<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


気楽にワインとお料理を楽しめる「ポ・ブイユ」を1年ぶりに訪問。
上品で優雅、洗練されたお店でいただく高級なお料理も良いけれど、
気ままに、お気楽に食事を「楽しむ」ことができるお店が大好き。
たとえばこういう黒板があるお店。

a0029277_19122286.jpg
というわけで、とある6月の金曜の夜、夫と出かけたのは、
ご近所のビストロ「ポ・ブイユ」。ほぼ一年ぶりの訪問になる。

カルピス本社の裏手、目立たない場所にあるのに、
この日も大勢の客でにぎわっている。
電話をかけたのは、行く直前のことだったのだけれど、
席が空いていてラッキーだった。


a0029277_19124756.jpg
ちゃんとしたフレンチだと、シャンパーニュでスタートするところだけど、
ワイワイガヤガヤとしたカジュアルなお店だし、
なんといってもシゴト帰りの労働者にぴったりの飲み物ってことで、
夫はパスティス(700円)、私はカールスバーグ(600円)で乾杯し、
こんなお料理をいただいてきた。


a0029277_19131636.jpg
田舎風パテ 1,500円
定番メニュー、ワインにぴったりのパテ。


a0029277_19134427.jpg
酸っぱめの田舎パンは、パテにもよく合う。


a0029277_19141219.jpg
初鰹のマリネ 1,500円
黒板メニューから選んだのは、旬のお魚「初鰹」。
でも6月ということは、シーズンぎりぎりだったのね。


a0029277_19144350.jpg
ラギオールのナイフが登場して、次はいよいよメイン。


a0029277_1915649.jpg
手前:白イカのセート風煮込み、サフランライス 2,500円
こちらも黒板メニューから選んだもの。
セートというラングドック・ルーション地方の街の名前がついたこのお料理は、
見た目が黒くてギョっとするが、味は案外まろやかでコクがある。
アイオリを加え、ライスと一緒にいただくと、いっそうおいしい。


a0029277_19153924.jpg
仔鴨フィレ肉のロースト マディラソース 2,500円
もうひとつのメインも黒板メニューから選んだ。
決して珍しくないお料理だけれど、ちゃんとおいしい。
付け合せは、こちらからお願いしてフレンチフライにしてもらった。


a0029277_1915569.jpg
Bourgogne2005 COCHE-BIZOUARD 4,500円
そんなお料理とともに楽しんだのはブルゴーニュの赤。
アラン・コシュ・ビズアールという作り手のピノノワール。
このお店で一番安価なボトルワインは、
ネットで2,000円ほどで買えるもののようだ。


a0029277_19162024.jpg
本日のタルト 700円 + アイス添え 200円
デザートは抜こうかと思ったのだけれど、
夫の薦めもありついついオーダーしてしまった。


a0029277_19164381.jpg
エスプレッソ 400円
いつものように、エスプレッソコーヒーで終了。


a0029277_1917531.jpg
この日のお会計は、しめて 17,050円(税・サ込み)。
サービス料が10%チャージされているが、
いやみのない軽快なサービスは、なかなかのもの。
もちろん慇懃無礼系の格調高いサービスではないけれど、
お店の方とフランクに話せるお店も悪くは無い。

またフラっと来たいなあと思いつつ、夫と二人、ぷらぷらと坂道を登っていった。


◇2008年6月の食事記録です。
BISTRO A VIN Pot-Bouille  ポ・ブイユ
渋谷区恵比寿南2-7-4 クオリア恵比寿サウス1F  TEL : 03-3791-8845
訪問記録(2007/07) http://picot.exblog.jp/5892632/
訪問記録(2006/08) http://picot.exblog.jp/4254720/
訪問記録(2006/03) http://picot.exblog.jp/3370516/
*店内は禁煙です*

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-30 19:18 | ├西洋料理
うーん、前回のほうが良かったなあ。「らーめん 山田」
a0029277_23573158.jpg
札幌ラーメンって、あまり好きじゃないんだけれど、
ここの味噌ラーメンは、あっさりしていて私好み。
『ご近所にあって便利だし、また行きたいなあ・・・』
と思いつつ、再訪する機会がないまま1年が経ってしまった。

むむっ、このまま暑い夏を迎えてしまうと、ますます遠ざかってしまう!
これは早めに出かけておかないと!!

ということで、梅雨の晴れ間のとある土曜日に、
夫と二人で出かけた「らーめん山田」は、相変わらずの満員御礼!
それでも5分ほどでテーブル席に着くことができ、
こんなラーメンをいただいてきた。


a0029277_23574344.jpg
私は味噌ラーメン(750円)に野菜(100円)をトッピング。

たっぷりとシャキシャキ野菜が乗っていて嬉しかったけれど、
そのお味自体は、残念ながら、前回ほど美味しいと思えなかった。
どうも薄味過ぎて、ボケた印象を受けてしまったのだ。

  「野菜を追加したから、味が薄まったんちゃう?
   まあ、もともとあっさりしたラーメンやけどなあ。」

と夫が言っていたけれど、果たして真相は??


a0029277_23575538.jpg
夫はこのお店の名物、トンカツラーメン(950円)。
実は私もコレを注文しようかと思っていた。
前回、隣り合わせた方がコレを召し上がってらっしゃって、
とーっても気になる存在だったのだ。

・・・・が、トンカツラーメンは想像の範囲内のお味。
ヘンな調味料を使っているわけでなし、当然っちゃー当然なんだけれど、
期待が高まっていたせいか、ちょっとだけ残念な気分だった。


とまあ、不完全燃焼気味だったのだけれど、それなりに満足。
また寒い時期に出かけてみたいと思う。


◇2008年6月の食事記録です。
らーめん山田
渋谷区恵比寿西1-32-12 山田ビル1F  TEL : 03-3464-1105

訪問記録(07年05月) http://picot.exblog.jp/5428911

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-22 23:59 | └ラーメン
3年ぶり!神楽坂のクレープリー「ル ブルターニュ」。
梅雨の晴れ間、6月のとある平日のこと。
神楽坂にある老舗クレープリー「ル ブルターニュ」を三年ぶりに訪れた。a0029277_2358264.jpg
ちょうど開店直前、11時半ごろにのお店の前には、
開店を待つ4~5組の客が列を作り、入店を待っている。
その列の最後尾に着こうとしたとき、店内への案内が始まり、
私もすぐにテーブルに着くことができた。


a0029277_2358108.jpg
ランチメニュー(11:30-15:00/火-金)は5種類。
1,480円のものが1種類と1,680円のものが4種類ある中、
前回と同じ「ガレットコンプレットとクレープ 1,680円」という
 ・好みのガレット コンプレット
 ・グリーンサラダ
 ・好みのクレープグラッセ
 ・飲み物
というセットを選んだ私。
オーダーを終えてすぐに出されたサラダ皿はキンキンに冷え、
カラフルな野菜はパリっと仕上がっていて、
炎天下を歩いてきた身には、その冷たさが有難い。

お皿の左にある小鉢はシードル。
シードル ヴァル ド ランス オーガニック(4.0%)
という種類のものだった。


a0029277_23582022.jpg
コンプレット オ ジャンボン クリュ
悩みに悩み、店員さんと相談した末に選んだガレットがこれ。
"かきまぜタマゴ、バイヨンヌの生ハム、スイスのグリエールチーズ"
が入っているとメニューに書いてあったのだが、この中の、
「かきまぜタマゴ」がいったいどんなものか、とても気になったのだ。


a0029277_23582935.jpg
好みとしては、半熟の目玉焼きがベストなんだけれどなあ・・・

そんな風に思っていた私の目の前に現れた「かきまぜタマゴ」。
鉄板でタマゴとチーズを混ぜ混ぜするとのことで、
生ハムを掻き分け、中身を確認してみると、
ふんわり優しく焼きあがったタマゴ&チーズが現れた。

でもやっぱり私は、半熟の目玉焼きが好き!
あの黄身がトロリと溶けだしてくるのがたまらないのだ。


a0029277_23584069.jpg
ヴァヌテーズ オレンジ
好みのキャラメル・ブールサレ(プレーン or オレンジ or ジンジャー)と
ヴァニラアイスの最強コンビが乗っかったクレープ グラッセ。
前回と同じ選択になってしまったのだが、キャラメルのかけ方が少々違う。
ま、取るに足らない、どーでもいいことですが。。(^^)

ガレット単品が950円~1,250円、甘いクレープ単品が850円するのに、
さらにサラダと飲みものがついて、1,680円というのはリーズナボー。
ササっと食事を終え、12時過ぎにお店を出たところ、
行列が一段と長くなっていたのだが、
この内容なら人気が出てもしょうがないなあ。

また今度来るときも、早めのランチにしようっと!!

・・・といっても、次回はまた数年先になるかもしれないけれどね。



◇2008年6月の食事記録です。
カフェ クレープリー ル ブルターニュ
新宿区神楽坂4-2 TEL 03-3235-3001
http://www.le-bretagne.com/index.html

訪問記録(2005年5月) http://picot.exblog.jp/1954002/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-21 23:58 | ├西洋料理
恵比寿の「炭火ホルモン焼 こぐり」でくらったカウンターパンチ。
a0029277_23481646.jpg
2泊3日の神戸出張から東京に戻ったのは土曜の夜。
気力も体力も尽き果てたカラダをひきずって、なんとか恵比寿駅まで帰り着き、
夫と待ち合わせて出かけたのは、駒沢通り沿い、渋谷川のそばにある焼肉店。


a0029277_23483177.jpg
お店の最奥のテーブルに通され、メニューをチェック。
トボけた牛さんの説明図がかわいらしい。


a0029277_23484283.jpg
ビール中生 580円
お肉の準備ができるまで、キャベツをアテに生ビール。
実はこの日、3度目の生ビールだったりする。(むふふ)


a0029277_23485066.jpg
ユッケ 950円
塩ユッケ、というメニューもあったのだけれど、
初めてのお店なので、一般的なほうを選んでみた。


a0029277_23485952.jpg
ユッケを突っついているうちに、七輪の準備完了。
さあ、焼きまっせ。


a0029277_234981.jpg
カルビ 1,080円、ロース 980円
(お肉の種類は間違っているカモ。)


a0029277_23491813.jpg
イチボ 1,500円(ハーフ)
オトボケ牛さんメニューから希少部位のひとつ、
お尻のお肉「イチボ」を選んでみた。
ハーフだから三切れだけ、というのが淋しいけれど、
予算的な条件があるのでしょうがない。


a0029277_23493134.jpg
こぐりミックス 1,880円
(ホルモン、丸腸、こってり、レバー)

ホルモン好きの夫が頼んだこの一品、
「さあ、食べてやるぞー」と意気込んでみたものの、
コッテリと濃い味付け、そしてガッツリ系の内臓肉のせいで、
あっという間におなかいっぱい胸一杯。
うーん、普段なら、これぐらい軽ーく食べてしまうのに、
これは疲れているせいか、それとも寄る年波が原因か。


a0029277_23494130.jpg
ハラミ 980円
ホルモンのせいで、おなかいっぱい状態のままいただいたハラミ。
一番好きな部位なのに、ちょっとモッタイナカッタなあ。


a0029277_23494928.jpg
クッパ 650円
おなかいっぱい・・と言いながらも、決して忘れないシメのメニュー。


お値段とお肉のバランスもタレの味も、決して悪くはなかった。
なのに、「おなかいっぱい、美味しかったー」というセリフではなく、
「おなかいっぱい、気分わるー」というツブヤキで終わってしまったのは、
とにもかくにも「こぐりミックス」という名の、
強力なカウンターパンチをくらってしまったせい。

今度行く時は、ホルモン系(内臓肉系)は単品でオーダーしようっと。


◇2008年6月の食事記録です。
炭火ホルモン焼 こぐり
渋谷区東3-17-11 ヴェラハイツ恵比寿東2階 TEL : 03-3449-6990
http://www.coguri.jp/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-20 23:49 | ├焼肉・ステーキ
5月のイル・ルポーネ その2
a0029277_063896.jpg
週末の席がなかなか押さえられなかったので、
珍しく早めに予約を入れておいた「イル・ルポーネ」に出かけたのは、
前回の訪問から数週間後のこと。5月に入って、2度目の訪問となる。


a0029277_064844.jpg
ヒシコイワシのレモンマリネ 600円
蒸し暑くなってきたせいか、さっぱりとしたメニューが食べたくなる。


a0029277_065978.jpg
硬くてしょっぱめ、素っ気ないパン。
でも、このシンプルなパンが食事やワインに合う。


a0029277_071470.jpg
ハーフ&ハーフでお願いしたピッツァ。
確かフンギ・コン・プロシュットディアヴォラだったかな。


a0029277_072327.jpg
カプリ風 プロヴォラアッフミカータを詰めた
                トマトソースのラビオリ 1,700円

"プロヴォラアッフミカータ"は、自宅でもいただく大好きなチーズだが、
こうやってラビオリで味わえるのは格別。
ちゅるるんと口に入った後、口内に広がる燻製香。


a0029277_073553.jpg
内地もち豚の骨付ロースと
          じゃがいものオーブン焼き 2,800円

メインはボリュームたっぷりの豚肉。初めてのオーダーになる。
美味しいけれど、同じ豚肉ならソーセージのほうが好みだなあ。


a0029277_074622.jpg
食事の後は食後酒タイム。


a0029277_075425.jpg
2種類、半分の量でお願いする。


a0029277_08347.jpg
夫は、オレンジのアクアヴィット(左)が気に入ったらしい。
ちなみに、食事中は赤白のワインをカラフェでいただいている。


a0029277_081497.jpg
カタラーナ 500円
以前いただいたときは「焦げ過ぎ!」と思ったデザートだけれど
今回はちょうど良い感じに仕上がっていた。


a0029277_082767.jpg
ダブルのエスプレッソで食事も終了。


メインの豚肉を食べ終えた後、お店の方がおずおずと
「食事、追加オーダー・・されます?」と聞いて下さる。
普通はこれで十分な食事なんだろうけれど、
我が家の場合「ピッツァ追加!」とか言いかねないからなあ。(苦笑)

今回は丁重に追加オーダーを辞退申し上げた私たち。
でも、そのかわり(?)来月の予約を入れて、お店を後にした。


◇2008年5月の食事記録です。
トラットリア・ピッツェリア イル ルポーネ
目黒区中目黒2-10-19 TEL : 03-5722-6789
http://www.il-lupone.jp/
訪問記録(2008年5月) http://picot.exblog.jp/7268726/
訪問記録(2008年1月) http://picot.exblog.jp/6773665/
訪問記録(2007年12月) http://picot.exblog.jp/6638764/
訪問記録(2007年9月) http://picot.exblog.jp/6251155/
訪問記録(2007年7月) http://picot.exblog.jp/5951400/
訪問記録(2007年6月) http://picot.exblog.jp/5789019/
訪問記録(2007年4月) http://picot.exblog.jp/5647577/
訪問記録(2007年2月) http://picot.exblog.jp/5219313/
訪問記録(2007年1月) http://picot.exblog.jp/5057838/
訪問記録(2006年10月) http://picot.exblog.jp/4548701/
訪問記録(2006年3月) http://picot.exblog.jp/3359385/

この日のお会計  約15,000円

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-18 00:09 | ├西洋料理
7月の京都
a0029277_7223889.jpg
先斗町の川床で、関東出身の舞妓さんから
「ねーさん、さすがにお上手どすなあ」と京都弁を褒められたあと、


a0029277_7224946.jpg
高瀬川べりにあるピッツァ屋で飲みなおす。
東京ではチェーン展開しているお店だけど、関西での出店はココだけらしい。


a0029277_723054.jpg
その翌日、会議を終えて訪れた四条通り。
組み立て真っ最中の長刀鉾を、たくさんのギャラリーが取り囲む。


a0029277_7231116.jpg
お昼は長刀鉾の近くにある、まだ新しい和食店。


a0029277_7233264.jpg
お昼を食べたあと、お土産を買いに向かった洋菓子店には、
改装中のため50メートル先の仮店舗で営業中、との案内が。


a0029277_723507.jpg
3日間限定の仮店舗を利用できたのは、貴重な経験カモ。


a0029277_7235966.jpg
洋菓子店を出て、四条通に戻ったところ、
さっきは横たわっていた長刀鉾が起き上がっていた。


a0029277_724968.jpg
とまあ、あれこれ食べた京都出張。
東京に持ち帰った「豆餅」も変わらぬ美味しさでマンゾク。


◇2008年7月の食事記録です。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-12 07:25 | たびさきにて
夫と再訪!「海南鶏飯食堂2」でランチ。
 "この日、夫は出張で不在だったので、「おひとりさま」だった私ですが、
  リラックスできる居心地のよい空間でのんびり~。
  店員さんも明るくて爽やかで高感度大!なかなか気に入ってしまいました。

  今度は夫と再訪しようと思います。"


なーんて調子の良いことを書き記してから約2年。
5月のとある休日、ちょうど雨があがったばかりの昼下がり、
趣味の活動のため自由が丘に出かけようとしている夫と、
お昼ご飯場所を探しながら恵比寿駅東口あたりをフラフラ。
アトレで済ませようか、陳麻家で中華にしようか・・と言いつつ、
不意に存在を思い出して「海南鶏飯食堂2」にやってきた。

店内奥のスペースにはお子様連れのグループが陣取っていて、
オトナもコドモも大声で盛り上がっていてうるさかったのだけれど、
サクっと食べるだけだし、まぁいいかー・・ということで、
中年夫婦二人、静かにこんなものを食べてきた。


a0029277_2259285.jpg
お休みだし、とりあえずビール。
でも夫は「ご予定」が待っているので、二人で半分こ。


a0029277_22591131.jpg
海南鶏飯(ハイナンジーファン)並 900円
(ゆで鶏、ジャスミンライス、チキンスープ、ミニサラダ)


初訪問となる夫も、二度目の訪問となる私も、定番メニューをオーダー。
「大盛り(1,250円)」メニューもあったけれど、
ジャスミンライスのお替りが無料なので、注文は「並」にしておいた。


a0029277_22592058.jpg
ジューシーなチキン。
自分で作っても、うまくできるかのだろうか。


a0029277_22592923.jpg
三種の薬味を代わる代わるつけて。
時にはミックスもしたりして。


a0029277_22594083.jpg
夫も私もお替りしたジャスミンライス。
おかげでおなかいっぱい。


とっても明るく、人懐っこい印象のする店長さん(←たぶん)が、
もっとご飯をお替りしないか?と何度も訊いてくださったり、
最後はお店の外にまで出てお見送りしてくださったり、
気持ち良く食事を終えることができた。

この店長さんがお客様を大事にしてらっしゃることを実感するとともに、
お店のことを愛していらっしゃることがヒシヒシと伝わってきて、
イヤでも(?)このお店のことを好きになってしまいそうな
ムードができあがっているお店だった。



◇2008年5月の食事記録です。
海南鶏飯食堂2(恵比寿店)
渋谷区恵比寿1-21-14 Costa De Verano 1F   TEL : 03-3447-3615
http://www.route9g.com/
訪問記録(06年06月) http://picot.exblog.jp/3961909/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-07 23:00 | ├エスニック
「トシ・ヨロイヅカ」の焼き菓子を買い、「歩粉」を覗いて「恵比寿麦酒記念館」へ。
a0029277_23543051.jpg
久しぶりに恵比寿の「トシ・ヨロイヅカ」へ。
お遣い物の焼き菓子セットを買うためだ。

 *トシ・ヨロイヅカ 恵比寿店
  http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/ 


a0029277_23544195.jpg
その帰り「歩粉」に立ち寄ろうかと思ったが、
チラりと店内を覗いたところ、女子にて満員ギュウギュウ御礼状態。
勇気が出ずに、写真を撮っただけで素通り・・・。

 *歩粉
  http://www.hocoweb.com/


a0029277_23545110.jpg
やっぱりココが落ち着くわ~。


a0029277_23545931.jpg
というわけで、エビス生(200円)をグビグビっと。

梅雨とは思えない、この週末。
昨日は新宿の家電量販店2軒(ビックカメラ、ヨドバシ)をハシゴしただけで、
蒸し暑さと人混みに息絶えてしまい、夕寝を余儀なくされた私。
今日はなんとか眠らずに起きておりました。


a0029277_235595.jpg
ヨロイヅカでは自分用の焼き菓子も買ったので、
デフェールの焼き菓子と食べ比べてみよう。

でも、ネコせんせいは全く興味なさそうです。



◇2008年7月の食事記録です。
恵比寿麦酒記念館
渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内  TEL : 03-5423-7255
http://www.sapporobeer.jp/brewery/y_museum/index.html
訪問記録(2008/05) http://picot.exblog.jp/7120843/
訪問記録(2008/04) http://bonvoyages.exblog.jp/8438949/
訪問記録(2007/08) http://picot.exblog.jp/6014905/
訪問記録(2007/06) http://picot.exblog.jp/5797823/
訪問記録(2006/01) http://picot.exblog.jp/3018817/
訪問記録(2005/02) http://picot.exblog.jp/1623878/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-06 23:56 | ├ワイン&ビアレストラン
たまプラーザ「デフェール」の安食シェフがご退職


a0029277_13532985.jpg
先日、たまプラーザの「デフェール」に行ってきた。
このときお店でいただいたケーキや、持ち帰った焼き菓子については、
また近々(?)記事をアップしようと思っていたのだが、
先ほどお部屋を掃除していて出てきたのが・・・


a0029277_13541330.jpg
「デフェール通信」。
そういえば、こんなチラシもらってきたっけ。。
と、ゴミ箱に放り込む前に、チラっと目を通したところ・・


a0029277_13533763.jpg
私、安食雄二は7月20日付をもって
(有)デフェールを円満退社することになりました


えーっ、知らなかった。びっくり!
ネットで調べてみると、来春、独立されるような噂話も聞こえてくるが、
本当のところどうなんだろう。

そして、このチラシの左側には


a0029277_13534883.jpg
この度、シェフに就任いたしました
豊長雄二と申します


と新しいシェフの紹介がされていた。

この新シェフの豊長さん、ググって調べてみたところ、
「フランス滞在記―あるパティシエの5年間の記録」という本を出されていたり、
「花より男子2リターンズ」の洋菓子指導をされていたりするようだ。
ふむ、「デフェール」がこれからどう変わっていくのか楽しみ。


それにしても「デフェール」って安食シェフがオーナーではなかったのね。
有名なシェフ、お店を背負う看板シェフなので、
てっきり経営もされているのかと思っておりました。




DEFFERT デフェール
横浜市青葉区美しが丘1-5-3 TEL : 045-901-3911
生ケーキ2種(06年10月) http://picot.exblog.jp/4496201/
オレンジケーキ(06年05月) http://picot.exblog.jp/3703055/
生ケーキ4種(05年07月) http://picot.exblog.jp/2120869/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-06 13:55 | ぱん&すいーつ
記念日ディナーは「ランベリー」で -後編-
「記念日ディナーは『ランベリー』で -中編-」の続きです。
a0029277_10195344.jpg
「ランベリー」での初めてのディナーを終え、
お店を退出するときに手渡しいただけるいつものお土産。

・・いや“いつも”の紙袋とは違う、妙に可愛らしいパッケージ。


a0029277_1020350.jpg
中身も“いつも”のフィナンシェ(画像はこちら)とは違い、
小さなマカロンが二種(レモン・抹茶)が入っていた。


a0029277_10201336.jpg
黄色と緑の色合いを見て、思わずこんなお皿で記念撮影。
マカロンに隠れて見えないけれど、大好きな動物(極楽鳥)柄だったりする。


a0029277_10202271.jpg
実際にいただくときは、八角形の小皿で・・・。(笑)


◇2008年5月の食事記録です。
フランス料理 ランベリー
東京都港区南青山4-17-33 TEL : 03-3423-0131 / 0120-791-039
http://www.lembellir.com/
訪問記録(2007/11・ランチ)  前編 ・ 後編
訪問記録(2007/03・ランチ)  前編 ・ 後編
訪問記録(2007/02・ランチ)  前編 ・ 後編


ディナーの感想、こぼれ話はこちら(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-07-06 10:22 | ├西洋料理