<   2009年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


お鍋の季節の必需品が到着しました。
a0029277_7333077.jpg
昨夜、宅配便で届いたのは、ネット注文していたとあるモノ。


a0029277_7333820.jpg
1本590円。
3,000円以上だと送料無料なので、6本まとめてお買い上げ。
これでお鍋の季節も安心して過ごせます。


さて、これは何かと言いますと・・・・

既にお分かりの方も多いと思いますが・・・・
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-31 07:34 | たべものいろいろ
五反田の小さなケーキ屋さん「ル・フロマージュ」のシュークリーム
a0029277_0385880.jpg
五反田駅のすぐそばにあるケーキショップ「ル・フロマージュ」。
昨日、たまたまこのお店の前を通りがかったのだけれど、
ちょうど甘いものが食べたいモードだったこともあって、
吸い込まれるようにお店に入り、夕食後のデザートを衝動買い。

生ケーキ、プリン、焼き菓子・・・いったいどれにしようかとしばし悩んだ後で、
こんなものを買い求め、日付が変わる直前に、夫と仲良く(!?)いただいた。


a0029277_039830.jpg
シュー・ア・ラ・クレーム 180円

なんだか面倒くさくって、お皿を使わなかったので、
箱に入ったままの状態の写真で失礼。
もちろん手づかみでいただいております。(笑)


a0029277_0391776.jpg
大好きな「エスト・ローヤル」のシュークリームに、
シューの雰囲気が似ているような気がして選んだのだけれど、
確かにざっくりと武骨な感じに焼き上がっていて、好みのタイプ。

でもクリームには特徴がなく、フツーの味だったのが物足りない。
食感も『もしかしたらコーンスターチを使っている?』と思わせるもので、
残念ながら、私の好きなタイプじゃなかった。

生ケーキは見た目が洗練されておらず、食指が動かなかったのだけれど、
果たしてその味は、私の好みと合うものなんだろうか?

土日定休ということで、再訪は簡単ではなさそうだけれど、
もしも何かの機会にまたこのあたりに来る機会があれば、
今度はケーキの味の確認をしてみてもいいかもしれない。


◇2009年10月の食事記録です。
ル・フロマージュ
品川区東五反田5-24-8  TEL : 03-3442-2083
オフィシャルサイト  http://le-fromage.jp/
旧サイト??⇒ http://www.geocities.jp/le_fromage2006/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-31 00:39 | ぱん&すいーつ
今年も開催!伊勢丹のシャンパン祭りは11月最終週。
伊勢丹といえばトーコさん

ナイスなインフォメーションありがとうございます。
引用させてくださいね~。

東京アンダーザブリッヂ「お祭りついでにインフォメーション」
「リアル・クローズ」で伊勢丹の店内が映ると興奮してしまう伊勢丹ファンと
して重症な私。

そんな私がもっとも愛している伊勢丹の催事が、11月末に控えております。

ノエル・ア・ラ・モード(通称・シャンパン大会(笑))
伊勢丹新宿店 本館6F催事場にて
11月25日(水)~12月1日(火)
※最終日は16時終了

詳しいことはまだ不明ですが、恐らく例年通り、バーもあるだろうし
ヴィンテージの高いシャンパンもたくさん来るのではないでしょうか?
泡大好きなので、楽しみですー。
さーて、有給休暇取得計画を立てなくては!


伊勢丹 新宿店
新宿区新宿3-14-1  TEL : 03-3352-1111
https://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjuku/
2006年の記録 http://picot.exblog.jp/4608534/
2007年の記録 http://picot.exblog.jp/6459613/
2008年の記録 http://picot.exblog.jp/7705367/


[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-30 18:58 | のみものいろいろ
虎ノ門の隠れ家フレンチ「サラマンジェ」はガツン系?
a0029277_712850.jpg
「レストラン七條」でお昼ごはんを食べた日のこと。
お茶の水での用事を済ませた後、晩ごはんを食べに虎ノ門へ。
平日はサラリーマンで賑わっているであろうこの界隈も、
週末は人影もほとんどなく、ひっそりと静まり返っている。
ライトアップされた東京タワーに誘われるように、
暗い路地を歩いて行くと、そこに現れたレストランは・・・


a0029277_7122499.jpg
サラマンジェ ド イザシ ワキサカ

雑誌だったかネットだったか。
もうずいぶん前のことなので情報源は忘れてしまったが、
"オヤジ系ガッツリフレンチ"として紹介されていて興味シンシン。
ずっと行きたいと思っていたレストラン。

でも何も知らなかったら、このお店に行きたいなんて思わなかったはず。
いや、きっと逆に敬遠していたに違いない。
だって、シェフの写真がデーンと入口に掲げているなんて・・・。
はっきりいって、私はヒいてしまいます。


a0029277_7123235.jpg
さて、そんなシェフ写真のお出迎えにビビりつつも(笑)、
細い階段を下りて、地下1階のレストランホールへ。
そして厨房の目の前、料理人さんの息づかいが聞こえてきそうな
ライブ感たっぷりのカウンター席に着き、まずは食前酒。

私はグラスシャンパンをオーダーしたのだけれど、
ルイ ロデレールが1,200円とはなんとも良心的で嬉しい限り。
おまけに開栓したてのボトルから注いでもらい、香りも抜群。
コートドールに続いて、ルイロデづいていて、幸せいっぱいだ。


a0029277_7124056.jpg
一方、白濁酒好きの夫はパスティス(600円)でスタート。

そんなアペリティフを楽しみつつ、
気になるお料理がズラリと並ぶラカルトメニューを熟読し、
うんうん唸って悩みながら、なんとか注文を決めました。


a0029277_7124964.jpg
フランス・ドンブ産カエルとエスカルゴのブルゴーニュ風 2,200円

まずは前菜。カエルもエスカルゴも大好きな食材。
いや、単にこのエスカルゴバターが好きなだけかもしれないけど。(笑)


a0029277_7125854.jpg
というわけで、パンを使って最後まで。

でも肝心のエスカルゴバターが、ぼんやりとしていたんだよなあ・・。
フライドアーモンドがぱらり、くるみもはいっていて、
面白いなあって思ったんだけど。


a0029277_713754.jpg
そうそう、エスカルゴとともにこんなグラスが登場。
お水が入っていることでもわかるとおり、実はこれ、フィンガーボウル。
ガラス製のフィンガーボウルって珍しいけれど、
見た目が綺麗でいいなあ・・って思っていたら、
夫が「使った後の濁った水が見えるのは良くない」とバッサリ。
ま、確かにそうですな。


a0029277_7131657.jpg
さて、前菜から抜栓いただいていた赤ワイン。
ビオ(BIO)っぽい香りが特徴的。


a0029277_7132499.jpg
こちらは黒オリーブ。
写真のアップ順を間違えたのではなく、前菜が終わるころに登場したもの。

アミューズとして最初に出すべきところ、出すのを忘れていたそうな。(笑)


a0029277_7133369.jpg
トリップ ア ラ モード ド カン 1,800円

二品目の前菜はトリッパ。
確かシードルやカルバドスで風味づけていて、妙にあっさり。
内臓肉の臭みが残る部分があったのが残念だったなあ。


a0029277_713437.jpg
仔鴨胸肉の「ラケ」コニャックのソース 3,000円(写真は1/2量)

一皿目のメインは鴨!
蜂蜜だったか何かでテリをつけていて、確かに甘い味。
一方、しいてあるソースはあっさりとして甘味がない。
大好きなピンクペッパーの香りがアクセントになっていて良かった。

ところで、隣席の人も同じものを注文されていたのだが、
2時間の間、このお皿を前にしながら全く進捗なし。
持て余していたのかなあ・・・ずっと。


a0029277_7135235.jpg
バヴェットのソテ エシャロットソース 3,200円

メニューに "ハラミではありません" という注釈がついている肉料理。
お肉の部位では "かいのみ" になようだ。
レアな焼きあがりで、エシャロットの風味が効いている。
見た感じ、焼肉屋さんで出てくるお肉のようだ。

ちなみにこちらは一品が一皿で出されて、自分たちで取り分ける形。
先の鴨はもともと半量ずつ分けて出してくださったんだけれど、
お料理によって出し方を変えてらっしゃるのだろうか?


a0029277_714155.jpg
チーズも準備されていて、
食べてみたいと思うものもあったけれど、
もうワインがカラッポになっていたので見送り、
最後にダブルのエスプレッソをいただいてごちそうさま。


a0029277_714895.jpg
急に思い立って、前日に予約の電話をかけたのだけれど、
難なく二人分の席を確保することができて、拍子抜けしたのだが、
当日、やはりお店は満席で、人気店であることは間違いないようだ。

ただ、ちょっと意外だったのは、ガツン系ではなかったということ。
味付けもマイルドだし、量もフレンチとしては決して大きくない。
インパクトもあまりなく、ちょっと肩すかしを受けた気分。
人によって好き嫌いがはっきり分かれるようなお料理や、
もっとダイナミックなお料理を期待していたんだけどなあ。
うーむ、期待をしすぎていたのかもしれない。



シェフ中心の小さな隠れ家的なレストラン。
女性客に占拠されていないし(笑)、決して嫌いなお店じゃないけれど、
残念ながら、絶対リピートしたい!とまでは思わなかった。

それでもカウンター席で、厨房というステージを眺めながら、
食事をいただけたのはとてもよかった。
もしも何かの機会で再訪するなら、カウンター席を指定したいと思う。



◇2009年9月の食事記録です。
Salle à manger de HIsashi WAKISAKA サラマンジェ ド イザシ ワキサカ
東京都港区虎ノ門1-11-5 森谷ビルB1F TEL : 03-6903-6730
席料が400円かかります。また、お子さまの同伴はNGとのことです。
この日のお会計は二人で約20,000円でした

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-30 07:15 | ├西洋料理
1年ぶりの「レストラン七條」で土曜ランチ。
a0029277_2313723.jpg
午後からお茶の水で用事があった9月の土曜日のこと。
ちょっと早めに家を出て、ちょこっと寄り道をすることにした。


a0029277_23131628.jpg
都営三田線神保町駅のA8出口と直結している小学館ビル。
その地下1階のレストラン街で、お昼ごはんを食べるのだ。


a0029277_23132388.jpg
レストラン七條。

開店時間の11時半ちょうどにお店に着いたのだけど、
私たちが到着したときには、既に何組もの客が入店していて、
席の半分が埋まっている状況。ほー、相変わらずの人気ですねえ。

それにしても、黒板メニューに全てのお料理が揃っていて嬉しい。
だって昨年の初訪問の時には、いくつものお料理が品切れだったから。


a0029277_23133265.jpg
何にしようか迷いながらも、なんとかオーダー決定。
お料理が出てくるまで、生ビールを飲んで待ちましょう。
あー、昼間のビールはおいしいでござる。


a0029277_23134145.jpg
Aランチ(海老フライ・メンチカツ盛合せ) 1,050円

夫も私も、二つの看板メニューが楽しめるランチセットをいただいた。
海老フライは前回ほど衣が厚くなく、甘い海老が美味しかった。
メンチカツはとにかく熱い!火傷しそうなほどアツアツの仕上がり。
そして外側はカリっと、中は肉汁たっぷりで美味しい~。
一口目は何もつけずにそのままの味を楽しみ、
そのあと、ペンギン印の中濃ソースをかけていただく。
このソース、オリバーの中濃より味が甘くて濃い。
ペンギンもかわいいし、今度どこかで見かけたら買ってみようかな。


そういえばこの日も、お酒を飲む客限定メニューの生牡蠣があった。
1個1,000円というお値段におののいて注文できなかったけど、
白ワインと一緒に食べてみたかったなあ~。


◇2009年9月の食事記録です。
レストラン七條
千代田区一ツ橋2-3-1 小学館ビル地下1階  TEL : 03-3230-4875
訪問記録(08年10月 ランチ) http://picot.exblog.jp/7838392/
穴子フライは超ビッグ!女性の一人客が頼んでいたけど、ちょっとスゴすぎ。

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-26 23:14 | ├洋食
5年ぶり!「三浦屋」の天丼は下町の味。
所用のため、京急新馬場駅近くに出かけた日曜のこと。
個の近くでお昼ご飯を食べて帰ろうということになり、
「連」の系列の洋食屋さんに向かったが、残念ながら改装中。
続いて、北品川商店街にある鰻屋さんに行ってみたが、
こちらは日曜休業の札がかけられている。

それならば、最後の砦!
日曜営業をチェックしておいたあのお店へ行きましょう。


a0029277_9574415.jpg
というわけで、北品川特集(?)の3軒目は「三浦屋」。
2度目、なんと5年ぶりの訪問だ。


a0029277_9575749.jpg
13時を過ぎた頃。
うす暗くて小さな店内には5組の客がいて、ほぼ満席だったが、
どういうわけかメタボ系の客ばかりで苦笑する私。
類は友を呼ぶっていうけど、
きっと私たちも同類としてお呼びがかかったんだろう。

そんなことを思いながら、キリンラガー(500円)で喉を潤しつつ、
「三浦屋」名物の天丼をいただいた。


a0029277_958552.jpg
夫:特上天丼 1,100円(海老×2、いか、魚(めごち)、ししとう)


a0029277_9581342.jpg
私:さかな丼 1,100円(穴子、きす、めごち、ししとう)

天ぷらの衣は硬めでサクっとした仕上がりで、なかなかの食感。
ただ、たれの甘辛さが濃い! こってりと濃く甘く、濃く辛い。
だから、どのてんぷらを食べても同じような味に感じてしまう。
たれが強すぎる、たれのせいでネタの味が消えてしまう。
でもこれが下町の味、下町の天丼なんだろうなあって思う。



13時半きっかりに、おかみさんが暖簾をおろしたのだが、
まさにその直後に来店した関西弁のおにーちゃん。
わざわざこのお店を目当てにやってきたらしく、相当ショックを受けていた。
「そこをなんとか(お店に入れて!)」と粘っていたが、
おかみさんが丁重にお断りされていた。
そういえば、この後に電話も何本かかかってきていて、
閉店のお詫びをされていたっけ。
ふむ。やっぱり人気は衰えていないんだなあ。


そうそう、こちらのお店の壁は、
有名人のサイン色紙で埋め尽くされているのだが、
最近では中村仁美アナ(7月)、三之助さん(9月)のサインが飾ってあった。

そして総理大臣の弟さん(←ずっとお兄さんだと思ってた私)の色紙もあって、
鳩山家の掲げる「友愛」という文字が大きく書かれていた。

友愛かー・・・、まずは兄弟仲良くしはったら?



◇2009年10月の食事記録です。
三浦屋
品川区北品川1-28-11   TEL : 03-3471-4811

訪問記録(04年07月) http://picot.exblog.jp/629169/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-25 09:59 | ├和食・郷土料理
北品川の「ホルモン焼 もんもん」を再訪問。
a0029277_0114035.jpg
「あぶりや連」に続いて、北品川での記録を二つほど。

まず一つ目はこちらのお店。


a0029277_0115219.jpg
この写真だと「居酒屋 わいわい亭」に行ってきたように見えるけど、
左のお店「ホルモン焼 もんもん」が今回の訪問先。

最初は品川駅で夫と待ち合わせて、一緒にお店に向かうつもりだったけど、
会社を出るのが少し遅れてしまったので、先に夫にお店に行ってもらうことにした。
だってこのお店、ヘンピな場所にある割には人気が高く、
順番待ちをしなければいけなくなることも多い。
だから、とにかく早めに行って席取りをすることが重要なのだ。


a0029277_012070.jpg
そんな重要な使命を帯びた夫は、ユッケとキャベツ(お通し、一人100円)を食べながら、
ひとり生ビールでシゴトの疲れを癒していた。
10分遅れで到着した私もビールをお願いして、晩ごはんスタート。

しっかしこのユッケ、味付けが甘すぎないかい?


a0029277_012821.jpg
グランドメニューの他に、こんなお勧めメニューも。
"限定"って書かれたら、俄然食べたくなる私。
お店の思惑通りに動くのってシャクにさわるけど、
やっぱり注文してしまいました。(笑)


a0029277_0121887.jpg
食べたもの、あれこれ。そして、感想は・・・

 モモヒレ:悪くないけど、1,000円出すほどのものでもない。
 タン先:塩ダレの味が強すぎて、ドギツイ感じ。
 カルビ:サシが美しい。これで150g 600円というのは安いね。
 ギアラ:見た目では味噌が濃すぎ?って思ったけど、実際はそれほどでもなかった。
 テッチャン:脂がいっぱい・・・すぐに燃えるので氷での消火活動が必須。
 豚肉:牛肉よりお値段高めの600円。塩味弱めで、とリクエスト。
 キャベツ:キャベツ自体もおいしいが、甘めの味噌が好みの味。
 サンチュ:7枚ほど
 ごはん:サンチュでまいて食べるために、小サイズを。

といったところ。


a0029277_0122810.jpg
ビールの後はホッピー!
中身のおかわり付きで350円♪


a0029277_0123751.jpg
まるでコムタンのようなクッパ。
肉の味が強い"濃厚系"は嫌いじゃないけれど、
食事の最後、シメにいただくのには合わない感じ。
あっさりとした普通のクッパのほうが良いなあ。


a0029277_0124645.jpg
というわけで、この日のお会計は6,900円。
安心の北品川価格で嬉しい限り。

あ、もちろん、あみ交換は1回だけにしておきました。
よく考えたら20円って、たいした金額じゃないんだけれど、
追加料金を払うのに心理的抵抗が起こってしまうのです。


◇2009年9月の記録です。
ホルモン焼 もんもん
品川区北品川1-24-8  TEL : 03-3471-4129
訪問記録(09年07月) http://picot.exblog.jp/9067688/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-25 00:14 | ├焼肉・ステーキ
1時間1,200円で飲み放題!北品川の「あぶりや連」。
a0029277_23482458.jpg
自宅最寄りの商店街にある「あぶりや連」。


a0029277_23483489.jpg
活貝、干物を炭火であぶっていただくのがウリのお店なのだけど、
普段の晩ごはん場所として利用する私たちにとっては、
この"サクっと飲み放題"のほうが魅力的だったりする。


a0029277_23484187.jpg
この日も会社帰りに夫と寄り道。
1時間飲み放題付きの晩ごはんは、生ビールとともにスタート!


a0029277_23484835.jpg
若鶏の竜田揚げ 500円
生マグロぶつ醤油和え(からし) 500円
夏野菜の炭火焼き 600円
関のサバ(半尾) 650円
出し巻き玉子 350円
ぽてとさらだ 400円

単価が安いので、次々と注文してバクバク食べる。


a0029277_23485734.jpg
生マグロぶつ醤油和え(わさび) 500円

最初に注文したマグロが美味しかったので、
味付けを辛子から山葵に変更して、再度注文。


a0029277_2349536.jpg
焼きおにぎりセット 350円

"晩ごはん"ですもん、最後はご飯をたべなきゃね。


それにしても、よく飲みました。
1,200円という代金じゃ申し訳ないぐらい・・・。

食事も安くておいしいので、
また晩ごはん代わりに利用させていただきます!


◇2009年9月の食事記録です。
あぶりや連
品川区北品川1-2-6  TEL : 03-5783-1781
ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/b980801/
オフィシャルサイト http://www.ren-shinagawa.com/"

訪問記録(08年08月) http://picot.exblog.jp/7545038/
訪問記録(05年04月) http://picot.exblog.jp/1874162/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-22 23:49 | ├居酒屋
「アウトバック・ステーキ」は年に2回の恒例行事。
4月の「グランド・セントラル・オイスター バー&レストラン」の記録をつけたついで、
どさくさ紛れに5月の「アウトバック ステーキハウス」の記録もつけてしまえ~。

・・・でも、こちらも既にキオクがうすーくなっているので、
とりあえず写真だけを並べてしまいましょう。


a0029277_783267.jpg
ポップシュリンプ、だったけかな。
うーん、お料理名がわからない。
とにかく、ボリュームたっぷりの海老のアペタイザーでスタート。


a0029277_784074.jpg
そんなアペタイザーに合うと思えないけど、
ステーキハウスなので、やっぱり赤ワインをボトルで。

銘柄はグリーンポイント。
少し前までは、こちらの"泡"をしょっちゅう飲んでいたんだけれど、
そういえばずいぶんご無沙汰している。


a0029277_784815.jpg
ステーキにはサラダかスープがついてくる。
夫はスープ、私はサラダを選ぶことが多いんだけど、
この写真を見る限り、いつもとは違うパターンだったのかな。


a0029277_785646.jpg
夫のステーキ。


a0029277_79427.jpg
私はアウトバックではお初のハンバーグをオーダー。


a0029277_782288.jpg
サービスのデザート。

この写真でおわかりになる方もたくさんいらっしゃると思う。
そうです、お誕生日クーポン(ステーキ無料)を使ったのだ。


a0029277_793582.jpg
もうひとつのプレゼントは、またもや記念写真。

同じアウトバックでも前月に行った「バー&グリル」では木製の写真立てをもらったが、
こちら「ステーキハウス」では、紙製のちょっとチャチなもの。

"写真うつり"も「バー&グリル」のほうが良かったなあ・・・。


a0029277_79431.jpg
かつてはよく食べに行っていたアウトバックも、
いつの間にか、年に2回来るだけにになってしまった。
夫と私、誕生日のクーポンがいただける時だけ・・。(笑)

こんな客で、どーもスミマセン。


◇2009年5月の食事記録です。
アウトバック・ステーキハウス 品川店
東京都港区高輪4-10-8 高輪京急ホテルB1  TEL : 03-5798-3501
オフィシャルサイト http://www.outbacksteakhouse.co.jp/
ぐるなび(クーポンあり) http://r.gnavi.co.jp/g587801/
---▽ これまでの訪問記録 ▽---
2009年4月 アウトバック・バー&グリル品川店
2008年4月 アウトバックステーキハウス渋谷店
2007年5月 アウトバックステーキハウス渋谷店
2007年3月 アウトバックステーキハウス渋谷店
2006年5月 アウトバックステーキハウス品川店
2006年4月 アウトバック・バー&グリル品川店
2006年1月 アウトバックステーキハウス品川店
2004年12月 アウトバックステーキハウス品川店
2004年8月 アウトバック・バー&グリル品川店
2004年5月 アウトバックステーキハウス品川店


<おまけ>
今回の記録は夫のお誕生日クーポンを利用したときのことなんだけど、
お誕生日当日は家で普段のご飯、それも餃子(一応手作り)を食べただけ。

それでも、食後に・・・・(続きを読む)
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-21 07:12 | ├焼肉・ステーキ
"R"が付く月に「グランド・セントラル・オイスター バー」へ行きました。
先の牡蠣フライ定食の記事に引き続き、もうひとつ牡蠣の食事記録を。
a0029277_055172.jpg
グランド・セントラル・オイスター バー&レストラン。

みなさんご存じ、すごーく有名な牡蠣料理専門店。
数年前にNYCに行ったとき、本店訪問を狙っていたけれど結局叶わず
それなら品川店に行ってみようと思いながらも、
あまりにも自宅から近すぎて、後回し状態が続いていたお店。

週末でもない、ごく普通の平日の夜のこと。
会社帰りの食事の場所を探しているときにふと思い付き、
空席があるかどうかすら確かめることもせず、ふらりと訪問したところ、
遅めの時間だったせいか、すぐに奥のテーブルへ案内された。

東京に引っ越してきたころは、入店待ちの行列ができていたほどなのに、
店内は空席がかなり多くてビックリ。
一回転した後なのか、それとも人気がなくなっているのだろうか。


a0029277_053477.jpg
リベルタス 2008 3,780円

南アフリカ産、シャルドネ種の白ワインをボトルでオーダー。
生ビールも飲みたかったけれど、この日の主役は牡蠣なので、
最初からワインをいただくことにした。

さあ、準備万端!牡蠣を楽しむぞ~っ!


a0029277_06180.jpg
オイスターベイ  470円×2、厚岸(丸)  400円×2

洋モノ(ワシントン州)と和モノ(北海道)、生牡蠣を2種類ずつ。


a0029277_0686.jpg
いつも思うんだけれど、
オイスターフォークって、まるで子供用のカトラリーみたい。


a0029277_061679.jpg
ニューイングランド クラムチャウダー 750円

トマトベースのマンハッタン クラムチャウダーもあったけれど、
やっぱり最初は正統派クリームタイプのものを選んでみた。
ちなみに上の写真は、二人分にシェア(半分こ)してもらった後のもの。


a0029277_062598.jpg
クラムチャウダーには、オイスタークラッカーがついてくる。
そういえばこれ、ハワイのスーパーでも売っていたなあ。


a0029277_063295.jpg
もちろんパンも進みます。


a0029277_064426.jpg
フライドオイスター with フレンチフライ  1,400円

やっぱり牡蠣フライは押さえておかなきゃね。


a0029277_065366.jpg
オイスター入りタイ風焼きそば 1,900円

日本人ですもの、やっぱり炭水化物でシメましょう。


立て続けに牡蠣の食事記録をアップしたのは、牡蠣のシーズン到来を祝して!

と、高らかに叫びたいところだけれど、実はこれ、今年4月のお話。
SeptemberでもOctoberでもなく、April。
"R"がついた月とはいえ、もうずいぶん前のことなので、
すでに味のキオクがございません。
ま、普通に美味しかったってことなんでしょうね、きっと。


ただ、もしもまた牡蠣専門店に行くのなら、きっとこことは違うお店を選ぶなあ。
だって、都内のあちこちに、気になるお店があるんだもん。

ブログを通じて教えていただいたお店が2軒。
自分で見つけてチェックしているお店が2軒。

さーて、今シーズン、どれだけ足をのばすことができるかな?


◇2009年4月の食事記録です。
グランド・セントラル・オイスター バー&レストラン 品川店
東京都港区港南2-18-1 アトレ品川4F  TEL : 03-6717-0932
http://www.oysterbartokyo.com/
お会計は10500円(サ 10%)。ちょっとセーブしてオーダーしました。

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-10-20 00:07 | ├西洋料理