[無計画ソウル旅行] クリスピー クリーム (明洞 ミョンドン/ドーナツ)
a0029277_0495263.jpg
今回の「無計画ソウル旅行」は韓国料理三昧の旅になるはずだった。
でも屋台の食べ物にはどうしても食指が動かず、結局買い食いせずじまい。
屋台のワヤワヤした雰囲気とか、チープな食べ物は好きなのだけど、
どれを見てもこれを見ても甘辛ミソコチュジャン系の味が予想できて、
なんとなく食べたいと思わなかったのだ。
さびしいけれど、トシ(年齢)のせいかもしれない。
いかん!こんなことではいかん!ますます老け込むぞ!!!
と思うものの、やっぱり興味が湧かないものはしょうがない。

そんな中、3日間連続で食べ続けたのがこれ。


a0029277_0501048.jpg
皆さんご存知「クリスピー クリーム」。

恥ずかしながら「クリスピー クリーム」を知ったのは、
TBSの一流情報番組「サンデー ジャポン」。
当初は、
 なんだかすごい行列ができているドーナツ屋だなあ・・。
 でもドーナツプラントみたいにたいしたことないのんちゃうのん?
と、思っている程度だったのだが、
どういうわけだか夫が妙に「クリスピー クリーム」に詳しく、
いろんな話を夫から聞いているうちに、無性に食べたくなってしまい、
年末に新宿店に出かけたものの、気が遠くなりそうな長蛇の列に撃沈し、
結局あっさりと白旗退却していたのだった。

そんな入手困難なドーナツが、私たちをソウルで待ち受けていたのだもん!
これは食べるっきゃない(←死語)じゃないか。


a0029277_0502235.jpg
これは明洞の繁華街にある店舗。


a0029277_0503087.jpg
平日のお昼だったせいか、行列は無し。
ガラス窓を綺麗に磨き上げていらっしゃる店員さんが印象的。

私にとっての「初☆クリスピークリーム」は、
この店舗で無料で配りまくっていたドーナツだった。(写真無し)

できたて、アツアツフワフワのシュガーグレイズドのドーナツは、
店員さんが握りこんでいたせいでヘチャっと潰れていた。
この第一号は明洞を歩きながらあっという間におなかの中に。


a0029277_0504285.jpg
無料ドーナツをゲットしたら、さっさと店外へ出てしまうソウルっ子も多かったが、
小心者の私たちは、とりあえず1個ドーナツを買ってみた。
W1,200ぐらいのチョコレート味のドーナツ。
これはホテルに持ち帰り、夫と半分こ。


a0029277_0505270.jpg
夜にこのお店の前を通ったら、行列ができていた。
さっきお店がガラガラだったのは、平日の日中だからだろうか。


a0029277_05121.jpg
二日目はロッテホテル地下にある店舗へgo!
初日、ロッテホテルに到着したとき、最初に出迎えてくれたお店だ。


a0029277_0511115.jpg
行列ができていたが、スルスルと進んでいく。


a0029277_0512042.jpg
行列に並びながら製造工程を見物。おもしろーい。


a0029277_0512914.jpg
無料のドーナツ。
今回もアツアツだったが、店員さんがそっと掴んでいたせいか、
初日ほどペシャっと押しつぶされていない。

そういえば、こんなに混雑していても、無料ドーナツをもらったら、
さっさと店外へ出て行ってしまう若者も多かった。


a0029277_0514065.jpg
中にクリームが入ったタイプのドーナツを2種購入。
ホテルの部屋でコーヒーとともにいただく。


a0029277_0515234.jpg
3日目。凝りもせずにまた出かけてしまう。
今回は無料のドーナツをもらったあと、カプチーノを購入しお店でいただく。
そういえばこのお店の飲み物は結構お高めだった。
まあ、そうでもないとやっていけないだろうけれど。


さて、ウワサどおり絹びきのような口溶けの良い生地でできたドーナツ。
さすがに新宿店ほどの待ち行列に並んでまで買う気はしないけれど、
ソウルぐらいの待ち時間で買えるのなら、また買ってみたいなあ。

そのうち日本でも韓国と同様、多店舗展開するのだろうし、
そうなったら今のような騒ぎは収まるだろう。

問題はそれまで待てるかどうか・・だ。



◇2007年1月の食事記録です。
クリスピー クリーム
http://www.krispykreme.co.kr/ (韓国のサイト)
http://www.krispykreme.jp/ (日本のサイト)

・・・というわけで、韓国らしくない記事で、今回の旅の記録は終了。
長々とお付き合いいただきありがとうございました!

最後にちょっと気になっているのは、羽田行きの便に同乗していた韓国スター。
荷物を受け取って、一番か二番の早さで出口に出たところ、
20~30名の女子(韓国好きにしては若め)が陣取っていた。
その後、「キャー」という黄色い声がして、女子たちがむらがる。
そして待たせてあったタクシーに乗って、車を追いかけていってしまった。

韓国の俳優さんには興味がないが、根はミーハーな私。
かなり興味を持ってしまったのだが、夫がスタスタ歩いて行ってしまったので、
結局誰だか確認することができなかったのが残念。

いったい誰だったんだろうなあ。

俳優さんというよりグループ(歌手)のような気がしているのだが・・。
[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-01-15 00:58 | ├ソウル(2007/1)