アドリブ ad Lib (銀座・新橋/フレンチ)
<2004年12月17日(金)のおひるごはん>
a0029277_10203428.jpg

所用のため休暇をとりました。
空気はキリっと冷えているけれど、空は青く陽もふり注ぐniceなお天気。
なんだかハッピーな気分になってしまいます。

さて、幸か不幸か「所用」は予想外に早く済んでしまいました。
実は当初、近場(恵比寿か白金)でランチしようと思っていたのですが、
時間はまだ10時ごろ。おひるまでには時間があります。


a0029277_10211046.jpgせっかくなので余った時間を利用して、場所移動。
銀座のはずれにある「アドリブ ad Lib」というお店に向かいました。

このお店、先週当日予約にトライして玉砕した(満席です、と断られた)
「マノワール・ダスティン」というフレンチレストランの姉妹店です。
手ごろな価格で「マノワール・ダスティン」の味を楽しめるらしいです。
(そうはいっても、当然ホンモノとは違うでしょうけど・・)
しょっちゅう通えるお気軽フレンチを探し中な私。ランチでお試し!です。

11:30過ぎに入店すると、店内はまだガラガラ。
綺麗なお花がドンと飾られた中央の大テーブル席に着きました。


紙のメニューもありますが、詳細は黒板に書かれています。ランチは全部で5種類
a0029277_1021394.jpg
私はメインがお肉のランチ(1470円、デザート・コーヒーは別)を選びました。


■本日のオードブル(リンゴ、セロリ、クルミのサラダ)■
a0029277_10215473.jpg
マヨネーズベースのドレッシングのサラダ。リンゴが大量に入っています。
普通においしいです。個人的にはセロリをもう少し厚く切り、量も多くいれてほしかったな。


■お肉料理(牛ばら肉の赤ワイン煮、ジャガ芋のグラタン添え)■
a0029277_1022636.jpg
トロトロに煮込まれた牛ばら肉。ちょっとコッテリ系、重い一品です。
注意しないと、ワインをどんどん飲んでしまいそうですね。
甘酸っぱいにおいが漂っていた割には、実はほとんど甘くないソース。意外でした。


■パン&ワイン■
a0029277_10222312.jpg
姉妹店の「ヴィエイユ モンターニュ(八丁堀)」のバゲットがついています。
お替りはできない、の、かな??食べ終わっても追加はありませんでした。
グラスワインは525円。量は少ないけどまあおいしい。グラスもリーデルでした。



んーー、まあ普通かな。
電車やバスに乗ってまでわざわざランチに来たいとは思わないですね。
もう一度、何かのついで、に行ってもいいかなあと思いますけれど。

でも夜のお店として、一度(わざわざ)来てみてもいいかな。
#その前に「マノワール・ダスティン」にも行ってみたいぞ。

ところで、優雅にランチするお店じゃないのでしょうがないと思いますが、
サービスは普通の食堂並みです。(混雑すると人手が足りなさそうです。。)
そういうことは期待しないで、純粋に"おひるごはん"来店してください。

----------------------------------------------------------------------
アドリブ ad Lib
東京都中央区銀座8-12-15八千代産商ビルB1F  TEL 03-3248-5544

a0029277_10224778.jpg写真左端がadLibの地下への入り口。写真中央から右は1Fにある「マノワール・ダスティン」です





この日のadLibランチメニュー

  A.本日のスープ(サツマイモの冷たいスープ)
    ジューシーハンバーグ、オニオングラタンスープ
  B.本日のサラダ(ミカンとキャロットラペのサラダ)
    手打ちパスタ(オリーブとアンチョビのトマトソース)
  C.スパイシーアドリブカレー、バターライス添え
    豚ばら肉のコンフィとサラダ、デニッシュ付き
  D.本日のオードブル(リンゴ、セロリ、クルミのサラダ)
    お魚料理(そいのポワレ)
  E.本日のオードブル(リンゴ、セロリ、クルミのサラダ)
    お肉料理(牛ばら肉の赤ワイン煮、ジャガ芋のグラタン添え)

*全てのコースに「ヴィエイユ モンターニュ(姉妹店)」のパン付き。
*価格:A~C 1,150円   D~E 1,470円


このお店の場合、1150円のランチメニューのほうが、良さそうに見えました。
(実際ほとんどの人が、1150円メニューをオーダーされてました。)

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-12-18 10:24 | ├西洋料理