人気ブログランキング |
とある天ぷら屋さんを再訪したのですが・・・
8月のとある土曜日の午後、夫と私は夕食場所を求めて、
電話をかけまくっていました。
夫は「イタリアンの気分」ということだったので、
ネット検索しまくりーの、古い雑誌を読み返しまくりーのしながら、
あちこちに問い合わせの電話をしたのですが、どれもこれも見事に玉砕。
「もう築地も開いているのに、なんでこんなにお休みばかりなん~!」
と嘆く中年夫婦が結局落ち着いたのは「和食」のお店。
最初の「イタリアン、それがダメなら西洋系」というご指定はどうなったのやら・・。
 *この日の記録 http://picot.exblog.jp/4149744/

出かけたのは二度目の訪問になる小さな天ぷら屋さん。
前日は築地場内の「寿司大」でお寿司をいただいたばかり
珍しく和食2レンチャンとなりました。

さて、注文したのは前回と同じコース。ひとり5,500円ほどのお値段です。
都心の天ぷら専門店としては良心的な値付けだと思います。
出てきた品々は前回と殆ど一緒だったので写真撮影はパス。
カウンター席しかないこのお店の客が、夫と私二人だけになった後半、
前回はいただかなかったメニューを撮影しました。

a0029277_22272891.jpg
茗荷。夏ですね~。

a0029277_22273932.jpg
夫が追加注文した稚鮎。
大きいのから小さいのまで、勢ぞろいです。

a0029277_22275390.jpg
私が追加注文したコーン。
アスパラガスをお願いしようとしたら残念ながら売り切れ。
でもこのコーンも甘みが強く、お菓子感覚でいただきました。

a0029277_2228723.jpg
お漬物。
漬物嫌いの夫。私は二皿いただきました。

a0029277_22282045.jpg
シメは夫婦揃って天丼。
海老がゴロゴロ入っていましたよ。豪華です。

a0029277_22293024.jpg
デザートはハーゲンダッツのアイスクリーム。
抹茶は溶けかけていて少量しかありません。品切れ寸前だったのでしょうか?
バニラ大盛り一丁!でも良かったのですけどね。(笑)

瓶ビールを1本と日本酒を3合ほどいただいて、お値段16,000円ほど。
東京には高級天ぷら屋さんがたくさんありますが、
このお値段ならカイシャインの私でもたまに来ることができます。

ご主人とお母様(?)の笑顔に見送られ、
こちらも「ごちそうさまでした~」とにこやかにお店を出ました。




----- ---- ---- ---- ---- -----
残念ですが、ここから楽しくない話になってしまいます。
もしもそれでもよろしければ、続きをどうぞ。
----- ---- ---- ---- ---- -----


実は今回は「イマヒトツ」な出来事がありました。

私たちは揚げ鍋の目の前の席に着いたのですが、
二度ほど天ぷら油が大きく跳ねたのです。

二度目は油が真上に高く飛び散ったので被害はなかったのですが、
一度目は夫の腕と私の腕に油の飛沫が直撃・・・。

「熱いっ」と小さく声を上げ、お手ふきで腕を押さえていたのですが、
ご主人の対応はただニコニコとしているだけ。
(正確に覚えていないのですが「飛びましたねえ」と言われたかも・・。)

「え、微笑んでるだけなん~。うそでしょー。」と呆れてしまいました。

他に常連さんらしきお客さんが数組いらっしゃる中、
この小さな空間を冷え冷えとさせるのがイヤで、
こちらからは何も言いませんでした。

でも気づいてほしかった・・。

天ぷらガードがあるので、私たちの姿が見えなかったのかもしれませんが、
それでも「飛びませんでしたか?大丈夫ですか?」というヒトコトが
あっても良かったような気がします。(それぐらいの飛びはねだったんですよ。)
いくら愛想良くて、腰が低くて、物静かなご主人でも、
ここらへんが抜けているのってどうなんだろう?と思いました。

ま、そもそも、そんなに派手に飛び散らせんといてー、って言いたいですが。

夫も店内では何も言いませんでしたが、お店を出た後でムっとしているし・・・。

あともうひとつ。
これは天ぷら自体のことなんですが、最初に二尾続けて出された海老。
この揚げ方が全く違うんです。

一尾目は火が通り過ぎて、水分がなくなっていました。
「あれ?このお店ってこんなんだったっけ?」
と思っていたところに出された二尾目はレアすぎて中心部が冷たい。

うーん、天ぷら初心者の私にゃよくわかりません。(苦笑)

ご近所だし、お値段控えめなところがウレシイお店なので、
またお世話になるかもしれません。

次回はこんなことが無いことを祈ります。


◇2006年8月の食事記録です。
とある天ぷら屋さん
興味のある方はお手数ですがブログ内をサーチくださいますようお願いします。
検索エンジンでのヒットを避けるため、今回店名は伏せさせていただきます。



最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-09-11 22:33 | ├和食・郷土料理