<   2008年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


ラッキーピエロ、六花亭、毛蟹。函館の小ネタを記録。
というわけで、中途半端に終わってしまった函館出張。
やっぱりプライベートで行くのが一番よね、
とまとめつつ、最後に小ネタをサクっと記録。

a0029277_14504580.jpg
初日、札幌支店の同僚と合流するまでの間、
ホテルの周辺をプラプラ歩いていて見つけたハンバーガーショップ。
朝食を食べていなかったので、思わず入りそうになったけれど、
既に待ち行列ができていたのでやめてしまった。
なんでも地元で大人気のお店のようで、
店頭に張り出されたチラシによると、ロックバンドの「GLAY」も大ファンだとか。

そういえば「GLAY」ってどうしてるんだろ?



ラッキーピエロ ベイエリア本店
函館市末広町23-18   TEL : 0138-26-2099
http://www.luckypierrot.jp/



a0029277_14511351.jpg
例の事件後、一時的に「白い恋人」が珍重されたけれど、
やはり自分用のお土産には「六花亭」を選んでしまう。
「マルセイバターサンド」「サクサクカプチーノ 霜だたみ」
どちらも大好きな定番のお菓子。

ちなみに、職場へのお土産は、空港で買うつもりだった。
が、手荷物&ボディチェックを受けたのが、なんと飛行機の出発時間。
間一髪のところで搭乗できたけれど、結局、職場へのお土産はナシ。

いや、もちろんこれ(↑)を持っていくこともできたのだけれど、
数が足りないので、配りようがない・・・・。
だから今回はオミヤゲなしになってしまった。

翌週、鹿児島土産や京都土産が机に置いてくれてあったのに、
みなさんゴメンナサーイ、そしてアリガトウ。



六花亭
http://www.rokkatei.co.jp/



a0029277_14513651.jpg
最後にコチラ。


a0029277_1451474.jpg
はい、毛蟹!

解体前の写真を撮る前に、夫が捌いてしまったのだけれど、
身入りの良い、ずっしりと重い蟹を選んでもらったので、
二人でも十分食べ応えがあり、満足。


a0029277_14515962.jpg
実は、この毛蟹。
自宅近くのとある和食店に出かける前、前菜としていただいた。
あ、もちろん前菜をいただくのだから食前酒も忘れずに♪
(この和食店の記録はまた別途)


ところで、この毛蟹を買ったお店で、実家の両親用にも毛蟹を買い求めた。
関西への当日発送は10時半までということで、もう間に合わなかったので、
後日、適当な毛蟹を見繕って(六花亭のお菓子とともに)送ってもらったのだが、
その毛蟹も身入りが良く、蟹好きの父も満足していたようだ。

というわけで、この毛蟹は父の日の贈り物となったのだった。(手抜き!!)



はこだて海鮮市場 本店
函館市豊川町12-12   TEL : 0138-22-5656
http://www.hakodate-factory.com/market/shops/honten/


◇2008年6月の食事記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-29 14:54 | たびさきにて
回転寿司を食べながら、健康の大事さを実感。「函館まるかつ水産」
a0029277_13445663.jpg
函館出張は金曜~土曜の1泊2日。
 「土曜は朝市に行って朝食を食べて、
  お昼に美味しいお寿司を食べて帰ろう!」
と、ヒトリ画策していたのだけれど、前夜の深酒がタタってしまい、
目が覚めたら、ギョギョギョ、もう10時前やんか。
おまけに二日酔いで気分わるー。
遠出する気力もなければ、食欲もゴザイマセン。(涙)


a0029277_1345966.jpg
というわけで、お世話になったのは回転寿司。
ホテルのすぐそばにあるし、好きな分量だけ注文できるし、
回転とはいえ北の味覚を食べられるし。


a0029277_13452143.jpg
こんな特別なラインナップもあったのだけど、
いつもの私なら全部制覇するところだけれど・・・


a0029277_13453110.jpg
食べたのは、

 三貫盛り 北海三好(うに・いくら・かにばら身) 480円
 ほたて貝柱  280円
 本日の果物 夕張メロン  280円

この三皿だけ。


a0029277_13454293.jpg
ほらね、本当にこの3皿だけ。


体調不良(=二日酔い)だと、こうも食が進まないもんなんだなあ・・と、
目の前をぐるぐると何周も回るお寿司をぼんやり眺めながら、
改めて健康(=適量飲酒)の大切さを実感した函館の昼下がりだった。


◇2008年6月の食事記録です。
回転寿司 函館まるかつ水産 本店
函館市豊川町12-10  TEL : 0138-22-9696 
http://www.hakodate-factory.com/sushi/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-29 13:46 | たびさきにて
ウニ、イクラ、ホタテ! 函館ベイエリア「きくよ食堂」で元祖巴丼。
a0029277_1317690.jpg
朝早い便で羽田から函館へ飛んだあと、バスでベイエリアのホテルへ。
チェックインして荷物を預け、札幌支店の同僚と合流し、早速おシゴト。


いやいやいや、まずはその前に大事な大事なお昼ごはん。
同僚が「朝市で有名な食堂なんですよ」と言いながら連れて行ってくれたのは、
ホテルと同じベイエリアにある「函館ベイ美食倶楽部」の中の「きくよ食堂」。

いろんなメニューがあって目移りしてしまったけれど、
やっぱりコレを押さえておこかねば・・・・。


a0029277_13172745.jpg
元祖函館 巴(ともえ)丼 1,580円

ウニ・イクラ・ホタテがのった海鮮丼は、このお店がルーツなのだろうか?
真偽のほどはわからないけれど、とにかく「元祖」とついた名物メニュー。
絶品というほどじゃなかったけれど、美味しくいただくことができました。


ところで、この記事を書くにあたって、お店のホームページを眺めていたら、
こんなコトが書いてあった。

  "きくよ食堂のTVCMが現在、千葉テレビ放送で好評放映中です。
   千葉県以外で御覧になれない方もこちらでどうぞご鑑賞ください。"


な、なんで千葉テレビ限定???


◇2008年6月の食事記録です。
呑喰処 きくよ食堂ベイエリア店
函館市豊川町12番9号  TEL : 0138-22-1994
http://www.abs-plaza.com/kikuyo/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-29 13:17 | たびさきにて
JALに乗って、MACをゲット!
a0029277_1191696.jpg
先日、ちょうど1年ぶりに函館へ出張した。
羽田から函館へはJALを利用したのだが、
セキュリティゲートの「ピっと端末(←なんちゅーネーミングやねん)」から
吐き出された「お客様控え」の裏面は・・・・


a0029277_1192790.jpg
マクドナルドの無料券♪

普段ANAに乗ることが多い私。
JALのキャンペーンについてはノーマークなので、
このチケットをもらうまで全く知らなかったのだけれど、

a0029277_1195831.jpg
JAL国内線 QuiC × マクドナルドキャンペーン
が実施されているようだ。(8月31日まで)

ビッグマックセット、てりやきマックバーガーセット、コーヒー。
どれか一つ、無料引き換え券が必ず当たるというこのキャンペーン。
私は「てりやきマックバーガーセット」をゲット。
できれば「ビッグマック」が良かったけれど、贅沢は言うまい。

それにしても前回、マクドナルドに行ったのっていつだっけ?
随分足が遠のいているなあ・・・。


◇2008年6月の記録です。
JAL国内線 QuiC × マクドナルドキャンペーン
http://www.jal.co.jp/quic/mcd/index2.html
(↑たぶん期間限定ページです。リンク切れの際はご容赦ください↑)


函館の食記録は後ほど!
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-29 11:11 | たびさきにて
毎月末の定例会
a0029277_21591158.jpg
毎月末、職場の重鎮たちとの飲み会がある。
昨年度までは、楽しい懇親会であったこの会も、
今年度、組織が変わって、アレコレ・ゴタゴタあってからは、
いわゆる「サラリーマンの愚痴大会」になりつつある。

それでもまあ、不満を吐き出せる場があるってことだけでも「幸せ」だってことよね。
おまけに最後に「親子丼一人前!」という声が飛び交うなんて、、ね。
皆さん定年間近だというのに、食欲旺盛で元気イッパイです。


・・・が、この重鎮会で知った衝撃の事実「我が社の平均寿命は6X歳」。

いや、これは我が社に特化したことじゃなく、
世の大半のカイシャインの平均寿命は総じてこの程度なのだそうだ。
“企業戦士”なんてコトバを聞いたことがあったけれど、
実際、そうだったわけね。ふむー。

というわけで、平均寿命の短い我が社。
そのおかげで年金(基金)は、まだまだ安泰なんだって。
ほれ、払い出し期間が少なくて済むから・・・。

でもこれって、喜んでいいんだか。
笑い飛ばすことも難しい、微妙な年齢のメンツとの飲み会。
これからも定期的に開催されそうです。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-28 22:09 | ├居酒屋
飲んだ後は、炭水化物。「旭川ラーメン Saijo」を再訪。
a0029277_1243816.jpg
チェーン居酒屋で飲んだ後、新幹線で大阪へ帰る元上司と別れ、
直属上司・上位上司と三人で、久しぶりの「麺達」へ。

上司二人は「麺達」に来るのは初めてとのことで嬉しそう。
お店がたくさんあって、どうしようかと迷ったけれど、
とにかく行列ができていなかった「旭川ラーメン SAijo」へGO!


a0029277_12432599.jpg
塩ラーメン  750円
美味しいけれど、さすがにおなかいっぱい。
でも上司たちは、さらにウワテ。
注文の品は塩チャーシュー、味噌チャーシューだったもん。

はあ・・・・また炭水化物でしめてしまった。
それも満腹になるまで・・・・。

そういえば、この数日前、今回と同じメンツ+2名で飲んだ時も、
最後に親子丼(レギュラーサイズ)を完食してしまったんだっけ。

それにしても、なんで私の周りの人たちは、揃いも揃って理性がないんだろう。
ちょっと理性を持っていてくれさえすれば、ラーメン食べずに済んだのに~。。。


と、満腹の幸福感と満腹の罪悪感を抱えながら帰宅すると、
夫が嬉しそうにカップヌードルを食べていた。

ふぅ、我が家の食生活なんて、こんなもんです。

◇2008年6月の食事記録です。
旭川ラーメン Saijo (さいじょう)
東京都港区高輪3-26-20   TEL : 03-5475-3955
http://www.shinatatsu.com/raumen/kaku_saijo.html
訪問記録(06年02月) http://picot.exblog.jp/3247165/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-28 12:57 | └ラーメン
久しぶりのチェーン居酒屋「くろ○ 品川高輪口駅前店」
a0029277_10501215.jpg

久しぶりにチェーン展開されている居酒屋に行った。
日本の居酒屋業界で最大手の「モンテローザ」の系列になるとのこと。
ふむ、確かに「モンテローザ」って聞いたことあるぞ。

この日は朝から夕方までずーーーーっとカイギだった日。
もともと体調が悪かったので、グッタリ疲れてしまったのだけれど、
「ビールでも飲まなきゃやってられへん」という思いもあって、
直属上司、上位上司、大阪から出張していた元上司と私の4人、
タクシーに飛び乗って品川へGO。
目についたお店が、この「くろ○」だったというわけだ。

お店のホームページによると、
  『くろ○』は、人気の希少焼酎を含めた約300種類の厳選された焼酎と
  地鶏や黒豚などの洗練されたこだわり料理で「自分だけの焼酎スタイル」
  を提供する至高の美食空間です。

ということらしい。

そんなお店でいただいたのは、

   鹿児島名産 つけあげ   504円
   本日のお漬物五種盛り合わせ   357円
   九州産 小海老の唐揚げ   441円
   京料亭の出し巻き   473円
   味自慢黒豚焼餃子   578円×4皿  ←美味しいのでお替わりした
   地鶏の串焼き盛り合せ   1,134円
   夏野菜とカツオのサラダ   504円
   スペアリブ炭火炙り焼   580円
   きびなごの唐揚げ   504円

などなど。

ビールや焼酎もガンガン飲んで、お会計は21,000円ほど。
お料理の合計が、だいたい7,000円、
ってことは一人あたり3,500円も飲んでいたのか・・・。

そういえば、このお店では焼酎はグラスでの販売のみ。
ボトルで売ってくれれば、もっとリーズナブルに飲めるんだけど・・
とか思いつつも、言いたいことを言い合って、気分はすっきり。
シゴトやソシキはこれからどうなるかわからないけれど、
とにかく一日を楽しく終えることができて良かった。


・・・あ、でもこの続きがあったんだ。。

◇2008年6月の食事記録です。
くろ○ 品川高輪口駅前店
港区高輪3-26-33 品川ビル地下1階  TEL : 03-3443-4588
http://www.monteroza.co.jp/monte/gyotai/831/
画像は株式会社モンテローザの公式サイトからお借りしています。

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-28 11:17 | ├居酒屋
ディナータイムに夫と再訪。赤坂のフレンチ「シュマン」-後編-
「ディナータイムに夫と再訪。赤坂のフレンチ『シュマン』-前編-」の続きです。
a0029277_22512172.jpg
Nobles Rives HERMITAGE Cave de Tain l'Hermitage
エルミタージュ・ルージュ
ノーブル・リヴ カーヴ・ド・タン・レルミタージュ 10,500円


前菜を食べ終え、いよいよメインディッシュへ。
このタイミングでボトルの赤ワインをいただく。

ネットでは5,000円程度のこのワインの上代は約2倍。

高価だけれど、リーズナブル。

いや、リーズナブルなんだろうけど、やっぱり高価。


a0029277_22513485.jpg
LAPEREAU de NAGANO,sensibilite du jour
長野県産仔ウサギを本日の感性で 4,200円

夫とシェアしたメインのお料理Part1。


a0029277_22514564.jpg
Roti de PIGEONNEAU BRESSAN sauce aux abats et shiso
スペシャリテ、フランスブレス産仔鳩のロースト
紫蘇の香りの内臓ソースで  4,600円

夫とシェアしたメインのお料理Part2。
テーブルで削っていただいたトリュフは、
二人分で6グラム、お値段にして900円。
ビクビクした割に結構安かったのは、たぶん夏トリュフだったからだろうか。


a0029277_22515620.jpg
白い薔薇の花びらが浮かんだフィンガーボウル。
鳩の骨をしゃぶった後、こんな優雅なフィンガーボウルを使うのは、
なんだかアンバランスなような気もする。


a0029277_2252629.jpg
メインディッシュを平らげた後、チーズワゴンが登場。


a0029277_22521679.jpg
夫が注文したチーズたち。(1,000円)


a0029277_2252271.jpg
こちらは私が注文したデザート。(1,600円)


a0029277_22523992.jpg
プティフール。


a0029277_2252498.jpg
そして最後にいただくハーブティー。(700円)


a0029277_2253667.jpg
チーズとデザートのタイミングで、窓際のテーブルに移動。
これまで奥まったコーナーで食事をしていたが、
気付けば店内の喧騒はすっかりおさまっていた。


a0029277_2253168.jpg
というわけで、夫のお誕生日ディナーは終了。
この日のお代はサービス料10%を入れて、39,600円なり。

もちろん我が家にとって、頻繁に訪れることのできるレストランではないが、
東京の高級フレンチとしては、まあ、納得できるお値段帯だと思う。

それにしても腑に落ちなかったのは、サービスの方の対応。

サービスを良いと思うかどうかは、個人の好みによるところが多い。
だから、好き嫌いが分かれるのはしょうがないし、評価も難しいのはわかっている。

でも、夫と私が同じメイン(アラカルト)を選ぼうとしたとき、
「せっかくですので、それぞれ別のお料理を味わってください」と強く勧められた。
もちろん私たちだって、いろんなメニューを味わいたい。
でもメインに合わせてボトルの赤ワインを選び、
その組み合わせの楽しみを共有したいからこそ、
悩みに悩んで一つのメインに絞り込もうとしているのに、
これってそんなに変なことなのだろうか。

反論するのも面倒だから、サービスの方に勧められるまま、
別のメインを選ぶことにした気の弱い私たち。
アラカルトのポーションが大きいことはわかっているので、
あらかじめ二皿に取り分けてサービスしてほしいとお願いしたら、
「え、それは、いたしかねます・・・」
と担当のサービスの方が眉間にしわを寄せ、固辞されたこと。

その表情に、こちらも『え、なんで?』と思ったが、
まだそれだけなら、百歩譲って、このレストランの方針なのかもしれないと思える。
でも、私が
「フランスの三ツ星レストランじゃ、普通に取り分けていただけたんだけどなあ・・」
と、つぶやいた途端、すぐ態度を変えて取り分けの対応してくださった・・・。
これって、決して「お客の要望に応える」という姿勢ではないよね?

お料理の味自体は、そんなに悪くない、どちらかと言うと好きなほうだったけれど、
サービスの方のプロなんだかどうなんだかわからない、
中途半端な対応に疑問符がついてしまったことがあり、
「ま、一回来たし(いや、私は二度目だ!)、もういいかな・・」
という感じで、お店を後にすることになった。

うーん。それにしても、なんだか惜しい。

美味しくいただけたのに、満足できないなんて。
好きな味だと思ったのに、再訪したいと思わないなんて。

ま、それだけ東京には「選択肢(レストラン)」が豊富にあるってことか。
なんだかんだ言っても、恵まれた環境にいるのだなあ・・・と、
しみじみ思った春の夜だった。


◇2008年5月の食事記録です。
Chemins シュマン
東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワーANNEX TEL : 03-3568-3344
http://www.chemins.jp/
訪問記録(07年12月) http://picot.exblog.jp/6695020/

そういえば、最初に隣り合わせたテーブルの男女のノリにも疲れてしまったんだった・・・。
これはお店に非があるわけではない。私たちの運が悪かっただけだ。。。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-27 23:04 | ├西洋料理
ディナータイムに夫と再訪。赤坂のフレンチ「シュマン」-前編-
a0029277_0193390.jpg
強い雨が降る中、赤坂へ向かったのは、
夫のお誕生日祝いの食事をするためだった。
この数日前、シゴトのイライラがふっきれないせいで、
夫に八つ当たりしつつ、半ばケンカ状態でお店を決め、
夜遅くに電話をかけ、テーブルを確保したのは、
「シュマン」という小さなフランス料理店。


a0029277_019477.jpg
グラスのシャンパーニュ(1,500円)で乾杯し、
メニューブックとにらめっこ。
何種類かコース料理も準備されていたのだが、
夫の希望でアラカルトで注文することに。

サービスの方の対応に「?」の点があったのだが、
それはまた最後に記録させていただくことにしよう。


a0029277_020724.jpg
パンとバター。


a0029277_0202322.jpg
GRAND MARRENON 2005 1,100円(グラス)
グラスでいただいた白ワインは、ネットで1,000円ちょっとで買えるもの。


a0029277_0203449.jpg
アミューズ。


a0029277_0204768.jpg
GRENOUILLE pannee et joue de raie frit beurre d'escargots et puree de NANOHANA
ドンブ産 カエル腿肉とエイ頬肉のフリット エスカルゴバターと菜の花ピューレ 3,300円

夫が選んだ前菜。
ホームページには3,200円と記されているのだが、レシートには3,300円の文字。


a0029277_021457.jpg

ASPERGES BLANCHES froid avec fruit de mer du printemps
フランス産 ホワイトアスパラガスの冷製 春の魚貝類と 3,300円

私が選んだ前菜。盛りだくさん~!



写真が多いので、メイン以降は次の記事で!


◇2008年5月の食事記録です。
Chemins シュマン
東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワーANNEX TEL : 03-3568-3344
http://www.chemins.jp/
訪問記録(07年12月) http://picot.exblog.jp/6695020/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-26 00:26 | ├西洋料理
「しながわ翁」に玉子焼きが復活するのはいつだろう?
とある5月の休日のこと、プライベートの用事があり、夫と品川へ。
所用を済ませた後、お昼ごはんをいただこうと出かけたのは「しながわ翁」。
品川から恵比寿に越してきてからというもの、めっきり足が遠のいてしまったが、
やっぱり私にとっては一番の蕎麦の名店だ。


a0029277_23174125.jpg
付き出しの昆布をつっつきながら、
山形の純米酒「上喜元」(650円)を注しつ注されつ。


a0029277_23175327.jpg
酒の肴に大好きな「玉子焼き」を注文したいところだが、
人手不足問題が未だ解決されてないらしく、メニューに復活していない。
しょうがないので「しらすおろし(辛味大根)」(350円)をオーダー。
大根嫌いの夫も、ビリビリ痺れるほど辛い大根おろしは食べられるそうな。


a0029277_2318178.jpg
美しいお蕎麦。
薬味はもちろん、つけ汁も使わずに、まずはそのまま蕎麦を味わう。


a0029277_23181018.jpg
「もりそば ざる」(730円)の大盛り(+250円)を頼んだ夫には、
ネギ、山葵、大根おろしの薬味が準備されている。[写真上]
私は悩んだ末に「つけとろそば」(990円)を注文。
何度もブログに記録しているが、こちらのお店のとろろ(山芋・長芋)の、
ポフポフ・パフパフしたエアリーな食感が大好きなのだ。
最後は蕎麦猪口も出していただけるので、そば湯とつけ汁も楽しめるし。


自宅近くで、よくお世話になっているお蕎麦屋さんは白金の「三合菴」。
こちらのお蕎麦も上品で繊細でとても美味しいけれど、
私はやっぱり「しながわ翁」のお蕎麦のほうが好きだなあ。

失礼ながら、とても「孤高の名店」には思えない、
ごく普通の飲食店っぽいお店の佇まいや、ごく普通の店員さんたち。
それらを含めて、このお店のことが好きなんだと思う。

そういえば、この日、お弟子さんっぽい男性2名が厨房に入っていらっしゃった。
「ようやくお弟子さんがついたのか!(そろそろ玉子焼きが復活か?)」
と喜びかけていたのだが、このお弟子さんたち、どうみても店主さんより年上・・・。

もしかして、会社をリタイア後、心機一転そば職人を目指していらっしゃるなら、
このお店で長く勤めることなく、すぐに独立されてしまうのかもしれない。
そんな邪推で頭の中がいっぱいになりながら、
とにもかくにも「玉子焼き復活」を祈り続けたのであった。


◇2008年5月の食事記録です。
手打そば しながわ翁
品川区北品川1-8-14  TEL 03-3471-0967
http://www009.upp.so-net.ne.jp/sinagawa-okina/
*これまでの訪問記録はこちら*
 2007年4月(恵比寿に引越してから初めての訪問) http://picot.exblog.jp/5434934/
 2006年4月(この年、唯一の訪問) http://picot.exblog.jp/3420947/
 2005年12月(鴨ざるで年越し蕎麦) http://picot.exblog.jp/2942132/
 2005年11月(初めてのつけとろそば) http://picot.exblog.jp/2767034/
 2005年9月(夫が温かい蕎麦を食べた)  http://picot.exblog.jp/2220059/
 2005年6月(鴨がイマイチ) http://picot.exblog.jp/2046893/
 2004年12月(年越しそば) http://picot.exblog.jp/1497178/
 2004年10月(鴨がまいうー) http://picot.exblog.jp/1189174/
 2004年6月(初めて訪問) http://picot.exblog.jp/479335/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-06-23 23:23 | ├和食・郷土料理