人気ブログランキング |
お得なランチ 寿司文総本店(恵比寿)
日曜の夜は外食をせずに、家で晩ごはんをいただくことが多い。
その代わりというわけでもないのだが、日曜のお昼はたいてい外食。
ま、エラソーに「外食」といっても、ラーメンとかお蕎麦とか、
オキラクな食べものばかりだけれど。


a0029277_1195513.jpg
とある日曜日。この日もお昼を外で食べることにしたが、
いつもとは違って、寿司屋さんの暖簾をくぐってしまった。
うーん、贅沢なランチ!


a0029277_120674.jpg
むふふ。実は1,000円でお寿司がいただけるのだ。
日曜日なのにランチタイムメニューを提供してくれているなんて、
思わず嬉し涙が頬を伝ったり伝わなかったり。


a0029277_120171.jpg
最初に出てきたものは何故か茶碗蒸し・・・。
「え、なんで一番最初に茶碗蒸しが出てくるのん?」
とギモンに思ったが、サービスの一品だし、そのまま有難くいただく。

ところで、カウンター席には子供連れのお客さんがいらっしゃったのだが、
その子供さんに出された茶碗蒸しが、明らかに小さかったのが気になった。
お寿司は大人と同じもの(但しサビ抜きだけど)を注文されていたのに、
なんで茶碗蒸しのサイズが違うんだろう?
同じ値段なんだから、同じものを出したほうが良いんじゃないでしょっか?


a0029277_124549.jpg
さて、せっかくお寿司をいただくので、ここで瓶ビールを注文。
プハー!お天気の良い日曜日、真昼間のビールはうまいっす。

でも、この日は階上に、グループ客が入っていたようで、
カウンター内で職人さんが次々と握りを大量に握ってらっしゃるのに、
なかなか私たちのお寿司が出てこない。
順番だからしょうがないとはいえ、ビールがなくなってしまう~。
(ハラハラ・ドキドキ)


a0029277_1241836.jpg
・・と、ビールを節約しながら飲んでいるところに、
ようやく私たちの注文した「松にぎり 1,000円」が登場。


a0029277_1242750.jpg
お吸い物も付いてくる。ふぅ~。


さて、いただいたランチ寿司。これで1,000円!
それも日曜でもこのお値段でいただけるのは、確かにお値打ちだ。

シャリが硬くてゴワゴワしていたことについては、
夫も私もちょっと(かなり?)ひっかかったけれど、
このお値段にしてはネタは悪くはないし、量もしっかりある。
茶碗蒸しは付け足しのような存在だったけれど、
最後にはお吸い物も出てくるし、十分内容じゃないかなあと思う。

それでも一方で「やっぱり値段相応だなあ。」と思ったのも確か。
このお寿司をいただいたことで、逆に上質なお寿司への欲求が高まって
しまうこととなったのだ。

まあそれにしても、日々の昼食にはピッタリのお寿司屋さん。
会社のご近所に欲しいお寿司屋さんだ。



◇2007年10月の食事記録です。
寿司文総本店 銀座通り店
渋谷区恵比寿南1-4-16 TEL : 03-3715-8954
ぐるなび(クーポンあり) http://r.gnavi.co.jp/a367800/
すしてんドットコム http://www.sushiten.com/tokyo/sushibun


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2007-11-07 01:27 | ├和食・郷土料理