<   2006年 12月 ( 44 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


2006年 年越し蕎麦 卯月(祐天寺)
a0029277_22423637.jpg
品川に住むようになって2年。
年越し蕎麦はご近所の「しながわ翁」でいただいていたのだが
今夏から恵比寿の住民となったこともあり、
今年は違うお店で蕎麦をいただくことにした。
いろいろと候補はあったのだが最終的に「三合菴」に決定。

ところが出かける直前に夫が「念のため電話で確認しといたら」と言う。
「大晦日なんだから営業してるに決まってるやん」と思いつつ電話をしてみると、
「12月は30日で営業終了です・・・」という留守電のテープが流れている。
普段は滅多に確認の電話なんてかけないのに、珍しく電話して良かった~。

というわけで、今年最後の運を使い果たした私たちは、
180度方向転換し、もうひとつの候補店に向かうことにした。

a0029277_22421949.jpg
祐天寺の「卯月」。
前回はお昼の訪問だったのだが、ぜひ次は夜に来たいと思っていたお店。
まずは 田酒 特別純米酒(650円) で乾杯し、こんなものをいただいた。


a0029277_22425033.jpg
鴨ロースト 800円
鴨の下に敷かれた白ネギ、上にかけられた青葱、そして山葵。
甘みをおさえたタレとこれら薬味、そして鴨肉がよく合いお酒が進む。


a0029277_2243542.jpg
とろろの磯辺揚げ 500円
前回いただいた「酒肴五彩」で出されたものとは大きさが全く違い、
たっぷりとしたボリュームのある磯辺揚げだった。
ああ、またお酒が進んでしまう。

お蕎麦を注文するついでに、お酒も追加。
今度は 久保田千寿(600円) をいただくことにした。


a0029277_22432563.jpg
夫:車海老天せいろ 1,800円


a0029277_22433525.jpg
私:えび天せいろ 1,200円


やっぱり夫唱婦随。
ダンナ様には大きな海老、わたくしは小さな海老。


a0029277_22434769.jpg
・・なんてことあるはずないやんか。
テーブルに出されるやいなや、海老を一本ずつチェンジ。
左が「えび天」、右が「車海老天」。
大きさも違うが、味が違う。車海老のほうが旨味が凝縮されている。
海老天1本につき300円も違うんだから当然といえば当然なんだけど。


今夜は大晦日、年越し蕎麦で大忙しの日だからだろう。
いつものメニューとは違い、かなり種類が限られている。
蕎麦は冷温それぞれ5種類ずつ。おつまみも5種類。
お酒の種類もしぼってあった。
しょうがないことだけれど、ちょっとザンネンと思ったのも事実。

Yahoo!グルメには平日夜限定のクーポンもあることだし、
年が明けたら、また平日夜に来ることにしよう。

今度は牡蠣蕎麦を食べなきゃいけないしね。


◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇


というわけで2006年もいよいよ残すところあと1時間を切りました。

サービス精神も愛想もない、単なる食事記録のブログなのに、
皆様にはあたたかいお付き合いをいただきありがとうございました。
これからも、先ほどいただいたお蕎麦のように細く長く、
そして地道にボチボチとブログを続けたいと思っていますので、
引き続いてのお付き合いをよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、皆様にとっても来る2007年が、
光り輝ける1年になることをお祈りしています。



・・・さ、これから年越し夜食の準備だー!(^^)

◇2006年12月の食事記録です。
手打 祐天寺 卯月
目黒区祐天寺2-8-13 TEL : 03-5721-0547
Yahoo!グルメ(クーポンあり) http://gourmet.yahoo.co.jp/0007016627/0010657212/
訪問記録(2006/11) http://picot.exblog.jp/4781215/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-31 23:03 | ├和食・郷土料理
黒豚しゃぶすき・板蕎麦 まにん (恵比寿)
a0029277_10445589.jpg
仕事帰り、夫と恵比寿駅で待ち合わせて晩ごはん。
夜も遅い時間だったこともあり、遠出を避けて自宅近くのお店に入る。
店内は忘年会のグループがいくつかあり、盛り上がっていて楽しそう。
予約を取らずに来た私たちは、かろうじて空いていたカウンター席に座り、
とりあえずのエビス生ビール(650円)で小さく乾杯。


a0029277_1045462.jpg
お通し(嶺岡豆腐) 500円
嶺岡豆腐とは"牛乳、生クリームを葛粉で固めたもの"。
豆腐と名乗っているくせに、豆とは縁もゆかりもない食べ物だったとは、
今の今まで知らなかった。大好きな食べ物なのに、知識が無さすぎる。


a0029277_10451322.jpg
熊本阿蘇の馬さし 1,200円
ふっふっふー。ようやく巡りあえた「タテガミ」!
このお店から坂を少し登ったところにある宮崎料理店
「まとや」の馬刺しは赤身だけでタテガミが無いのだ。
せっかく馬刺しをいただくんなら、やはり脂身の甘さも楽しみたい。
そういう意味でこちらの馬刺しに軍配を上げる。


a0029277_10452656.jpg
海老とカニ揚しゅうまい 700円
安い値段のお料理だと思ったら、案の定「少数精鋭」だった。
おまけに"海老"が見当たらずカニばっかり。
ヘンだなあ、、と思っていたのだが、やはり海老の入れ忘れのようだ。
私たちの席からは厨房(カウンター内)が見渡せたのだが、
後で他のお客さんが頼まれたしゅうまいには、海老を巻き込まれていた。
今度注文したときにも海老が入っていなかったら、
2回分暴れることにしよう。(笑)


a0029277_10453631.jpg
黒豚バラ肉の葱間焼 1,000円
写真ではわかりにくいが、これはボリューム大。
先ほどのしゅうまいとは打って変わって、
とても大きな串が三本もでてきてビックリ。
串にくらいつきたいところだが、豚肉と葱をはずして上品にいただく。


a0029277_10454737.jpg
だし巻 玉子焼 600円
「甘いかなあ?」「甘いんちゃう?」
「でも、"玉子焼"じゃなくて"だし巻"って書いてあるで。」
というやりとりの後、恐る恐る頼んだ品。
出汁がきいていてほんのり甘い好みのものだった。(ホっ)


a0029277_10455610.jpg
鳳凰美田 1,000円 
カウンターにはずらりと焼酎の瓶が並んでいるが、
メニューに載っているのは少しだけしかない。
店員さんにたずねてみたところ、
「焼酎も日本酒もメニュー以外にいろいろとあります。」
とのことだったので、お薦めの日本酒を数種類出していただいた。
その中で「鳳凰美田」という名前を聞き、これに即決。
だってfさまのブログで何度も登場していたから~。
詳しい銘柄は憶えていないけれど、1年のお礼をこめてこっそりトラックバック
ちなみに夫はメニューにあった福井の日本酒、
伝心 特別純米(800円)をいただいた。


a0029277_1046724.jpg
山形板そば 1,000円
シメはお店の看板にもなっている、このお蕎麦を。
そういえばこの記事をアップしている今日は大晦日。
これまでは「翁」で決まりだったのだが、今年はどうしよう?


a0029277_10461913.jpg
このお店は、東京に越してきて間もない頃、会社の後輩から教えてもらったお店だ。
「東京カレンダー」(02年9月号)の「涼を呼ぶ夜そば」という特集に載っていて、
そこで紹介されている「生ゆばと生うに割正油あん(900円)が美味しい」と
その後輩から聞いていたので、私もそれを頼もうとしたのだが、メニューに無い。
うーん、季節が違うせいからかな。残念無念。

ところでこの記事には「ビール500円」と紹介されている。
さすがに4年も経てばビールも値上がり(現在、生も瓶も650円)するんだなあ。
もっと庶民的な恵比寿でいてほしいのに・・。
(念のため注:板そばの値段は雑誌掲載時と変わっていない。)


a0029277_10463191.jpg
松坂屋スーパーそばにある小さなお店。
間口が狭く見落としてしまいそうだけど、この提灯を目印に。


それはそうと、借りっぱなしの「東京カレンダー」を早く後輩に返さねば。


◇2006年12月の食事記録です。
黒豚しゃぶすき・板蕎麦 まにん
渋谷区恵比寿南2-3-2  TEL : 03-5721-5318
ぐるなび(クーポンあり) http://r.gnavi.co.jp/a717101/
くーっ、クーポンがあったとは!!悔しい~!!

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-31 10:56 | ├和食・郷土料理
RYU-RYU (広尾/スパゲティ)
アラジンのごはん日誌っ2
「[RYU RYU]広尾商店街を突き当たる手前左に入ってすぐ左」
のトラックバックです。

とある休日の午後、夫とお昼ごはん場所を求めて広尾駅界隈をウロウロ。
「ホームワークス」でハンバーガー、「箱根暁庵」で蕎麦、「すし三崎丸」で寿司。
全ての店の前まで行ってみたが、なんとなくその気になれず、
結局たまたま見つけたこんなお店に決定!

a0029277_23452037.jpg
懐かしい~、懐かしすぎるお店。
スパゲティ屋さんの「RYU-RYU」(リュリュ)。
神戸に縁のある方なら、ご存知の方も多いのではないだろうか。

アラジンさんのブログで、広尾に出店していることを知ったのだけれど、
詳しい場所まではチェックしていなかった。
それがこんなふうに偶然通りがかることができるなんて!

人通りの少ない裏通りにあるのだが、13時を過ぎてもまだ満員。
席が空くまで少し待って、こんなスパゲティをいただいてきた。



本日のランチ(サラダ・ドリンク付) 870円
夫:ほうれん草のアラビアータ、コーラ
私:梅干しとツナ、ジンジャーエール

スパゲティが大盛りサービスだったので、もちろん大盛り二丁で。


昔はファッションビルのレストラン街なんかに、
「壁の穴」「五右衛門」といった和風創作系スパゲティ屋さんがよくあって、
女友達と一緒によく出かけたもんだ。

今でも学生さんたちはこういうお店に行くんだろうか。
それとも"今日び"の学生さん達は本格イタリアン派が多いのかな。

イタリアンレストランで"パスタ"もいいけれど、
たまには"スパゲティ"屋さんも良いですよ。(^^)


◇2006年12月の食事記録です。
RYU-RYU
渋谷区広尾5-16-16 エクセルシロタビルB1F TEL : 03-3444-2833
http://www.ryu-ryu.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-30 23:47 | ├西洋料理
今回はひつまぶし。宮鍵(名古屋/鰻料理・鶏料理)
今年最後の名古屋出張。やはり「ひつまぶし」でシメたいと思い、
前回、「親子丼(上とり丼)」をいただいた「宮鍵」へ。



12時前にお店に入ると、2組ほどの先客。
相変わらず店内は薄暗くどんよりとしたムード。
軽く30年は時(とき)が止まっているかのようだ。

さて、お目当ての「ひつまぶし」。
メニューを見ると「並」と「上」の二種類がある。
そしてそれぞれ薬味(葱・山葵)付きかどうかで値段が違うようだ

 並 : 1,990円(薬味なし)、2,200円(薬味付き) 
 上 : 2,360円(薬味なし)、2,570円(薬味付き)

店員さんに確認してみると「並」と「上」では鰻の量が違うらしい。
「上」はご飯の間にも鰻がサンドされているとのことだった。

最初は2,000円を切る「並・薬味なし」にしようかと思っていたが、
結局「上の薬味付きをください」と口走っていた私。
ま、今年最後の名古屋だし、良しとしよう。

a0029277_22214332.jpg
ひつまぶしには海苔があらかじめふりかけてある。
蓋についた海苔も、しっかりお箸で落としていただいた。


がらんとしたお店も、12時を過ぎた頃から次々と客がやってきた。
その客の年齢層の高いこと高いこと。
サラリーマン人生終盤のみなさん、既にリタイアされた方などがメイン。
そんな中、制服姿のOLさんを見かけて、
不意に心が和んでしまった私こそが老いているのだろうか。

さて、最後に肝心の「ひつまぶし」の感想。

うーーーーん。残念ながらリピートはないな。

同じオカネをだすなら「あつた蓬莱軒」で食べたい

というわけで、ここに来たときは迷わず「親子丼(上とり丼)」にしよう。


◇2006年12月の食事記録です。
宮鍵
名古屋市中村区名駅南1-2-13 TEL : 052-541-0760
訪問記録(2006/10) http://picot.exblog.jp/4627949/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-30 22:22 | たびさきにて
竹清 (高松/セルフうどん)
a0029277_1153431.jpg
高松へ日帰りの出張。
今回は社内会議なので、久しぶりの高松支店へ向かう。

早めに羽田に着いたので、出発までラウンジで時間つぶし。
前夜のお客さんとの飲み会の影響か、カラダがポカリを欲していた。

遠くに見える機体は、なんとエア・インディアのもの。
羽田に就航してるんだっけ?それともチャーター??
そういえば10年ほど前、エア・インディアを利用したことがあった。
なかなかスリリングでおもしろかったけれど、できればリピートしたくない。(苦笑)


a0029277_11525291.jpg
というわけで、高松の昼食。
讃岐うどんと、ちくわ天とたまご天。


a0029277_11531462.jpg
セルフのうどんは1玉(140円)。
2玉(200円)でも3玉でも食べられるけれど、理性で自粛。


a0029277_11555524.jpg
天ぷら(各90円)は揚げ立てアツアツ。
たまごの半熟具合も良好なり。


a0029277_1156597.jpg
お店の名前は「竹清」。
犬神家っぽくタケキヨといきたいところだが、チクセイと読む。
hiyokoさん(厳密にはhiyokoさんのご主人Fukunosukeさん)のご推薦だ。

私が到着したちょうど12時頃には、お店の入り口あたりの行列だったが、
食事を終えて外に出るとこんなに長い蛇になっていた。
回転が速いので、スルスルと順番が進んでいくので心配無用。

ところで、讃岐うどんはもちろん本場モノで美味しいのだが、
なんといってもこのお店の"売り"は揚げ立ての天ぷらだと思う。

作り置きのものもあるが、大半はオーダーを受けてから揚げているようだ。
順番を待っている間に、おばちゃんが注文を取りにきてくれ、
出来上がったら適当な席に置いておいてくださる。
(もちろん声をかけてくださるのでご安心を)

テーブルに置いてもらった天ぷら代は、
セルフうどんの清算時に自己申請する仕組み。
自分のトレーにはない天ぷら代を皆正直に支払っていく。

さて、冷えた天ぷらとうどんの組み合わせもオツだと思うけれど、
揚げ立てはやっぱりおいしい。

香川県庁のすぐ近くにあるこのお店。
できれば官庁街がお昼休みに入る前に入店するのが良さそうだ。

◇2006年12月の食事記録です。
竹清
高松市亀岡町2-23  TEL : 087-834-7296

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-30 11:59 | たびさきにて
またもや品切れ・・。 三橋屋(恵比寿/居酒屋)
生ビールも飲みたいが、白いごはんもちゃんと食べたい。
そしてお肉ではなく、和&魚の気分。
それになんといっても財政事情が厳しい時、
この「三橋屋」はとてもありがたい存在だ。

夫婦そろってザンギョーで遅くなってしまった日のこと。
恵比寿駅で夫と待ち合わせ「三橋屋」で晩ごはん。

この日の入店時間は21:30頃。

いつも品切れのメニューがあるので、ある程度は覚悟していたけれど、

がーん!! なんと「ごはん」が売り切れとは。


私たちが席に着くやいなや、
隣席の方の注文で「ごはん売り切れ」がわかり腰砕け。

もちろんマグロ類も全て売り切れてオリマシタ。

うーー、こんなことなら大戸屋にすれば良かったカモ。

次回からは入店時に「ごはんありますか?」と確認せねば・・。

a0029277_10374442.jpg
生中、玉ねぎの天ぷら、たこ酢、アジフライ 2,299円なり。
この後、コンビニで炭水化物をゲットして帰宅。

◇2006年12月の食事記録です。
三橋屋
渋谷区恵比寿南1丁目1-12-101 TEL:03-3713-2839
訪問記録(2006/09) http://picot.exblog.jp/4502527/
訪問記録(2006/07) http://picot.exblog.jp/4104527/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-30 10:37 | ├居酒屋
相変わらずの混雑。 Toshi Yoroizuka (恵比寿/ケーキ)
「光麺」のリベンジをすべく向かったのは「Toshi Yoroizuka」。
せっかく恵比寿に住んでいるというのに、あまり近づかないお店。
2年前のオープン当初の頃だったら日参してただろうに、
鎧塚熱が冷めた頃になってこうやってお近づきになれるとは、
世の中うまくはいかないもんだ。

お店に到着すると、予想通りの行列ができている。
待っているのは十数名といったところ、
小さいショップなので入店制限をしているのだ。

そして寒空の下、テラス席のイートインも大繁盛。
ほんとサロンがクローズしても相変わらずの人気だ。
ミッドタウン(六本木)店がオープンすれば、
このヘンピな場所にあるお店には平穏の日々が訪れるのかしらん・・
なんて思いながら列の最後尾に着き順番を待ちこんなものを購入。


a0029277_9553654.jpg
ババ 430円ほど
ババ発祥の地のレシピ通りに作っているとのこと。
上に乗っているのは栗かと思っていたら乾燥イチジク。
ラム酒のシロップがたっぷりなので、
アルコールが得意じゃないとつらいかも。
オーボンヴュータンのものよりアルコール度数は低いけど。
私は好みの味!リピートしたい。


a0029277_9554691.jpg
シャンティーヌ 430円ほど
栗のケーキ。まーるい味。


a0029277_9555595.jpg
シュークリーム 200円
なぜかネコ先生が激しく反応し、くれくれ星人になってしまった。
栗とラム酒はお嫌いのようだが、シュークリームには反応するのだ。
ちなみに半分に切ったのは撮影のためではなく、
夫とキッチリ半分こするため。(笑)


ミッドタウンにお店ができたら鎧塚氏は六本木付きになってしまわれるのだろうか。
入店整理をされていた店員さんの話では、サロンのデザートを作れる職人さんは
数名いらっしゃるようだけど、やっぱりサロンに鎧塚さんがいらっしゃらなければ、
話にならないだろうし・・・。

早く新店ができてこの混雑が緩和されれば・・と願う一方で、
この小さなお店でケーキを作り続けられてきた鎧塚氏が
いらっしゃらなくなるのもちょっと寂しいと思う冬の日だった。


◇2006年12月の食事記録です。
Toshi Yoroizuka
渋谷区恵比寿1-32-6 アルス恵比寿イスト1F TEL 03-3443-4390
http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-30 09:56 | ぱん&すいーつ
光麺 恵比寿店 (ラーメン)
休日のお昼、久々に「光麺」のラーメンを食べた。
二度目の「光麺」。恵比寿店には初めて行く。

1階のカウンター席はほぼ満席になっていたのだが、
店員さんに「2階へどうぞ」と促され、階段を上がってびっくり。
2Fは大きなディスプレイがあるシアター風の座席。

「光麺」各店舗の宣伝ビデオ(なぜかミライ的ウチュウ的)の合間に
ヒット曲や映画のカウントダウン番組が流れるディスプレイを
皆が見つめながらラーメンをすすっている。

冷静に考えると妙におかしい図。

a0029277_264028.jpg
ランチタイム特典は休日も利用可!うれしいサービス。
夫も私も味付玉子を選ぶ。


a0029277_265260.jpg
夫:熟成光麺(中太ちぢれ麺) 730円
"天下一品"っぽい濃厚な味がするラーメン。


a0029277_27061.jpg
私:つけ麺(平打ちちぢれ麺) 880円
麺は"あつもり"を選択。店員さん曰く「最近、多く出るようになった」らしい。
スープは口に入れた途端「あ、失敗した」と思う味だった。
魚臭く、エグミがある。まったりと濃厚なんだけど、ピントが合わずボケている。
それでも食べ進むうちにだんだんとその味に慣れてくるのが不思議。

でも、もう頼むことは無いなあ・・・。
食べても食べても麺がなかなか減らなかったのは、
イマイチと思いながら食べているせいなんだろうか。
野沢のつけ麺ほど劇的にマズいわけではないが、これは好みじゃない味。

お店を出て夫がぽつり。
「あんたが選んだ"つけ麺"は失敗やなぁ」。

悔しいけれど今回の敗北は明々白々。
さすがに認めざるを得ないなあ。

また早めにリベンジしないと!!


◇2006年12月の食事記録です。
光麺 恵比寿店
渋谷区恵比寿1-9-5  TEL:03-5475-0185
http://www.kohmen.com/
http://www.kohmen.com/shop/ebisu.html (恵比寿店)
初回訪問(歌舞伎町) http://picot.exblog.jp/1159307/
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-30 02:07 | └ラーメン
ロブションのキッシュから「当たり」が出た!?
「とんかつ天津」で晩ごはんの後、恵比寿ガーデンプレイスに寄り道。

そもそも「とんかつ」ではなく「ワインが飲めるお店」を探していた私たち。
結局予約をとることができずに「とんかつ天津」になったのだが、
やはり「ワインは飲みたい」ということで、とんかつの後、
自宅でワインをいただくことにしたのだ。

で、ガーデンプレイスでは、ワインのつまみを調達しにきたというわけだ。
ワインマーケットPARTY、三越百貨店、ロブションをブラブラして帰宅。

夜遅くから、こんなワインをいただいた。

a0029277_2023239.jpg
Chateau Cissac 1994 (1,890円)
もう10年以上経っているのにサラサラ・シャブシャブとした味のワイン。
まあ、値段が値段だし、こんなもんでしょう。


a0029277_20233477.jpg
ワインのおつまみは、リエット、キッシュ、プロシュート。


a0029277_20234314.jpg
バゲットはロブションのパン屋のもの。ミニサイズで使い勝手が良い。
リエットは三越百貨店で購入したエナフ社の瓶詰。
PARTYでも同じものが売っていたが、三越はセール中で100円ほど安かった。
夫は気にいったようだけど、私はイマヒトツ。
DEAN&DELUCAの量り売りのほうが好み。(瓶詰と比べちゃダメだけど)



a0029277_2023527.jpg
キッシュもロブションのパン屋で購入。460円ほど。


ところでこのキッシュ。
どうやら「当たり」だったようだ。


a0029277_20241177.jpg
ほらね。

もしかして賞品があったりして。

・・・ないか。(笑)


◇2006年12月の食事記録です。
Henaff Les RILLETTES (日仏貿易) 
https://www.nbkk.co.jp/stockdetail.asp?productcode=H1-33&mode=brand

LA BOUTIQUE de Joel Robuchon
ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション

目黒区三田1-13-1 恵比寿ガーデンプレイスB1F TEL : 03-5424-1345
http://www.robuchon.jp/info_laboutique.html

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-29 20:26 | ぱん&すいーつ
ナゾが解明、そして新たなナゾ。 とんかつ 天津(目黒区三田)
いつものように、その日の夜のレストラン探し。夫の希望は「ワインが飲める店」。

雨が降り、この冬一番の寒さだったこの日。
外に出る気すらしなかったので、ご近所のお店に手当たり次第電話をかけてみた。

 レスプリ ミタニ、アルカション、恵比寿ダルマット、
 ポブイユ、バルカ、バッフォーネ、サリュー、アイラ

そして案の定、ぜーんぶのお店から
「申し訳ございません。あいにく本日はご予約で満席でございます。」
との丁重なお断りを受けてしまった。

さすがに、もうこれ以上電話をかけるリキがありませーん。
ギブアップして、結局「とんかつ」を食べに行くことにした。

a0029277_19224632.jpg
夫:とんかつ定食(1200円ぐらい)+海老フライ(850円)

a0029277_19225870.jpg
私:お好み二色(1800円ぐらい)
ビール(瓶 500円)にも、ごはんにも合うとんかつ。やっぱりウマい。

さて、ずっと気になっていた
 ・ごはんの盛り(ごはん茶碗の大きさ)に男女差がある
 ・ごはんのお替りが有料か無料か
という問題だが、今回そのほぼ全容が解明された。(←オオゲサ)

この日、ご主人が他のお客さんとお話しされていたのが聞こえてきたのだが、
その内容から察するところ、どうやらこういうルールになっているようだ。
 ・男性のごはん茶碗は大きく、女性のごはん茶碗は小さい。
 ・男性はお替り有料(メニューに料金が明記されている)、女性はお替り無料。
推測するに、ごはんを残す女性が多かったので、
最初は少なめに出すことにしたのではないだろうか。

ちなみにキャベツのお替りは無料。
いつもご主人からお声がけいただけるのでとてもありがたい。

ところで、この日、隣り合わせた女性二人の客。
そのうちの一人が初めての訪問だったようなのだが、
「懐かしい~! 昔ながらのお肉やさんのとんかつの味。おいしい。」
と大きな声で連呼。少々わざとらしかったけど、感激している様子だった。
が、彼女が「ごちそうさま」と席を立った後、そのお皿を見てみると、
一切れにつき一口ずつカジったとんかつが、ズラリと残されている。

なんじゃこりゃ?

ダイエット中なら、とんかつ屋になんて来なければいいし、
マズいと思ったのなら「全切れかじる」なんてことはせずに、
途中で食べるのをやめれば良い。

まあ人それぞれ、好きなように食べれば良いんだろうけれど、
何度も「美味しい」と声高に叫んでいらっしゃった方と、
こういう食べ方をされた方が同一人物というのが理解不能なのだ。

ご主人のお話によると、ここのとんかつはラードで揚げていらっしゃり、
少なくとも2回、油の交換をしていらっしゃるとのこと。

ご主人もちょっと変わったヒトだけど、
大事にとんかつを作っていらっしゃるのがわかるだけに、
この女性客の残された皿は、なんとなく良い気分がしなかった。

それにしてもナゾだよなー。


◇2006年12月の訪問記録です。
とんかつ 天津
目黒区三田2丁目8-1  TEL : 03-3793-5040
これまでの訪問記録 2005年11月2006年6月2006年7月2006年9月

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-12-29 19:23 | ├とんかつ