フランス料理 ランベリー (南青山) -前編-
a0029277_22443260.jpg
昨夏、予約をとろうとしたら既に閉店してしまっていた銀座の名店「オストラル」。
その「オストラル」で腕を奮っていらっしゃった岸本シェフ が、
昨年11月25日「ランベリー(L'Embellir)」というお店をオープンされた。

お店のホームページ(2007年初春 岸本シェフのメッセージ)によると、
L'Embellirとは、フランス語で「人を美しくする」の意を持ち、
"素材が育ったテロワール(気候・風土)を最大限生かした料理"
をコンセプトに、お越しいただいた皆様が美味しい料理とワインと共に、
楽しいひとときをお過ごし頂けるレストランを目指しております。
とのこと。

むむっ! " 人を美しくする "レストランですと~!?!?

これは女子の集いに最適と、「オストラル」に行きたがっていた女友だちを誘い、
早速ランチに出かけてきた。

a0029277_22444818.jpg
表参道駅で降り、南の方に徒歩8分ほど。
青山墓地のすぐそばにある新しい複合ビル「n-OM1」
地下1階に「ランベリー」がある。
最初、「いったいどこから入ったらええのん?」と、とまどってしまったが、
実はこの扉が自動ドアになっていて、近づくとブイーンと開けゴマ。


a0029277_224517.jpg
自動ドアの奥には、レストランのエントランス。
階下へ続く階段を降り、レセプションでコートを預けていると、
友人がカツカツとヒールの音をさせながら階段から降りてきた。
「ひさしぶりー」と再会を喜んでいる私たちを、
丁寧なサービスの方が奥のテーブルへと案内してくださる。


a0029277_22452481.jpg
吹き抜けの天井がとても高くて開放感がある。
そしていろいろな音が心地よく響いて良い感じ。


a0029277_22453890.jpg
オープンキッチンではないけれど、ちょこっと厨房が覗けたりもする。


a0029277_22455458.jpg
もうひとりの友人が来るのを待つ間にいただいたもの。
アルコールを控えている友人は、お店の方が薦めてくださった、
「エルダー・フラワー(630円)」というソフトドリンク。
ハーブから抽出したエッセンスか何かを炭酸で割ったもの。
見た目が透明なのでまるで炭酸水のようだが、意外にも甘みが強い。
私はグラスのシャンパーニュ(1575円)。しっかりした味で好みのものだ。
「アンリ・ビリオ グランクリュ アンボネイ キュヴェ トラディション」
という銘柄で、ネットでは5,000円前後で販売されているもの。
ただ大量生産品ではないため、入手するのは簡単ではなさそう。

ウキウキしながらシャンパンを飲んでいると、もうひとりの友人が登場。
彼女も体調が優れないとのことで、「エルダー・フラワー」をオーダー。
3人で乾杯をし、メニューを選ぶことになった。


a0029277_2246845.jpg
私たちそれぞれの前に出されたメニューは、
お色気たっぷりスケスケのアクリル板に記されている。
初めて見る演出で、ますます楽しくなってしまう。

さて、ランチコースは次の2種類。

・料理3皿(プリフィックス)+デザート:4,410円(サービス料10%別)
・デギュスタシオン(シェフのおまかせ):6,825円(サービス料10%別)

どっちにしようか迷いに迷っていたところ、
サービスの方が「コース全体としてのボリュームは変わりません」とのご説明。
そして「デギュスタシオンのほうが断然お得です」と耳打ち(?)。

ふふふふ、関西オンナのツボをつくリコメンド。

どんなお料理が出るのか確認し、三人揃ってデギュスタシオンに決定!


a0029277_22462432.jpg
お料理の前にパンを記録。このパンがウマーいのだ。
皮も美味しいけれど、中のパン生地の味が好み。
真っ白ではなく薄い茶色。モチっとしていて、自然の甘みを感じる。
これ売ってもらえないかなあ・・と思いながらムシャムシャ。


a0029277_22463715.jpg
そしてバター。奥が有塩、手前が無塩。
有塩のほうは、まるでザラメのようなつぶつぶの塩の結晶が入っている。
そして最初からテーブル置いてあった銀のわっか。
いったい何かと思っていたら、バター皿を置く台だったようだ。


a0029277_22464968.jpg
一皿目。ガラスの器も、そのお料理もとてもとても美しい。


a0029277_2247798.jpg
柑橘系、すっぱい泡を頂いた冷前菜。
ホウボウや海老がたっぷりと入っている。
キャビアと混ぜて、その塩味で食べてくださいとのこと。
タイの香草の味を少し感じる。うーん、このお料理って大好き。


a0029277_2247184.jpg
ニ皿目。温かい前菜はフォワグラがメイン。
上に散らされているのは松の実とヌガー。
甘いものとフォワグラを合わせるのはよくあるが、
ヌガーを使ったお料理は初めてかもしれない。


写真が多くなったので、メインとデザートは次の記事で。


◇2007年2月の食事記録です。
フランス料理 ランベリー
東京都港区南青山4-17-33 TEL : 03-3423-0131 / 0120-791-039
http://www.lembellir.com/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-02-12 22:47 | ├西洋料理