッ」という音が聞こえてきたのがおかしかった。

そこらへんの中華屋さんだったら、全く気にならない音なのになあ・・。

*2006年の訪問記録です。

中国料理 北京
品川区北品川4-7-36ホテルラフォーレ東京 TEL : 03-3448-0835
http://www.peking.co.jp/  10%割引クーポンあり!

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-30 20:45 | ├中華
アンデルセンのクロワッサン
a0029277_9464635.jpg

今日は静岡県内の某所に出張です。

時間の余裕もないというのに、
久しぶりに見かけた品川駅のアンデルセンにふらふらと引き寄せられ、
気が付けばクロワッサンを買っていました。

そして今、駆け込み乗車の新幹線で朝食タイムです。

やはりクロワッサンは、VIRONやカイザーの方が「上」ですが、
それでも美味しくいただいています。

ただやっぱり飲み物は、スタバにしたかったなあ。
(買いに行く時間がなかったんです。)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-30 09:46 | けーたい(てんぽらり)
炭焼処 豊樹 (北品川/焼肉)
<2006年6月3日(土)ばんごはん>
「品川神社例大祭(北の天王祭)」のこの日、北品川商店街で「花魁道中」を見物。
a0029277_1819277.jpg
確かアナウンスがあったのだが、商店街を練り歩く5~6名の花魁のうち、
先頭の2名が女優さんで残りの数名は一般の女性らしい。
さすが女優さんの花魁は緊張感を保ちながら歩いていたが、
後方の一般女性の花魁は介添役と雑談しながら歩いていたりする。
また、一見どの花魁も同じいでたちに見えるのだが、
女優さんの花魁と一般女性の花魁の下駄には違いがあった。
女優さんの下駄のほうが歩くのが難しいのだろうか?
(右上:女優さん、左下:一般女性)

発電機と照明器具がセットになった「花魁道中」が通り過ぎるのを
見送ったあと、同じ北品川商店街にある焼肉店に移動した。
そういえば昨年のこの日も焼肉を食べに行った。(cf. 正泰苑 大門
確か小雨が降っていて、きっと花魁道中は延期になったに違いないと思い込み、
結局見逃してしまったんだった。
a0029277_18194041.jpg
さて、「花魁道中」の後に出かけた焼肉店は、
自宅から徒歩10分ほどの距離にある「豊樹(ほうじゅ)」。
リーズナブルなお値段で焼肉をいただけるので、
これまでずいぶんお世話になった普段使いの焼肉店だ。
#これまでは店名を出さずに記録していたけれど、
 引越し記念ということで(?)今回は店名を記載してみた。

お祭りで混み合っていたらイヤだなあ・・と思い、
予約を入れておいたが、店内はガラガラ。
祭りの日は親戚や友人を招いて、家で食事をするものなのかもしれない。


いつも食べているメニューをテキトーにオーダーし、
ガツガツいただく。

a0029277_18201732.jpg
壁に張ってあったメニュー写真に目が行き、
初めてオーダーしてみた「ブルダック(1,500円)」。
あとついでにオーダーしたゴハンとサンチュ。

a0029277_18203071.jpg
メニュー写真より実物のほうがボリュームが大きい。
鶏肉を巻くクレープ状のモノも、なぜか枚数が多い。

a0029277_18204090.jpg
こうやって鶏肉を包んでいただく。
メニューには"激辛"という表記があったが、そんなに辛くはない。
このクレープ状のモノが結構おなかにたまる。
たくさん入っているのはうれしいけど、もうオナカイッパイ状態に。

a0029277_18205764.jpg
でもやっぱり最後のシメは必要ということでテグタン注文。

ふぅー、どう考えても食べ過ぎ。
満腹信号が発信されているのに、さらに食べ進むのは良くないね。
でも、恵比寿に引っ越してしまったら、来る機会もなくなりそうなので、
思わずいただいてしまったワタシタチ。
胃袋を拡張させてばかりじゃイカンと反省。


炭焼処 豊樹
東京都品川区北品川2-9-10 TEL : 03-3450-8090
http://www.hoju.jp/roast.html

** これまでの「豊樹」での食事記録 **
2004/06/262004/08/142004/09/25
2004/11/252005/02/012006/02/03

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-25 18:28 | ├焼肉・ステーキ
季節魚料理 太鼓 (北品川)
a0029277_2374172.jpg
昔ながらの下町の面影を残す「北品川本通り商店会」にある「太鼓」。
上品そうな店のたたずまい。美味しい料理が出てきそう!と期待して入店。
こじんまりとしているせいか、落ち着いた感じがするが、
ごくフツーのお母さんっぽい方がサービスを担当されているせいか、
結構庶民的・家庭的な印象を受けた。


いろいろいただいた。
とりたててスゴイものはなかったけど、普通においしかった。

a0029277_2375378.jpg
お酒も良心的なお値段。

でもなんとなく盛り上がりに欠けたままお店を出た。
悪くはなかったんだけど、結局その後、一度も訪問していない。

まあ、フツーのlお店ということなんだろう。

*2005年の訪問記録です。
季節魚料理 太鼓
品川区北品川1-24-7  TEL : 03-5479-0789


[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-23 23:25 | ├和食・郷土料理
やきとり 鳥一 (品川・港南口)
突然ですが、引っ越しました。
 
もちろんネコ先生も一緒です。 (夫もいます。)

関西から東京に引っ越してきて2年と1ヶ月。
ようやく住み慣れてきたばかりの品川を後にして、このたび恵比寿の住人となりました。
恵比寿の某マンション(品川と同じく分譲賃貸、大家さんは個人の方)での
新しい食生活については、これからボチボチと記録させていただくこととして、
その前に、これまでお蔵になっていた(忘れ去られていた?)
品川外食ネタを記録させていただきます。

これから少しの間、古い話が続きますが、どうかご容赦くださいませ。


◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇

品川駅の港南口を降りると、左右にピカピカの高層ビル群がそびえ立つ。
が、真っ正面は、ドヤドヤとした古臭い飲み屋が連なる繁華街エリア。
昔ながらの「品川・港南口」の面影を残す一帯だ。
そのエリアの真正面。
ピカピカの品川駅と相対峙しているのが「やきとり 鳥一」というお店。
a0029277_173538.jpg
「いかにも!」という外観の焼き鳥屋に興味があって、
会社帰り、夫と待ち合わせて出かけてみた。

店構えから想像した通りの店内はとても狭く、コの字型のカウンターがあるだけ。
店主さん(予想より若い!)の従業員に対する態度が威圧的(要は怖い)で、
ちょっと居心地が悪い中、焼き鳥をいただいた。


実際に食べた感想は「ま、こんなもんかな」。ただそれだけ。

こういう古くて少々汚く見えるお店だと、
逆に「すごく美味しいのでは?」と 期待してしまうが、
少なくとも焼き鳥屋に関して、少ない私の経験からいえば、
小汚い店より小奇麗なお店のほうが美味しい場合が多い。

つい先日も恵比寿の某焼鳥店に行ったのだが、
このお店と同じような感想だった。

もちろん別にマズいわけじゃない。単にフツーの焼鳥屋だということだ。

ちなみに従業員をボロクソに言っていた店主さん。
お客さんには、とても愛想が良かったことを補足しておく。
(従業員に対する指導なのかもしれない。)

*2005年の訪問記録です。
やきとり 鳥一
東京都港区港南2-2-14 TEL : 03-5715-3910

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-22 01:08 | ├和食・郷土料理
ほっぷしゅうくりーむ (麻布十番/シュークリーム)
BP嬢のシュークリームの記事のトラックバックです!

a0029277_22575623.jpg
<2006年6月8日(木)>
白熱したリコス麻布での打ち合わせを終えた後、そのままチョッキ。
わが社はフレックスタイム制、久々の3時退社だ。(うれしー)
ポツポツと雨が落ちだした中、麻布十番の都バス停留所に向かいながら、
ふと思い出したことがあった。

それはBP嬢から課された
「麻布十番の行列ができるシュークリーム屋をリサーチせよ!」
というミッション。

以前、大好きなエストローヤルのシュークリームについての記事を上げたとき、
その記事のコメント欄で
こんにゃちは。
この間、友人と麻布十番を歩いていたら、行列のできているお店発見。
帰ってからググってみると、大阪発祥のほっぷしゅうくりーむ
http://www.hodeko.co.jp/hop/)というお店でした。
見た目はちと変わってるみたいですが、皮はカリっと系らしいです。
picotさんはこのお店聞いたことあります?
今度picotさんにレポお願いしたいなー(^^)
(並ぶのキライ。。。ごにょごにょ。。。)
という指示をいただいていたのだ。

根がマジメな私。ミッション遂行のため、急いでお店に向かう。
するとお店の前には一人の女性がいるだけ。
あれ?行列なんかできてへんやん・・・と思っていると、
a0029277_22581472.jpg
こういうワケでした。
販売開始まであと10分だし、順番は二人目だし、待合椅子も空いているし、
じっと開店を待ち、こんなものを買ってきた。

a0029277_22583131.jpg
a0029277_22584512.jpg
カスタード(130円)、ショコラ(160円)、抹茶(160円)、ふぞろいくん(100円?)
「ふぞろいくん」は形が悪い商品にカスタードクリームを詰めたもの。
安い値段設定になっている。

a0029277_22595178.jpg
帰宅後、すぐに「ふぞろいくん」をいただいた。
トロっとしたやわらかいクリーム。コクがあるタイプではない。


さて、感想は「残念ながらこれはシュークリームじゃない」。

カリっとした硬い皮のシュークリームが好きな私。
この皮も確かに硬いけど、本来のシューじゃない。
例えて言えば「銀だこ」!
「銀だこ」が大阪の「たこやき」とはベツモノであるように、
「ほっぷしゅうくりーむ」は「シュークリーム」じゃない。
カスタードもマズくはないけど、フツーなカンジ。

上記、BP嬢のコメントのレスにも書いたのだが、
私は普段この手のお店(マーケ先行型)にはめったに手を出さない。
「ビアードパパ」も「ごくフツーのシュークリームやん」という感想の持ち主。
でもやはり食べてみなければホントのことはわからないので、
今回自身の偏見をとっぱらって体験したが、やはりこんな結果に終わってしまった。

ヒトの好みはそれぞれなので、この商品を好きな方がいるのはわかるのだが、
「行列をつくるほどのものなのか?」「そんなに万人に受けるものなのか?」
という点については大きな疑問が残った。

と、総じてネガティブな感想を持ったわけだが・・・・
a0029277_231488.jpg
やはりこの日も行列ができていて、
何十個と買い求めていくヒトが多かったのも事実。

とにかく変わったシュークリーム。きっとハマるヒトはハマるんだろう。
賢明なみなさまは、こんな記事を鵜呑みにせずに是非一度食べてみてほしい。
安いお値段、自分自身が気に入るかどうか確認してほしい。

ま、私は二度と買うことはないけどね。(夫も同意見で夫婦円満)

*BP嬢!
  レポートは以上でござりまする。
  BP嬢も是非おためしくだされー。トラバくだされー。


ほっぷしゅーくりーむ
東京都港区麻布十番2-13-9 CRYSTAL麻布十番 TEL : 03-5484-7707
http://www.hodeko.co.jp/hop/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-20 23:01 | ぱん&すいーつ
リコス麻布(東麻布/無国籍ダイニング)
<2006年6月8日(木)おひるごはん>
赤羽橋にある取引先企業のK氏と打ち合わせを兼ねたランチをとることになった。
同じ仕事を担当している隣席男子が探し出してくれたお店は、
東麻布にある「リコス麻布」というレストラン。

このお店、ランチタイムは2,800円のコースを注文するのであれば予約ができるが、
1,200円~1,450円のランチメニューでは予約を受け付けてもらえない。

これが「お客様との昼食」なら経費で落とすこともできるだろうし、
そもそも席を準備しておかないわけにはいかないから、
ランチコースを予約することになるのだろうけれど、
今回はこちらがK氏にシゴトを依頼しているだけの関係なので、
残念ながら皆がそれぞれジバラ・ランチ。
一介のカイシャインのおひるごはんにはコースは高すぎる・・・。
というわけで、予約は取らずにお店にGO!

12時半頃に到着すると3組ほどの待ち行列ができている。
一瞬、他のお店にしようかとも思ったけど、移動するのも面倒なので、
シゴトの調整を行いながら順番を待つことにした。
立ち話でシゴトを片付けて行くうちに、私たちの順番が回ってきて、
お店のヒトに案内され2階のテーブルへ通される。
たまたま通された席は打ち合わせにもバッチリの奥まった席。
とりあえず食事をとってしまおうということでいただいたのはこれ。

a0029277_23223230.jpg
サラダ

a0029277_23224362.jpg
メイン(お魚)
メインがお肉のコースもあったが、この日は全員お魚をチョイス。
お魚の種類をわざわざ確認したのに、すっかり忘れてしまった。(意味ナシ)

a0029277_23232841.jpg
パン
もちろんお替りOK。(注:私はお替りしていない。)

実はお店に到着して知ったのだが、開店3周年(?)記念とかで、
この週だけ特別なランチメニューになっていたようだ。
というわけで、これだけいただいて、たったの1,000円ポッキリ!
たぶん通常1,450円のメニューだと思う。ほんとラッキー。

新鮮な野菜がたっぷり使われていて、目にも舌にも美味しいランチ。
十分満足&満足した。

a0029277_23234438.jpg
エスプレッソ 200円
食後の飲み物、デザートは追加料金でオーダーOK。
コーヒー・紅茶は100円、デザートは200円だったか300円だったか。
甘党の隣席男子は、しっかりデザートとコーヒーを注文していた。

結局、閉店時間間際まで、とある企画についてマジメにディスカッション。
かなり熱の入った打ち合わせになってしまった。
意見はそれぞれ違ったけれど、それは「思い」があるということの表れ。
ただこれからどう落とし込んでいくか・・・が課題だけど。。

ちなみにエスプレッソカップ脇にチラっと写りこんでいるのが資料。
そういえば、先週中に再度社内で打ち合わせしようと言っていたのに、
全く進捗ナッシング。 ダメじゃん!

Ricos(リコス) 麻布
東京都港区東麻布1-20-3 TEL : 03-3588-8777
ぐるなび(ショボいクーポンあり) http://r.gnavi.co.jp/a569200/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-19 23:23 | ├西洋料理
ブーランジェリー ラ・テール(世田谷区三宿)
Oasis「ラ・テールのフォカッチャ」(by Blue-Parfumeさん)
に仕返しのトラックバックです。
a0029277_745662.jpg
<2006年6月18日(日)ばんごはん>
BP嬢オススメの三宿のパン屋さん「ブーランジェリー ラ・テール」。
一度行ってみたいと思いつつ、これまでなかなか行く機会がなかった。

この日のお昼はご近所の蕎麦屋に出かけようと思っていたのだけど、
雨が降っていて歩く気が起こらないので、車でお出かけ。
三軒茶屋で食事を済ませ、すぐ近くのスーパー サミットで食材を購入した後、
246を再度渋谷方面に取って返し三宿へGO。
お店の外観をHPでチェックしてきたので、行き過ぎることもなくお店に到着。
お店の前に車を一時停止。夫を車に待たせてささっと買ってきたパンがこれ。

a0029277_75848.jpg
バタール(ハーフ 115円)とオリーブのフォカッチャ(180円)
最初はバゲットを握りしめて(!?)いたのだが、
ハーフサイズに切られたバタールを見つけてこちらに変更。
プライスカードには"ハーフサイズがある"なんて書いていなかったので、
常にある商品かどうかは不明だけど、こういうサイズはうれしい。

さて、お味。
バタールは皮はほどよくカリっと焼かれていて硬すぎることはない。
内側はしっとりとしていて、良い香りがする。うむ美味しい。

粉がどっさりついたフォカッチャには、オリーブ(黒&緑)が丸ごとゴロゴロ。
食事パンというよりは、このままワインのオツマミになるお味。

ふむ、確かに美味しいパンだ!

a0029277_752562.jpg
BP嬢がつい最近記事をアップした「オランジェ」も売っていた。
買おうかどうか最後まで悩んで、お店の中をうろうろ歩き回っていたのだけど、
BP嬢から「お菓子っぽい」と聞いていたので、今回はぐっとガマン。
次の楽しみができたともいえる。

というわけで、このパン屋さんを気に入ってしまった私。
決め手はもちろんパンの美味しさなんだけど、
その他に「開店時間が7時」ということも大きい要因。
都心では開店時間が遅いパン屋が多い。
そんな中でこのお店は正しいパン屋の姿を表していると思ったので。

といってもご近所にあるわけじゃないから、
そうそう早く行けないのが寂しい限りなんだけど。


ブーランジェリー ラ・テール
世田谷区三宿1-4-24 TEL : 03-3422-1935
http://www.laterre.com/
オランジェの画像はBP嬢のパクリです。(^Q^)


*おまけ*この日のばんごはんメニューは・・・(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-19 07:12 | ぱん&すいーつ
大勝軒 (世田谷区野沢/ラーメン)
●汎著巣<マイ・ブーム>日記
 「ラーメン『大勝軒』(世田谷区・野沢)<3月11日 昼飯>」のトラックバックです。

<2006年6月4日(日)おひるごはん>
お昼にラーメンを食べようということにばったが、行きたいお店が思い浮かばない。
考えるのも面倒なので取り合えず向かったのは環七の野沢交差点。
このあたりはラーメン店が多いので、なんとかなるだろうと思ったからだ。

スーパーマーケット「サミット」の駐車場に車を停めて、このあたりをウロウロ。
「せたが屋」の昼店舗「ひるがお」にはいつものように行列ができていたが、
ほかのお店はどこも空いていてすぐに入れる状況だ。

夫も私も「どこでもいいや~」状態だったので、
一度行ってみたかった有名系列店に入ることにする。
a0029277_1115678.jpg
大勝軒 環七野沢店
ちょうど何かのキャンペーンで、カレーがすごく安くなっていたのだが、
やはりここは初心貫徹、入り口でラーメンの食券を買い、席に着き、
TV番組「アッコにおまかせ」をぼんやりと眺めながらラーメンを待つ。

a0029277_1121525.jpg
夫の頼んだラーメン。(+ゆで卵)
魚介系だったかな。「ふーん、こんなのか・・」という味。
(↑何じゃそりゃ?って文章ですが、ほんとにそう思ったわけで・・・。)

a0029277_1122744.jpg
私の頼んだつけ麺。(もりそば)
食べる前から鼻を刺激する「酢」のにおい。
とにかく「酢」が前面に出たスープ・・・。
ちょうど「冷やし中華」を食べたい気分だったので、
自分に「冷やし中華やと思って食べたらええやん・・」と
言い聞かせながらいただいた。
そしてこれをいただきながら、
「確かfさまも不評記事を書いてらっしゃったなぁ・・」
と思い出す。(←気づくのが遅すぎ!意味なし!!)
それでも「食べ物を残す」ことができない私は麺を完食。
でもやはりスープは大量に残っていて、飲み干すことはできなかった。
(神様ごめんなさい。)

ファンが多いお店のようだけど、私は好きではない味だった。
お店を出た直後、夫と「もうココに来ることは無い」と確認しあったほど。

つけ麺なら大崎の「六厘舎」のほうが、断然私の好み。
「六厘舎」も大勝軒と関係があるようだ。
そういえばラーメンは系統が似ていたような気がするが、
看板商品のつけ麺は全くのベツモノ。
「大勝軒」の屋号をもらわなかったのは正解だと思う。

*ご参考:六厘舎の訪問記事はこちら → 2005年10月2005年11月

大勝軒 環七 野沢店
世田谷区野沢4丁目9-18  TEL : 03-3413-5207

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-18 10:59 | └ラーメン
VACANZA ヴァカンツァ(恵比寿/イタリアン)
a0029277_15592055.jpg<2006年6月2日(金)ばんごはん>
同じグループの3人で食事会。私より1学年上の女子と私より2学年下の男子。つまり同世代トリオだ。私以外の二人は「都の西北」にある大学卒だったこともあり、学生時代の話題で盛り上がったりして、同僚ではなくフツーに友人なカンジの食事会になった。
ところでお店は男性が選んでくれた恵比寿のリーズナブルなイタリアンレストラン「ヴァカンツァ」。1人2,800円のコースにしたのだが、グループで前菜(冷・温)、パスタorリゾット、ピッツァ(ハーフ&ハーフ可)をメニューから決められた数だけ選ぶ形式。食事の後のデザートのみ個人でオーダーするが、他はみんなで相談してお料理を決め、それを取り分けていただく。もうほとんど記憶に残っていないが、鮮魚のカルパッチョ、渡り蟹のクリームパスタなどを頼んだ。

追加でお願いしていたたパン(200円)が最後まで出てこなかったり、店員さんにお料理の説明を求めても毎回厨房に戻って確認しないとわからないようなところだけど、いずれにしてもかなりカジュアルなレストランだし、まぁこんなもんでしょ。
お料理は手のこんだものじゃないし、高級食材を使っているふうでもない。ごく普通に美味しいレベルのもの。でもピッツァは割と本格的なものだったし、安くて気軽にワイワイと食事をするには良いお店だと思った。

そうそう、同僚女子の都合もあって21時には解散したのだけど、その頃にはお店は満員御礼状態。ワイワイガヤガヤと皆さんさかんにおしゃべりをしながら、楽しい時間を過ごしていらっしゃった。

最後にこの日のお会計は3名で16,485円也。

 (内訳)
   コース  2,800円×3
   追加料金  300円   (カルパッチョ)
   コーヒー  500円×3 (ちょい高め?) 
   炭酸水   500円   (男子専用) 
   生ビール  600円×2 (女子専用)
   ワイン  3,800円   (女子専用)

うむ、財布にやさしいお値段。これならしょっちゅう行けそうだ。
また近いうちに出かけようっと!


VACANZA ヴァカンツァ
渋谷区恵比寿4-27-2 TEL : 03-3440-5658
ぐるなび(クーポンあり) http://r.gnavi.co.jp/g765600/

*画像はぐるなびからお借りしています。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-06-17 16:07 | ├西洋料理