<   2007年 04月 ( 36 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


ハイアットリージェンシー京都 THE GRILL(ザ・グリル)でサンデーブランチ
学生時代の友人Aちゃん、Dちゃんと京都で会うことになった。
伊賀上野に住むAちゃんとは昨夏の「室町和久傳」以来、
四日市在住のDちゃんとは今年1月の「ラ・クロッシュ シェフズルーム」以来の再会だ。

お店のアレンジを任された私。これまで何度となく予約にトライしている
「草喰 なかひがし」を真っ先にあたったが、4月の週末は全て満席でNG。
同じく予約の取れないイタリアン「イル・ギオットーネ」は、
よりにもよって東京遠征中(どこかのデパートのイタリア展出店)で休業中。
その他、気になる和食店数軒に電話をかけてみたがことごとく満席。
はー、一ヶ月前の予約ですら、このようなサンザンな結果。
観光シーズンだし、全国から京都に人が集まっているんだろうなあ・・。
あらためて京都の人気の高さを再認識してしまった。

というわけで、困りに困った末、選んだのはホテルのブランチ。
「なんで京都に行ってまで、ホテルのレストランで済まさにゃならんのだ?」
とも思ったけれど、皆、関西人なわけで、京都は日常の範囲。
ゆっくりと過ごせることを最優先に、選んだお店は・・・


a0029277_1052838.jpg
ハイアットリージェンシー京都「THE GRILL(ザ・グリル)」
三十三間堂のすぐそば、お庭の緑がとても美しいホテル。
(お庭の写真を撮りそびれてしまった・・残念)

このあたりは同じ奈良出身のDちゃん(高校・大学が同窓)と私にとっては、
高校受験、大学受験を思い出す懐かしいエリア。
当時、奈良には目ぼしい私学がなかったため(現在の事情はわかりません)、
奈良の受験生は県外の私学を受験するケースが多かったのだが、
この近辺にある某私学は高校大学ともリーズナブルな受験料&授業料なので、
一般庶民が受験をするには最適なトコロだったのだ。
(どーでもいい話ですが、Dちゃんも私もこの私学には進んでおりません。)

「しっかし、ハイアットリージェンシーなんてホテル、昔っからあったっけ?」
とフシギに思っていたが、どうやらもともとは「京都パークホテル」とのこと。
だから内装はモダンに仕上げてあるが、建物自体は昔ながらの古くさい(!)まま。
まあ、その古くさい建物も京都っぽくっていいのだけれど。


a0029277_1053446.jpg
開店と同時に入店した私たち。
再会を祝ってスパークリングワインで乾杯し、食事をスタート。

こちらのブランチメニューは
THE GRILL BRUNCH 3,950円(サービス料10%、消費税別)

 グラス オブ スパークリングワイン

 アペタイザー ブッフェ(お好きな前菜をブッフェから)

 チョイス オブ メインディッシュ(4種類から選択)
  ・京都日吉ポークのグリル ソーセージ 玉ねぎのロースト
    キャロットグラッセ クミン風味 グリーンペッパーソース
  ・鴨のコンフィ ロメインレタスのベーコン包み焼き シャスールソース
  ・京都中央市場より 本日の鮮魚のグリル
    フレッシュグリーンピース カリフラワー ベーコンヴィネグレット
  ・ステーキフリット、カフェド・パリバター

 デザートブッフェ(お好きなデザートをブッフェから)

 コーヒー 又は 紅茶
というもの。
ブランチは土日のメニューになるのだが、私たちは日曜に訪問。
土曜は1,000円ほどお安くなるので、土曜のほうがオトクっぽい。

あ、そうだ。アルコールがダメなAちゃんはソフトドリンクにチェンジ。
大ぶりのコップになみなみと注がれた烏龍茶が出されていた。


a0029277_10532255.jpg
アペタイザー ブッフェ


a0029277_10533128.jpg
私がいただいた前菜たち。


a0029277_10534038.jpg
テーブルに置かれた大きなパン。
グリッシーニはアペタイザーブッフェのテーブルから取ってきたもの。
とーっても長くて、おもしろい。


a0029277_10535183.jpg
メイン(Dちゃん):鴨のコンフィ
初めて見る"ロメインレタスのベーコン包み焼き"が気になる。
巻いて焼けばいいだけなんだろうか?一度マネしてみたい。


a0029277_1054176.jpg
メイン(Aちゃん、私):真鯛のグリル
ボリューム満点の鯛。皮はパリっと身はジューシー。


a0029277_1054910.jpg
デザートブッフェ
最初から気になりまくっていたデザートたち。
見ているだけでウキウキ、ワクワク。


a0029277_10541895.jpg
紅茶と一緒にいただいたデザート。
あっさりしたデザートが多く、私の好みとは違うものだったけれど、
味があっさりしていた分、まだまだ余裕でイケそうだったが、
ここで理性をもってストーップ。
だって私の上を行く大食いDちゃんも2皿でガマンしていたし・・。


◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇  ◇◇◇


さて、お味の印象は「普通に美味しい」というもの。
特別に美味しくもなかったけれど、決してマズいわけでもない。
いろいろなお料理が出されていた割には単調、平板な印象を受けた。
ホテル、それもロビー階にあるラウンジ・レストランだから、
誰からも嫌われない味を目指しているのかもしれない。

ただ、緑溢れる庭園を見渡せる開放的な空間で、
ゆったりと食事ができるのはポイントが高いと思う。

また、一番印象に残ったのは、ブッフェの美しさ。
お料理が少しでも乱れると、あっという間にお皿が交換されるのだ。
こういうブッフェでは、いくらそのお料理が美味しかったとしても、
ヒトが荒らした後の残骸を見せ付けられると興ざめになってしまうが、
こちらは常に美しさがキープされているので、優雅な気分でブッフェを楽しめる。

遠くの地から京都に来られる観光客の方が選ぶべき食事ではないかもしれないが、
お料理自体にコダワリがない方や、三十三間堂に来られるついでがある方には、
ゆったりと寛いで食事ができるお店として利用価値があるのではないだろうか。

なんといっても、京都の中心からちょっとハズれた地。
あまり混雑していない(人気が無い?)ところも、私にはとても良かった。



◇2007年4月の食事記録です。
ハイアットリージェンシー京都 THE GRILL(ザ・グリル)
京都市東山区三十三間堂廻り644-2
TEL : 075-541-1234(ホテル代表)、075-541-3203(THE GRILL)
ホテル http://www.hyattregencykyoto.com/
ザ・グリル http://www.thegrill.jp/

食後に起こったイマイチな出来事 (ただいま準備中)

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-30 10:54 | たびさきにて
「ラ・テール」の苺ショートとミルフィーユ 
ゴールデンウィーク初日。
買い物に出かけた秋葉原でたまたま通りがかったお店で昼食をとった後、
休日出勤をする夫とわかれて渋谷の街をウロウロ。
目当ての商品がみつからなかったので、ケーキを買って帰ることにした。

NAOKIが渋谷のデパ地下に出店したとBP嬢から聞いていたので、
久々にNAOKIのケーキを食べようと思ったのだが、
どこのデパートに出店していたか思い出せない。

だんだん面倒になって、結局いつものフードショウでお買い物。

a0029277_0275785.jpg
苺ショート(378円)とミルフィーユ(399円)。
どちらも400円しない商品なんだけれど、ちゃんと美味しくて満足。
欲を言えばミルフィーユのパイがしんなりしてしまっているのが難点だけれど、
お昼に買ったケーキを深夜に食べているのだからしょうがない。
パイの味自体は香ばしくて好みのものだったので、
いつか出来立てホヤホヤをいただいてみたいと思った。

さて、このやさしいケーキは「ラ・テール」のもの。
お客さまへの手土産に、よくここの焼き菓子を使っている。
美味しくて、パッケージも可愛らしいのに、お値段はそんなに高くない。
おまけに店員さんはみんなキュートで丁寧な接客をされるので、
気持ちよく買い物ができるのだ。

自宅用にはこれまでパンぐらいしか買ったことがなかったのだけど、
今後は生ケーキもどんどん買ってしまいそうだ。


◇2007年4月の食事記録です。
ラ・テール
http://www.laterre.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-30 00:28 | ぱん&すいーつ
高松駅でモーニングうどん
せっかく高松まで来たのだから、やはり「うどん」を食べずにはいられない。
1泊2日の出張初日はうどん屋に行く時間をつくれなかったため、
東京に戻る日の朝、「モーニングうどん」をいただくことにした。

宿泊した「高松東急イン」(宿泊記録はこちら)のフロントで、
早朝から営業しているお店を紹介してもらい、駅方面に出かけてみたのだが・・・


a0029277_9332496.jpg
カゲもカタチもございません。
再開発エリアになっているのだろうか、いくつかの古くて小さな建物を残し、
このあたり一帯はサラ地になってしまっていた。


a0029277_933359.jpg
道路脇に掲示してある地図には「井筒製麺所」の文字。
そう、私が目指していたうどん屋は「井筒」というお店だった。
ネットの情報によると2007年2月9日にお店を閉められたようだ。
ちなみに「井筒」は写真の青く囲んだところにあり、
上の写真は赤丸印のところから「井筒」方面を撮影したもの。


a0029277_9334754.jpg
気を取り直してJR高松駅へ。
こうなったら駅構内にある「連絡船うどん」を食べに行こうと決めたのだ。
このお店は「立ち食い」。その一点が私にはイマイチだったのだけれど、
まあ、食わず嫌いは良くないし、これが機会と出かけてみた。


a0029277_9335684.jpg
上の駅の写真のドーム型駅舎の右隣の隙間の奥のほうに店舗がある。
駅の構内からも、外からもお店に入れるようになっている。


a0029277_934570.jpg
到着した時間が早すぎたので、駅をプラプラしながら開店を待った後、
7時15分の開店直後にお店に入ると、既に駅構内側のカウンターに2名の先客。
駅構内で食べるスペースのほうが広く、外から来る客のスペースは狭い。
ま、外にはいくらでもうどん屋があるのだから当然のことか。

いただいたのは、きつねうどん(350円)
最初はかけうどん(300円)を注文したのだが、なんとなく"きつね"を追加してしまった。
味は普通。だしはしょっぱめ、麺もフツー。
駅構内で食べるならともかく、わざわざ来なくても良さそう。
"ぶっかけ"のほうが良かったのかなあ・・と思ったが、
カラダが温かい汁物を欲していたのでしょうがない。

ところでJR駅構内にあるのに「連絡船」というのはフシギなネーミングだが、
かつて就航していた「宇高連絡船」のデッキで販売され、
人気のあったうどん屋をひきついでいるらしい。
高松支店の同僚も、連絡船のうどんは美味しいと言っていた。


a0029277_939477.jpg
モーニングうどんを済ませ、ホテル方面に戻る道すがら、
「味名登屋(みなと屋)」といううどん店を発見。
先に「井筒」をさがし歩いていたときに近くを通っているのだが、
すっかり見落としていたようだ。

そしてどうやらこのお店も早朝から営業されているようす。
店頭にはセルフのかけうどんが150円という表示。
・・・うーん、こっちを試せばよかったかな。


◇2007年4月の食事記録です。
連絡船うどん
香川県高松市浜ノ町1-20 JR高松駅構内 TEL : 087-851-2213


[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-29 09:34 | たびさきにて
再訪 中国料理 花梨 (全日空ホテルクレメント高松)
2ヶ月ぶりの高松出張は某国首相の訪米の日。
朝、特別機と富士山の火口を眺めながら羽田から高松に移動。
*旅の記録はこちら http://bonvoyages.exblog.jp/6786108/
お昼は「何はなくとも讃岐うどん!」という気分だったのだけれど、
うどん屋を探す時間の余裕がなく、お手軽にホテルの中華ランチをいただいた。

a0029277_851797.jpg
中国料理 花梨
高松駅前にある「全日空ホテルクレメント高松」2階にあるレストラン。
2月の出張でランチをいただいて以来、2度目の訪問となる。
*前回の記録はこちら http://picot.exblog.jp/5101588/


a0029277_8511717.jpg
日替わりランチ 1,000円(税・サ込み)
この日のメニューは「揚げ豆腐の醤油煮込み」。
ふんわりシュワワとした揚げ豆腐の食感も、味付けも良かった。
欲を言えば、具の中華ハム(八角の香りただよう本格的なもの)を
もっといれてほしかったけど、ホテルランチでこの値段なので、
もちろん十分満足。


a0029277_8512989.jpg
何せ、デザートまでついて1,000円ポッキリっすから。
お茶は冷温二種類から選べるし、言うことなし。


この日も女性従業員さんは皆愛想がよく気持ちよく食事ができた。
が、男性従業員さんは相変わらず・・・。

このレストランに限らず、ここのホテルの若い男性従業員は総じてエラソー。
客への態度、女性従業員とのやりとりを見ていると、
「このにーちゃん、何かカンチガイしてるんちゃうか?」と毎回思う。
自分がサービス業の最前線にいることを理解しているんだろうか、
ある意味フシギだ。

こんなことを書いているうちに、ふと学生時代に読んだ(読まされた?)
「階級」に関する書物の一節を思い出した。
高級デパートの売り子は、高い階級の客ばかりを相手にしているうちに、
自分自身も高い階級の一員になったと勘違いしてしまうという内容・・・だったような。

うーん、あかん。すっかり忘れてしまっているぞ。

◇2007年4月の食事記録です。
中国料理 花梨
高松市浜ノ町1-1 全日空ホテルクレメント高松2階 TEL : 087-811-1111(代表)
http://www.anaclement.com/03rest/02karin.html
訪問記録(2007/02 ランチ) http://picot.exblog.jp/5101588/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-29 08:52 | たびさきにて
ホテル・葉風泰夢の朝食 桃谷樓特製点心ブッフェメニュー
広島・大阪出張にひっかけて、奈良のとあるフレンチレストランに出かけた。
奈良に住んでいたころは月1ペースでお世話になっていたお店。
東京に越してきた今も、機会を見つけて訪問し続けているお店だ。

そのレストランを訪問するために予約した「ホテル・葉風泰夢」。
近鉄新大宮駅(奈良駅より1駅大阪より)の目の前にあり、
[ツインルーム1泊1室朝食付き 10,500円]という破格の料金。

ホテルの名前もイケてないし、値段も安いし、そんなに期待していなかったが、
高い年齢層のホテルマンに支えられたちゃんとしたホテルだった。
*ホテルの記録はこちら http://bonvoyages.exblog.jp/6789681/

そんなホテルでいただいた朝食はこんなもの。

a0029277_2339497.jpg
朝食 桃谷樓特製点心ブッフェメニュー
 ・中華粥(蒸し鳥、チャーシュー、ザーサイ、梅干、奴葱、山クラゲ、豆板醤添え)
 ・スクランブルエッグのキノコ入り甘酢ソース掛け
 ・桃谷樓特製焼麺
 ・自家製中華パン(テンメン醤添え)
 ・フレッシュサラダ
 ・自家製杏仁豆腐
 ・コーヒー、ほうじ茶
 *ホテルのホームページで詳細をチェック
    ⇒ http://www.nara-halftime.com/peach01.html


蒸し器に入ったアツアツの中華パンは、ホテルの従業員の方が取り出して、
テンメン醤をつけた上でテーブルに運んでくださる。
ほんとは食べるつもりがなかったのだけれど、断るのも申し訳なくて、
サラダとスクランブルエッグをはさんで食べたら結構イケた。

この後、京都のホテルでのブランチが控えていなければ、
ぜったいお替りしたのになあ・・・。


◇2007年4月の食事記録です。
ホテル・葉風泰夢
奈良市芝辻町2-11-1  TEL : 0742-33-5656
http://www.nara-halftime.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-28 23:40 | たびさきにて
三井アーバンホテル大阪ベイタワーの朝食
大阪出張で利用した「三井アーバンホテル 大阪ベイタワー」。
弁天町という少々ヘンピな場所にあるこの高層ホテルは今回が初めての利用。
(ホテルの記録はこちら http://bonvoyages.exblog.jp/6787871/ )

朝食は
 ・洋食バイキング(51階「エアシップ」)
 ・和定食(20階「礒風」)
の2種類。

どっちにしようか迷ったが、前日に宿泊していた同僚から
「バイキングが結構充実していたよ」という報告を受けたので、
私もそちらを選んでみた。



確かになかなかの品揃え。
洋食も和食もあったので、どちらも試してみた。

高級シティホテルのブッフェに比べると「それなり」の内容かもしれないけれど、
このホテルのカテゴリー(シティホテルとビジネスホテルの中間?)だと
十分な内容じゃないかなあ。
a0029277_19101272.jpg珍しいところではシリアルやヨーグルトソース、ドライフルーツの種類が多かったし、チーズや生ハム類もちゃんと準備されていたし。
韓国や中国(台湾?)からの観光客が多いようなので、これからアジア系の朝食も揃えていると尚うれしい。(欲張り?)
ちなみに座ったのは最奥のコーナー。最初に案内されたのは別のテーブルだったけれど、窓際席が空いているのを発見し、席を変えていただいた。

あとこちらのサービスで嬉しかったのは、コーヒーをお部屋に持ち帰れること。お部屋で寛ぎながらコーヒーをいただけるのは、とてもうれしい。


◇2007年4月の食事記録です。
三井アーバンホテル 大阪ベイタワー
大阪市港区弁天1-2-1  TEL : 06-6577-1111
http://www.osaka-baytower.com/


*おまけ* この日、未明の北新地。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-28 19:13 | たびさきにて
アンデルセンのサンドウィッチ、ドトールコーヒー(広島駅)
a0029277_18274741.jpg「八昌」で広島風お好み焼きをいただいた翌朝、広島から大阪へ新幹線で移動。宿泊したホテルの朝食ブッフェはパスし、車内で簡単に朝食をとることにした。
いただいたのはドトールのコーヒー(M 230円)アンデルセンのサンドウィッチ(273円)。ともに新幹線駅構内の売店で買うことができるのでとても便利。せっかくアンデルセンの本拠地に来ているのだから(アンデルセンは広島に本社がある)、久しぶりにアンデルセンの本店で朝ごはんをいただこう思っていたのだが、ホテルでウダウダしていたら時間がなくなってしまった・・。
でもこのサンドウィッチもとても美味しくて、何より安い。品川駅のアンデルセンでもこの値段で売ってくれるとうれしいのだけれど。

◇2007年4月の食事記録です。
アンデルセン エクスプレス店(広島駅)
JR広島駅新幹線口2F構内 TEL : 0120-348817
http://www.andersen.co.jp/
ドトールコーヒーショップ JR広島駅新幹線口店
JR広島駅新幹線2Fラッチ内  TEL : 082-568-8008
http://www.doutor.co.jp/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-28 18:27 | たびさきにて
八昌 (広島風お好み焼き/広島)
a0029277_711624.jpg
広島のお客さまをお招きした年度始めの宴席(一次会&二次会)が終わった後、
東京からお出でいただいたお客さまのご希望でお好み焼き屋にGO!!
某社の取締役専務でいらっしゃるこお客さまのアテンドは、
上司2名にまかせる算段だったが、なんだかんだで拉致されてしまい、
結局ペーペーの私までご一緒させていただくことに・・。
ま、この段階で既に全員が単なる酔っ払い状態になっていたので、
気遣いも何もあったもんじゃなかったのだけれど・・。(お客さま、スミマセン)

さて、4人でタクシーに乗り込み向かったのは薬研堀にある「八昌」。
住所を言わなくともこのお店の名前だけで大丈夫という有名店。
広島支店の同僚からは
 「広島で一番の人気店で、行列ができていることが多い。
  ただ、綺麗なお店じゃないので接待には向かないかも。」
と聞いていたお店だ。

人気店ということで順番待ちを覚悟していたが、
時間が遅かったせいか座敷席が空いていて早速4人で鉄板を囲む。
お好み焼きが出てくるまでの間、生ビールを飲みながら周囲を見渡すと、
壁中に有名人や一般人の落書きだらけ。
せっかくなんだし私も何か書き残してくればよかったなあ。(迷惑?)

さて、いただいたのは、とん平焼き2枚、広島焼き3枚。
あと生ビールを一人2~3杯を飲んだだろうか・・・。

もう一度書くが、これは三次会。

どう考えても注文しすぎで、おなかパンパン、はちきれそう。
これでも石ちゃん似の上司がアホほど注文しようとするのを制した結果。
上司を放っておいたら、鉄板に隙間無くお好み焼きが並んでいただろう。

もちろんここでいただいたお好み焼きはとても美味しく、
お客さまにも満足いただけたようでホッと一安心した広島の夜だった。


ちなみに、行きのタクシーの運転手さんは、
 ・どのお店で食べても一緒。たいてい美味しいので大丈夫。
 ・味の違いはソースの違いだけ。主流は「オタフク」「ミツワ」「カープ」。
と言い切っていらっしゃっていた。
どうやら、お店の前に立っているソースの幟(のぼり)をチェックし、
お店を選ぶのがが良いということだ。

よし。次回は好みのソースのお店に出かけようっと!

とはいえ、「オタフク」しか知らない私はどうすればいいのやら・・。


◇2007年4月の食事記録です。
八昌
広島市中区薬研堀10-6  TEL : 082-248-1776
http://gourmet.yahoo.co.jp/0005601420/M0034000334/ (Yahoo!グルメ)

ビックリ!経堂にも暖簾分けをしたお店があるようだ
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000883780/P051251/


*おまけ* 就寝前のデザート。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-28 07:26 | たびさきにて
お粥家 周荘 (中華料理/広島)
関西勤務の頃、月1のペースで広島に通っていた時期があったが、
担当業務が変わったこともあり、滅多に広島には行かなくなってしまった。

そんな中、久しぶりに広島へ出張することになった。
まずは羽田空港第2ターミナルのカードラウンジで腹ごしらえ。
a0029277_6172889.jpg
無料の飲み物と朝だけサービスされるくるみパン。
パンは"ひとり2個まで"とのこと、でも謙虚な私は1個だけいただいた。
そういえばこの無料パン、以前はクロワッサンがサービスされていたが、
最近はずっとくるみパンが出されている。
たまにはクロワッサンも出していただきたいなあ・・
と思う私は、やっぱり謙虚じゃないな。(苦笑)


a0029277_6174161.jpg
広島に到着し、広島支店の同僚に教えてもらったお店でお昼ごはん。
ほんとなら"広島ならでは"の食べ物をいただきたかったが、時間の余裕が全くなく、
バスセンターそばの中華料理店「周荘」に駆け込む。

このお店、どうやら関西のあちこちで見かけるベトナム料理店「ベトナムフロッグ
同じ系列のようだ。なんとなく懐かしい・・・。



本日の日替りセット「周荘風 鶏肉と山芋の四川蒸し」 850円
"四川蒸し"という料理名を見て、きっとあっさりした食べ物だろうと思っていたが、
一旦揚げた食材を蒸してあってボリューム大。
衣がぶよよんとなっているのが、個人的にちょいとイマイチだった。
お粥のセットにすればよかったなあ・・。


ところで広島では"ねぎそば"が流行っているらしい。
自社の役員と鉢合わせしそうだったので泣く泣くパスしたが、
次回はぜひ一度食べてみたい。


◇2007年4月の食事記録です。
お粥家 周荘 広島パセーラ店
広島市中区基町6-78 基町クレドパセーラB1F   TEL : 082-502-3361
http://www.gnocchi.co.jp/shop2/shuso/hiroshima/



[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-28 06:18 | たびさきにて
オフィスに1本!? クルスカンポ
a0029277_2241067.jpg
Cruzcampo(クルスカンポ)」。
隣のグループが担当するお客さまがくださったスペインビール。
ラッキーなことに、私も1本おこぼれをいただけた。

いただいたビールを家に持ち帰ることもせず、
オフィスの机にビール瓶を置き、それを眺めながらシゴトする私。
この赤いラベルが、仕事中のブルーな気分を吹き飛ばしてくれそうで。(^^)

・・・でもそのうち、ついつい手を伸ばしてしまうカモ。


◇スペイン旅行記連載中のfさまのブログ「汎著巣旅行記」でこのビールを発見。
 「バルのハシゴ en Madrid (3月25日)」から取り急ぎトラックバーック!


Cruzcampo
http://www.cruzcampo.es/ (スペイン語)

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-04-27 22:05 | のみものいろいろ