<   2007年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


そば処 藤屋 (目黒区三田)
しながわ翁」も「三合菴」も、残念ながら今日は休業日。

昨年お世話になった「卯月」でも構わなかったんだけれど、
せっかくなので恵比寿のお蕎麦屋に行ってみようということで、
今夜は有名ドコロの「松玄」に出かけるつもりだった。

が、外の寒さに耐えかねてクルリと方向転換して出かけたのは、
(たぶん)我が家から一番ご近所、目と鼻の先にある小さなお蕎麦屋さん。
もちろん引っ越してきた当初から、そのお店の存在は知っていたが、
これまで訪問したことは一度もなく、折しも2007年最後の日の「初詣」となった。


a0029277_22443598.jpg
そば処 藤屋
恵比寿と目黒の中間点、さほど人通りが多くない通りに、
ひっそりとある地味なお店だが、さすがに今夜は超満員。
ホールには店員のおばさん達がたくさんいらっしゃったのだけれど、
今日だけのお手伝いなのか全く慣れておらず、
間違ったテーブルにお料理を運ぶこと多数。
でもそれに腹が立つわけでもなく、しょうがないなあ・・(苦笑)という感じ。
そんな雰囲気の店内で少し順番待ちをして、相席のテーブルにつく。

大晦日だしメニューを絞っているかと思ったらそうでもなく、
売り切れている品はあるものの、レギュラーメニューが全て注文OK。
でも、深夜に自宅で「年またぎのプチ宴会」をするつもりだったので、
つまみを注文することもせず、軽くお蕎麦とビールだけをいただいてきた。


a0029277_22444941.jpg
天せいろ 1,100円
夫は大盛り(+100円)、私は普通盛りを注文した天せいろは、
お蕎麦自体ははスッキリとしていてなかなか美味しかった。

でも、庶民派天ぷら(油がちょっと・・・)と、
つゆの味(ちょっとピントがボケている・・・)が、いまひとつな印象。

いや、海老、かぼちゃ、小さなかきあげ、ししとうの天ぷらと、
一品(あんかけ温奴)がついてこのお値段だし、文句はない。
普通のお蕎麦屋さんのお蕎麦だし、こんなもんだろう・・といった感じかな。

あ、そうだ。
そばつゆは、天せいろ用に調整されたものかもしれない。
だから「ボケた味やなあ・・」と思っただけで、本当のそばつゆの味は
もっとちゃんとしているかもしれないことを付け加えておこう。
(個人的にはそばつゆと天つゆが別々のほうが嬉しいんだけれど・・。)


ところで、お酒をおかわりすることもなく、サクっと食べてサッさと店を出た私たち。
お店の前の信号を渡り、真っ先に二人が口を揃えて言ったのは、

「隣の客が最悪やったなあ・・・」

そっか、やっぱりそう思ったよね。
申し訳ないけれど、私は生理的にダメなんです、はい。

うー、やっぱり遠くても「松玄」にしたほうが良かったのかなあ。
2007年最後の食事がプチ後悔ムードの食事になるとは、不覚ですわい。

というわけで、皆さま今年もお世話になりました。
最後まで「正直」ベースの食事記録だったため、
なんだか盛り上がりに欠けるラスト記事になってしまい申し訳ない!
最後ぐらい、今年を象徴する一文字「偽」に倣ってみても良かったのかもしれませんが、
年明け早々には、お口直しの軽い記事をアップさせていただきますのでご容赦くださいませ。


・・とまあ、こんな「思ったまんま、ポリシーのない雑食記録」ではございますが、
また来年もどうかよろしくお願いいたします。


◇2007年12月の記録です。
そば処 藤屋
目黒区三田1-11-26 TEL : 03-3712-6839
http://meguroku.com/shop/shop.php?group=24&shop=10


さ、ガキツカの途中だけど、そろそろ初詣に行ってこよ。
(紅白とジルベスターコンサートは録画中だよーん♪)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-31 22:44 | ├和食・郷土料理
大晦日のお昼ごはんはケンタッキー♪
a0029277_15501838.jpg
いよいよ2007年も最終日。帰省土産や年越食材を買いに出かけたり、
静まり返ったオフィスに忘れ物(=現金!!)を取りに行ったり、
そんなこんなで過ぎていこうとしている今日のお昼はケンタッキー。

ほんとは「とんかつすずき」に行ったのだが、やっぱり今日はお休み。
しょうがないのでそのまま車を流して目黒に出て、
駅前のケンタでテイクアウトしたというわけだ。


a0029277_15502792.jpg
粗挽き黒胡椒チキン 220円(主に夫)
豊かな薫りと強い辛さを持つ粗挽きの黒胡椒を利かせた衣の揚げたてチキンに、さらに薫り高い粗挽きの黒胡椒を1ピースずつ丁寧にふりかけて仕上げた、KFCならではの店舗で手づくりする辛口チキンです。チキンの深い旨みを引き出す、ブラックペッパーのピリッとした辛さと薫りがやみつきになる新しい辛口のおいしさです。
12月26日に発売されたばかりの期間限定メニュー。
名前の通り胡椒が効いていて、ビールがほしくなる味。

*クーポン http://www.kfc.co.jp/extra/extra17.html
 粗挽き黒胡椒チキン2ピース 400円(2008年1月9日まで有効)


a0029277_15503975.jpg
オリジナルチキン 210円(主に私)
国内産ハーブ鶏を100%使用し、専用の圧力釜で最高185℃約15分間の高温高圧調理をしています。安心のおいしさを追求したケンタッキーの伝統の味です。※チキンの形状と組み合わせは、写真と異なる場合がございます
夫に黒胡椒チキンを取られたので(!!)、
私はいつものチキンをいただいたのだが、
細かい骨(あばら?)が入った部位で食べにくいー。
自宅だから良かったものの、外だったら相当苦労しただろう。

*お試しクーポン付きクイズ http://www.kfc.co.jp/safety-safe/index.html
 オリジナルチキン3ピース 500円(2008年2月7日まで有効)


ところで、これまでケンタのチキンの部位と言えば、
「サイ」と「ドラム」の2種類しかないと思い込んでいたのだが、
ホームページを見てみるとなんと5種類もの部位があるようだ。
次は指定して買ってみようかなあ・・・。
 ⇒詳しくはこちらへ http://japan.kfc.co.jp/qa/kfc.html#A01


a0029277_15505537.jpg
ネコ先生も興味シンシンの本日のメイン(?)はこちら。


a0029277_1551770.jpg
チキンフィレサンド 350円(夫と私、1個ずつ)
国内産チキンのフィレ一枚肉をぜいたくに使い、シャキシャキの新鮮レタスと一緒に、香り豊かな全粒粉パンでバランスよくサンドしました。
シャキシャキとしたレタスもたっぷり入り、
チキンの身も分厚くてジューシー。
久しぶりのフィレサンドだったけれど、やっぱりおいしいねぇ。

最近頻繁に流れている加藤ローサちゃんのテレビCMの影響をモロに受け、
今回の選択となったのだが、十分満足できるランチとなった。


a0029277_15512250.jpg
今晩はお蕎麦をいただいて、年越しにはシャンパンを開栓予定。
ついさっき、大丸ピーコック三田伊皿子店で買ってきたばかりのシャンパンは、
帰宅後すぐに冷蔵庫に放り込まれ、今夜の出番を待っている。


◇2007年12月31日の記録です。
ケンタッキー フライドチキン 目黒店
品川区上大崎2-27-1 TEL : 03-5436-7078
http://www.kfc.co.jp/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-31 15:51 | ぱん&すいーつ
末広亭前「かっぺ亭」、1951年創業 新宿の老舗居酒屋「どん底」
今年最初の忘年会は11月下旬の開催となった。

メンツはいろんな企業に勤める同世代の会社員たち約10名。
約1年前、とある事情により共に苦しみ、
またその苦しみを分かち合った戦友たちだ。(←少々誇張気味)

a0029277_23482048.jpg
そんなメンバーとの忘年会会場は新宿三丁目にある
創作和食ダイニング ビストロ かっぺ亭」というお店。

もらったメールには「末広亭の真ん前だからわかりやすいよ」と書かれていたけれど、
そもそも末広亭なんて行ったこともない私には全くもってナゾの場所。
『新宿三丁目ってことは、もしかして゛組合員”さんがたくさんいるエリア?』
とウキウキしていたところ、「それは二丁目」と速攻訂正されてしまった。(恥)

さて、お店自体は普通の居酒屋。
シゴトの都合で遅刻したけれど、食べるものは十分残っておりました。


創作和食ダイニング ビストロ かっぺ亭
新宿区新宿3-10-3  TEL : 03-3350-5944
http://r.gnavi.co.jp/g050602/ (ぐるなび/クーポンあり)


a0029277_23483958.jpg
一次会は無事に終わり、当然のように全員が二次会へ。
新宿近辺に勤める男性が案内してくれたのは、
どん底」というインパクトあるお店。

イナカもんの私でも、どこかで聞いたことがあるような気がしていたのだけれど、
お店の前で10分ほど待ったあと、3階フロアへ通されたところ、
たくさんの著名人が映った古い写真パネルに目が釘付け。

やっぱり歴史あるお店だったんだ、ココ。

このお店ではシェリーとスペインワインをいただいたのだけれど、
合間に味見させてもらった「どん底カクテル」や、
メニューにずらりと並んだ古くさいカクテルメニューがおもしろい。
あと、食べ物ではチーズたっぷり、アツアツのピザがおいしかった。



新宿 居酒屋 どん底
新宿区新宿3-10-2  TEL 03-3354-7749
http://www.donzoko.co.jp/


a0029277_23485680.jpg
それにしても新宿っておもしろい。
これまでは「新宿=チェーン居酒屋の巣窟」というイメージしか
なかったのだけれど、これは偏見だったと反省しきり。
さびれた路地裏とか古びた小さなお店とか、もうドキドキわくわく。
同僚や友人とは新宿で飲む機会が滅多にないのだけれど、
新宿に詳しい人を見つけて、ディープな新宿を案内してもらわないと!

あ、もちろんその時は二丁目もネ♪♪ 


◇2007年11月の記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-30 23:54 | ├居酒屋
焼肉京城 恵比寿店
私の名古屋出張の数日後、今度は夫が名古屋へ日帰り出張。
名古屋ってほんと景気が良いだぎゃー。

さて、夜は恵比寿で待ち合わせ、晩ごはんを食べて帰ることにした。
ずっと狙っているタイ料理屋に行こうとしたが、小さなお店はお客でいっぱい。
そのあたりをぐるぐると何度も周ってみたけれど、
満席状態は変わることがなく、あきらめて別のお店に入ってみた。


a0029277_1320921.jpg
焼肉京城 恵比寿店
恵比寿駅近く、ラブホに囲まれたディープな場所にある焼肉屋さん。
「焼肉屋にいる男女二人客はデキている」
そんな昔の“定説”を、今の若いヒトタチは知っているんだろうか。


a0029277_13195534.jpg
生ビール(中ジョッキ) 630円
シゴト終りの私は、やっぱりコレでスタート♪


a0029277_13202121.jpg
新幹線車内で缶ビールを飲んできた夫は生レモンサワー。


さあ、そろそろお肉をいただきましょか。
なんといっても、松阪肉牛・近江肉牛販売指定店!
A5級のお肉をガンガンいきましょう。


a0029277_13203342.jpg
タン(タレ or 塩) 1,000円
上タンもあったけれど、身の丈に合わせて普通のタンを塩で。
脂の少ないサッパリ系。


a0029277_1321024.jpg
ロース(タレ or 塩) 1,200円
もしかしたらカルビかも・・・。


a0029277_13212612.jpg
カルビ(タレ or 塩) 1,200円
もしかしたらロースかも・・・。


a0029277_13214482.jpg
ハラミ(タレ or 塩) 1,200円
これはきっとハラミで正解。


a0029277_132246.jpg
ミノ(タレ or 塩) 630円
変わったミノ。


a0029277_13221735.jpg
ジュージューと焼く。


a0029277_13223133.jpg
サンチュ 550円、ライス 300円
メニューにはライス(300円)と半ライス(200円)があったのだが、
韓国語は上手だけれど、日本語が少し怪しい店員さんから
「ライスは"中"でいいですか?」と確認される。

とりあえず「はい」と答えたのだけれど、
それは300円のライスのことだったのよね。


a0029277_13225745.jpg
ライスを早々に注文したのは、
エレベータ内にこんな張り紙があったから。


a0029277_13224782.jpg
マッコリ(大) 1,200円
1杯目のお酒を飲みほした後は、夫婦そろって好きなマッコリをいただく。
(小)サイズもあったけれど、勢いでどどんと(大)を注文。
比較的甘みの少ないマッコリだった。


a0029277_13231078.jpg
笹身ロース(タレ or 塩) 1,100円
マッコリを頼んじゃったし、お肉も追加しましょう。


a0029277_13232356.jpg
ユッケジャンクッパ 800円
“松坂牛の千切りと唐辛子を炒めた辛口のクッパ”はとっても脂っこい。
スープ表面の脂の層におののきながらも、完食してしまう・・。


a0029277_13233696.jpg
夜21時過ぎに入店したところ、すぐにテーブルに案内してもらったが、
店員さんからは「混みあっていますので2時間でお願いします」と言われていた。
「? 1階はいっぱいテーブル空いてたやん・・」と思いつつも、
別に2時間も粘るつもりもないので、すんなりと承諾した私たち。


a0029277_13234721.jpg
というわけで、こんな目印が付けてあったりするわけ。


a0029277_1323578.jpg
さて、この日のお会計は10,335円。
見た感じ、高級なお店なのかなあ・・と思っていたのだが、
上等なお肉を選んでいないせいもあって、結構お安くおさまった。


タレはちょっと甘めのスッキリ醤油味。
イマ風のトガった焼き肉店じゃない、昔ながらの焼き肉店。
コダワリの焼き肉屋さんもいいけれど、
こういう普通の焼き肉店を探していた私たちにはピッタリ。

いただいたお肉が「並」クラスばかりだったので、
正直言って松阪肉牛・近江肉牛A5等級の凄さまではわからなかったけれど、
質・金額ともに安心できるお店として、きっとまたお世話になるだろう。


◇2007年11月の記録です。
焼肉京城 恵比寿店
渋谷区恵比寿南1-8-9  TEL : 03-5768-2256
http://www5a.biglobe.ne.jp/~keijyou/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-30 13:32 | ├焼肉・ステーキ
日帰りの名古屋出張と昨夜のカレー
今年最後の出張は日帰りの名古屋。
午前中の社内会議を途中で抜けて、大急ぎで品川駅へ。

a0029277_1053760.jpg
外で食事をする時間がなかったので、車内へ持ち込んだ昼食は、
 ・まい泉のヒレかつサンド(まい泉のホームページ
 ・アンデルセンのデンマーククリームチーズペストリー(アンデルセンのホームページ
 ・サザ コーヒーのホットコーヒー(サザコーヒーのホームページ
もちろんこれらは「ecute品川」で購入したモノ。


さて、名古屋のお客様との会議の後は、名古屋駅近くの和風居酒屋で懇親会。
お鍋の世話係に呼ばれたようなもんだったけれど楽しい宴席だった。

で、そのまま東京へ戻るつもりが、ラチされて錦へ。
おネーさんがたくさんいるお店になぜか私も連れて行かれ、
よくわからないまま盛り上がる。

「ホテルを予約したほうが良い」
「○○ホテルなら、いつでも空いているよ」

暖かいコトバに気持ちが揺らいだものの、やっぱり帰りますと宣言。
なんといっても翌日のヨテイがありますもの。

1時間ほど騒いだあと、お客様に名古屋駅までタクシーで送っていただき、
最終の新幹線で東京へ。


a0029277_1054955.jpg
・・・とその前に、腹ごしらえ。(!?)
ふと目に入った「名古屋驛麺通り」にしゅるしゅると吸い込まれる。

どのお店のラーメンなのか、味はどうだったか、
酔っぱらっていたので、ほとんど記憶はないのだけれど、
写真の器を見る限り「名古屋らーめん なご家」のもののようだ。


a0029277_1061338.jpg
酔っぱらっていた割には、しっかりと抽選券をもらってきた私。
スクラッチ部分を削ってみると「驛麺通り賞」に当選していることがわかった。
賞品の引き換え期限は来年1月末日まで。
12月の名古屋出張をブッチしなければ、賞品をもらえたんだけどなあ・・。
2月になら名古屋出張があるんだけど、もう間に合わないよなあ・・。


ところで賞品って何だっけ?

ん? “丼ぶり携帯ストラップ”!?

ガッカリしたような、ホっとしたような。(笑)


◇2007年11月の記録です。
名古屋・驛麺通り
http://www.ekimen.com/nagoya2/


*私的メモ*カレー粉からつくったカレー(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-30 10:08 | たびさきにて
オーバカナル 銀座店
懇親パーティー付きのシゴトを終え、職場の先輩と晩ごはんを食べに有楽町へ。
イトシアかマロニエゲートか、そこらへんの“ニュー・スポット”にある
適当なお店に入るつもりだったのだけれど、たいしたことなさそうな(失礼)
レストランですら待ち行列ができているのを見てビックリ。
やはりこういう場所は放っておいてもヒトが集まるのね・・と感心しきり。

先輩が「コリドー街あたりにしましょうか?」と提案してくださったので、
『コリドー街ってどこ?』と思いながらも口を出さずにくっついていく途中、
「あ、ココがいい!」と先輩をひっぱって入ったのはオーバカナル 銀座店。

これまで大崎店(今は閉店)でパンをいただいたことがあるだけの私。
一度はレストランで食事をしてみたいと思っていたのだが、
思いがけずこんな機会が訪れるとは!!
イトシアさまが大人気だったオカゲです。

さて、まずはグラスのシャンパーニュ ポメリー(1,000円)で乾杯。
ポメリーのフェアがあるらしく、PRに力が入っていたのだけれど、
このグラスはダメダメ。あまり冷えていない上に泡が弱すぎ。
いくら安くても、この状態で出すのはなあ・・・。

と、首をひねりながらスタートしたオーバカで、
軽めにいただいたのはこんなもの。


a0029277_23183145.jpg
ボリュームいっぱい、温かいキッシュ・ロレーヌ。


a0029277_2318482.jpg
写真はピンボケだけど、味はボケていないリエット。


a0029277_2319897.jpg
野菜のフリット。ふへー、大量にあるぞ。


ボジョレー・ヌーボー解禁直後だったのだが、
普通のワインを飲んでいる客のほうが断然多い。
もちろん私たちもシャンパンの後はハウスワインをいただいた。


というわけで、思いがけないオーバカ初訪問。
冒頭で書いたとおり、グラスシャンパンには「?」だったし、
喫煙OKのお店なので、愛煙家の客と隣り合わせるとエライ目に遭うけれど、
(実際この日はヒドイ客が隣にいて閉口。こっち側に煙を吐き出すな~!)
安めのお値段でビストロ料理が気軽にいただけるこのお店。
それなりにおしゃれだし、でも気取らないし、良い塩梅。
今度は夫と訪れてみたいと思う。


そのときは隣の女性が注文していた真っ黒なタルトタタンを食べてみたい。
きっとレスプリ・ミタニのタルトタタンと似ているに違いない。

うー、今から楽しみだ。


◇2007年11月の記録です。
AUX BACCHANALES Ginza
オーバカナル 銀座店

東京都中央区銀座6-3-2ギャラリーセンタービル1階 TEL : 03-3569-0202
http://www.auxbacchanales.com/ginza/index-j.html

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-29 23:20 | ├西洋料理
恵比寿 小雷鳥 (地鶏専門店)
会社帰りに夫と食事をして帰ろうということになり、
久しぶりに品川の焼鳥屋に行こうとしたのだけれど、
ま、当然のように満員御礼で断念。
でも、二人とも「焼鳥モード」に突入していたので、
恵比寿で焼鳥を食べて帰ることにした。


a0029277_11242027.jpg
恵比寿 小雷鳥
一度、行ってみたいと思いつつ、これまで行けなかった地鶏専門店。
「宮崎地頭鶏」という地鶏を使っているようだ。

宮崎地頭鶏
古くは九州島津藩に献上された地頭鶏を交配改良した地鶏の最高峰です。徹底した衛生管理のもと、大自然の農場で8~10か月間丹精込めて放し飼いにした上質の若鶏です。鶏本来の歯ごたえをもち、鮮度の良さをお刺し身・たたきで、また独特な味の深みとコクを炭火焼きしたもも焼きでご賞味下さいませ。
~お店のメニューから引用させていただきました~



a0029277_11243791.jpg
フツーのビルの1階にある看板を見つけたら、
奥の階段を上がって2階へ。


a0029277_11244949.jpg
とにかく殺風景な店構え。
サラリーマンがいっぱいいそうな雰囲気が漂っているが、
案の定、実際に予想と違わない客層。
私たち夫婦も難なく溶け込んでしまう。(笑)


a0029277_1125353.jpg
生ビール(サッポロ) 600円、お通し 500円
クーポンで無料になった生ビールで乾杯し、お料理を注文する。


a0029277_11251561.jpg
まぐろづけ 800円
焼きものばかり注文した私たちに、店員さんが
「焼きものは時間がかかるので、すぐに出せるものもどうですか?」
と勧めてくれたので、お願いしてみた一品。
メニューに“深漬けでお酒がすすみます”とある通り、
ネトっとした口当たりのするマグロ。
でもこのお店でわざわざ食べなくてもいいかな。
焼き物もそんなに待たずに出てきたし。


a0029277_112527100.jpg
鶏たたき 900円
“当店名物”とあったので注文した一品。
噛みごたえがあって味わい深い。


a0029277_11254028.jpg
ねぎ間(塩orタレ) 1本 300円 ※注文は2本から
砂ぎも(塩orタレ) 1本 250円 ※注文は2本から
ささみ(梅orわさび) 1本 250円 ※注文は2本から



a0029277_11255494.jpg
鶏つくね焼き 900円
じっくりと焼かれたつくねは食感も良くておいしい。
卵黄が添えられているお店は多いけれど、
うずらの卵黄が添えられているのは初めてのような気がする。


a0029277_1126892.jpg
親子丼(スープ付) 800円
まぐろづけ丼、鶏せせり肉丼、玉子丼、親子丼。
四種類あるミニ丼から選んだのは、もちろん大好きな親子丼。
写真ではわかりにくいのだけれど、中央に卵黄が入っていて、
それをくずしながらいただく。
(ちなみに玉子丼と親子丼は21時以降のメニュー)


a0029277_11262182.jpg
霧島 黒麹(900ml) 3,500円
無料ビールのあとは焼酎ロック。
グラス1杯500円なんだけれど、なんとなくボトルで注文してみた。
3か月キープできるのは良いんだけれど、
ボトルセット料金が1,000円かかることが後でわかりプチ後悔。
わざわざキープする必要はなかったかな。


というわけで、この日のお会計は12,540円(サービス料10%込)。
もうちょっと安ければ言うことがないんだけれど、
今のところ恵比寿で一番気に入った焼き鳥屋さんなので、
また機会を見つけて再訪したいと思う。

なんといっても、まだボトルが入っているしね。


◇2007年11月の記録です。
小雷鳥
渋谷区東3-25-10 T&Tビル2階 TEL : 03-3409-1919
http://www.ebisu-koraichou.com/ (クーポンあり)


*おまけ*実はこの日は・・・(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-29 11:33 | ├和食・郷土料理
クリスマスの恵比寿ガーデンプレイス、そして晩ごはん
a0029277_2114779.jpg
クリスマス当日、定時後のオフィスはヒトもまばら。
グループメンバーが全員帰宅したのを見届けて、
私も19時過ぎにはイソイソと席を立ち、恵比寿ガーデンプレイスへ。


a0029277_2115870.jpg
昨夜ほどではないけれど、平日の今日も見物客でいっぱい。
年明け、1月14日まで展示されているとはいえ、
やはりクリスマスが一番しっくりくるもんね。


a0029277_212920.jpg
これまで何度眺めただろう。
飽きずに今夜もシャンデリアに近づいて、煌めく光を浴びに行く。


なーんてね。

私が恵比寿ガーデンプレイスに立ち寄った本当の目的は・・・

a0029277_2125550.jpg
シャンデリアと恋人たちが奏でるロマンティックムードとは全く関係ナッシング。
いつものように晩ごはんの食材を仕入れにいっただけのこと。

閉店直前の恵比寿三越の食品フロアで、
鴨鍋にしようか牛肉のしゃぶしゃぶにしようか迷いまくった末、
結局、クリスマスとは全く関係ない牛しゃぶにしたわけざんす。


さて、そろそろ551の豚饅と共に夫が大阪から戻る頃。
お風呂のスイッチを入れて、お鍋の準備にとりかかりましょう。

*おまけ*定点観測(?)中のイタリアンレストラン。(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-25 21:04 | おうちでごはん
イヴの銀座。そしてロブションのケーキ。
a0029277_19104649.jpg
良いお天気に誘われて、地下鉄に乗って出かけたのは銀座。
ミキモトのツリーが綺麗だという噂を聞いていたのだけれど、
真昼間だったせいか、さして感動せず・・・。


a0029277_19105731.jpg
超有名ブランドショップが四隅を固める、華やかな銀座二丁目の交差点。
その一角を占めるルィ・ヴィトンは入店待ちの行列ができていてビックリ。
「最後尾はココです」というプラカードと共に並ぶのって、
いったいどーいう気分なんだろう・・・・・とかなんとかいいながら、
カルティエ、ブルガリ、ティファニーに入店し目の保養をさせていただいた。

はい、こういう物見遊山的ショミン客が諸悪の根源。
高級店に行列を作らせる原因となるわけです。

ゼロが連なる値札に、思いっきりため息をついた後、
夫が「大阪出張の手土産を買いたい」とか言うもんだから、
松屋、銀座三越の食料品売り場でモミクチャにされる。

でも、でも、でも。
こんなにヒトが集まってる割には、たいしたもん売ってへんやんか!


a0029277_1911913.jpg
というわけで、さっさと恵比寿に舞い戻り、ロブションでお買い物。
レジ待ちの行列がお店の外にまで伸びていたのには驚いたけれど、
もう他のお店に立寄る気力なんて残っているはずもなく、
黙って行列の最後尾に着く。

はー、クリスマスってどこもかしこも混雑するのねえ・・。

ちょっとした倦怠感とともに、アメリカ橋を渡って帰宅する途中、
東の空に昇ったばかりの、大きなまんまるのお月さま発見。
東京タワーに寄り添うように空に浮かんだ満月が、
この日の午後の疲れを吹き飛ばしてくれた。

この光景、信号待ちの交差点の向こう側で、
若いカップルがケータイカメラを構えてなければ、
たぶん目にすることはできなかっただろう。

ありがとう、お二人さん。
幸せなクリスマス・イヴを過ごされることを祈ります。


a0029277_19112069.jpg
さて、長ーいレジ待ちを耐えた自分へのご褒美に買い求めたのは、
「モワルー・ショコラ・アメール」というチョコレートケーキ。

ロブションのケーキって甘すぎる印象があったのだけれど、
これは程よい甘さで、なかなか美味しかった。

それでも同じチョコレートケーキなら、
ジャン=ポール・エヴァンの「グアヤキル」
のほうが私は好きだなあ。



a0029277_19113267.jpg
ところで銀座のカルティエ店内に釣り下がるシャンデリアを見て、
「なーんかショボいなあ・・」と感じたのだが、どうやら夫も同じ感想を持ったらしい

これって、きっとガーデンプレイスの巨大シャンデリアを見慣れているせいね。
うーむ、バカラも罪作りですこと。


さて、我が家ももうすぐクリスマス・イヴの食事にお出かけします。
そろそろ皆さんも美味しいテーブルを囲んでいらっしゃる頃でしょうか。
満月のイヴの夜、素晴らしい思い出を作ってくださいね。

さー、また地下鉄に乗って出かけるよーん。

◇2007年12月の記録です。
LA BOUTIQUE de Joel Robuchon
ラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション

目黒区三田1-13-1恵比寿ガーデンプレイス地下1階 TEL : 03-5424-1345
http://www.robuchon.jp/ebisu/la_boutique.html


[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-24 19:14 | ぱん&すいーつ
クリスマス・イヴ前夜の晩ごはんは一応「鶏」と「泡」。
メリー・クリスマス!

三連休最終日の東京は、とーっても良いお天気。

何の予定もない我が家だけれど、この青空に誘われて、
どこか出かけたくなっているクリスマス・イヴの朝。

皆さん、イヴの日を楽しまれてますか~?

私はネコと一緒にリビングで転がり中。
はい、フツーの休日と変わらぬ地味な暮らしがココにあります。

さて、そんなイヴの前夜、つまり昨夜の晩ごはん。(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-12-24 11:10 | おうちでごはん