人気ブログランキング |
深川宿 (清澄白河/深川めし)
a0029277_1240999.jpg
ずっと見に行きたいと思っていた「カルティエ展」。
結局、最終日の1日前に駆け込みで夫と見に行ってきた。
芸術に造詣が深くない私、詳しいコメントは遠慮するが、
とても楽しめる展覧会だった。行って良かった!
そういえばオープニングレセプションでの某都知事のコメント。
日本ではあまり報道されなかったようだけど、ちょっと恥ずかし過ぎる・・・。

さて、せっかく「清澄白河」くんだりまでやって来たことだし、
お昼はこのあたりで食べることにした。
事前調査によると「深川めし」という料理が有名らしい。
"貝"好きの夫は、実はアートよりアサリがお目当てで、
ホイホイと車を出してくれたらしい。

ネットで数件の深川めしのお店がヒットしたのだが、
メディアへの露出も多く、一番有名そうな「深川宿」という
お店を訪問することにした。
a0029277_12402257.jpg
予想よりも小さなお店。
1組の客(ちょっと"変"な親子連れ)が待っていたのだが、
結局その客が途中リタイアしたため5分ほどで入店することができた。

a0029277_12403478.jpg
通された席はお店の中央に陣取る囲炉裏の席。
とても狭く、そして囲炉裏テーブルの厚みがあるため、
足のやりばが無く落ち着かないカンジだった。

とにもかくにもメニューを確認し、
お店の方が「初めてならこれがお薦め」というものを選択。
a0029277_12404661.jpg
辰巳好み 2,100円
このセットでは二種類の深川めし(ぶっかけ丼と炊き込み)がいただける。

a0029277_12405724.jpg
最初に出されたお膳(盆)にも白玉団子がついていたのだが、
改めて甘味(葛きり)が出された。
「あれ? 東京じゃ酢醤油で食べるんじゃなかったっけ?」
と思ったが、それは「ところてん」だったと後で気づく。


さて、このお店に関する雑感。


 ・結構な量がある。いや、ご飯2膳ぐらい、普段なら平気な私たち。
  味に飽きがきてしまうから、そう思ってしまうのかもしれない。

 ・二種類の「深川めし」。どちらもなかなかおいしかった。
  どちらかを選ぶなら、ぷっくりふくらんだアサリをいただける
  「ぶっかけ」のほうが私の好み。
  炊き込みのアサリは極小になってしまっていて、なんだかもったいない。
  ただ、「ぶっかけ」の普通サイズを食べる自信はない。
  上述の通り、私には飽きがきてしまう味だから。

 ・お店の前にいたヘンな親子連れを含めて変わった客が多かった。
  チャパツ、ガン黒、喫煙(店先で立ったままタバコふかすな!)、
  じゃらじゃらアクセ、ラフなコトバづかいの40歳前後の着物軍団とか。


そしてお店を出て最後に思ったこと。

  今回食べに来たこと自体は良かったけど、わざわざの再訪は不要。
  友人知人が「食べてみたい」というなら、再訪するのは悪くない。
  (決してまずかったわけじゃない。一度は食べてみてほしい一品だ。)

お店の方もチャキチャキで下町風情が感じられるところ。
お値段も下町価格にしてもらえたら、もっとうれしいんだけど、
所詮は観光客相手のお店なのかもしれない。
そういえば地元のヒトは来ていなさそうだったし。
(そもそもこんなメニューは外で食べるものじゃないのだろうけど。)
とはいえ、そういう観光客相手のお店も必要だからしょうがないし・・・。

フツーに「深川めし」をいただけるお店はないのかなあ。。
できれば東京の山手線内もしくは城南で・・。

◇2006年7月の食事記録です。
深川宿
江東区三好1-6-7 深川江戸資料館前 TEL : 03-3642-7878
http://www.fukagawajuku.com/ (音が鳴ります)


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-07-22 12:43 | ├和食・郷土料理