人気ブログランキング |
ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション (六本木/フレンチ) その3
<2004年12月11日(土)のばんごはん-その3->
プリフィックスのコースメニューもありましたが、温かい前菜(2種類)が
それぞれ夫の苦手とする食材(フォアグラ、蕪)を使っていたので、
今回はアラカルトでオーダーしました。

アラカルトメニューには、petitサイズとgrandeサイズの2種類が用意されていて、
値段はgrandeがpetitの約2倍になります。
スタッフの方に、コースメニューで出てくるお料理のポーションを訊ねたところ、
petitとgrandeの中間ぐらいだということがわかりました。

■前菜(夫)■ベーコンと豆の煮込み(petitサイズ)
a0029277_21203717.jpg
素朴な煮物でした。おいしかったですよ、家庭料理、田舎料理っぽくって。
ところでこのお皿、すっごく小さいです。直径8cm-10cmってところです。
先月食べたチーズ「サンマルスラン」の器に似ているんですけど・・。
お値段は1500円ぐらいだったと思います。このお店では安いメニュー。

■前菜(私)■ウニの入ったジュレ、カリフラワー(?)のクリーム
a0029277_21205026.jpg
このメニューはpetitサイズだけです。小さいカクテルグラスに入っています。
ジュレは硬く、「ゼリー」って感じ。(わかります?) 緑色のところはミントだそうです。
日本橋のフレンチ北青山のフレンチで同じメニューを頼んでいますが、
お店によってこれほど違いがあるとは・・・。ちなみにお値段は2900円ぐらいでした。


・・・・もう少し続きます。

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-12-14 21:20 | ├西洋料理