人気ブログランキング |
てんぷら みかわ(茅場町)その1


<2005年12月10日(土)ばんごはん>
一度は行ってみたいと思っていた「みかわ」。
けやき坂のお店ではなく、茅場町にある本店に行きたかったのだ。
ボーナスも出たし何か美味しいものを食べに行こう!ということになり、
前夜遅くにダメモトで電話をかけてみたら、
「お一人様が補助椅子でも良ろしければ・・」とのこと。
もちろんそんなもの全くの無問題!ウキウキと出かけてきた。

都営浅草線日本橋駅で下車し徒歩10分程度。
このあたりはオフィス街なんだろうか、人影がほとんどなくひっそりとしている。
「みかわ」はそんな静まり返った街の中、さらに細い路地の奥にあった。


予約時間の18時半に着いたのだが、店の前には何組もの客が順番を待っている。
てっきり予約をとらずに来た人々なんだろうと思っていたが、実は皆、予約客。
このお店は17時開店なのだが、最初の客が食べ終えるまで店に入れないのだ。
とはいっても長時間待たされるわけではなく、少ししたら店内に入れた。
補助椅子の私はカウンターの角。本来椅子を置いていない場所なのだが、
ご主人(早乙女氏)の正面にあたる席。ある意味、特等席だ。
ちなみに補助椅子といっても分厚い座布団を敷いてくれてあり、
なかなか快適だった。

さて、下調べをしていた夫が注文を決めた。
「みはからい」というおまかせコース。お値段は「9,000円~」と書いてある。
松茸が入っていると、値段がハネあがるようで、庶民な夫は
「いくらぐらいになりますか?」と店員さんにあらかじめ確認していた。(笑)
ちなみにこの日は1万円ぐらいになるとのことだった。


とりあえずキリンビール(小瓶)で乾杯!



付き出しの三つ葉のおおひたし。
三つ葉が大好きなのでうれしい。すっきりあっさりした上品な味付けだった。

さて、いよいよてんぷらが登場する。
目の前でご主人が、黙々とてんぷらを揚げていらっしゃる。
その姿をじーっと見つめながら、おいしいてんぷらをいただいた。



最初は海老。一つ食べ終わった頃に、二尾目の海老が出てくる。
身の中心がレアレアで甘い!やっぱりおいしいなあ、、これ。
ただ、一尾目に比べて二尾目は火が良く通っていてレア度が少なかった。
小さい海老だったからだろうか。



海老の頭。これは立て続けで二尾分でてきた。
ねっとりと濃厚な海老ミソがつまっていてビックリ。



身の厚いキス!
身を割ると水蒸気がボワっとあがる。目にも美味しく感じる一瞬だ。



スミイカ。これも二つ連続ででてきた。
名物なのだろうか。なんともいえない食感だ。



はぜ。前のキスに比べて、味が濃い。



めごち。ぷっくりとした身、いろんな魚を味わえてうれしい。



さて、こんな小皿が出てきた。
次の一品はスダチでいただくようだ。



スダチでいただくのは、この球状のモノ。
さて、これは何でしょう???

答えは次の記事で!(続きはこちら

てんぷら みかわ
東京都中央区日本橋茅場町3-4-7 TEL : 03-3664-9843


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2005-12-15 22:08 | ├和食・郷土料理