新宿タカシマヤの「鼎泰豊 (ディンタイフォン)」でお昼ごはん
a0029277_18413352.jpg
ここのところ、月に2~3度の頻度で出かけている新宿タカシマヤ。

関西出身の私にとって、タカシマヤは馴染み深いデパートだということもあるが、
デパートの激戦地新宿でわざわざタカシマヤを選んでしまう一番の理由は、
なんといっても車で行きやすいから。

たまには東のデパートの雄「伊勢丹」に行ってみたいのだけれど、
便利さに負けて、ついつい「タカシマヤ詣で」を続けてしまっている。

そんないつもの「タカシマヤ詣で」に出かけた6月のとある休日のこと。
この日のお昼ごはんに選んだのは、久しぶりの「鼎泰豊(ディンタイフォン)」。
タカシマヤがリニューアルされ、店舗が12階のレストラン街に移ってから
初めての訪問になる。(リニューアル前は10階のインテリアのフロアに店舗があった。)


a0029277_18414569.jpg
15分ほど入店を待った後、テーブルに通されオーダーを済ます。
そしてお料理の登場をじっと待っていると、湯気を上げた蒸籠(せいろ)が登場。
さあ、アツアツのうちにハフハフ食べよう!


a0029277_18415486.jpg
小籠包3種盛り 1,061円
豚肉・ホタテ・蟹みそ、三種類の小籠包が2個ずつ入ったこのメニューは、
「いろんな味の小籠包を食べてみたい」というオトメゴコロをくすぐるもの。


a0029277_1842338.jpg
小籠包 819円
ホタテも蟹みそも悪くはなかったけれど、やっぱり一番好きなのはこれ。


a0029277_18421216.jpg
海老チャーハン(スープ付) 1,050円
あっさりとした味付けのチャーハン。おいしいです。


a0029277_18421951.jpg
海老、肉入り焼売(4個) 630円
確かに海老は上にのっているけれど、中の餡には海老の味を感じない。
ふむ、見た目は良いけど、これなら普通の焼売で十分かも。
どうせ海老を食べるならプリプリ海老餃子(蝦餃)を食べたいし。

そういえばメニューに「海老入り 蒸し餃子」というものもあったはず。
香港の飲茶に出てくる海老餃子とは違うものかもしれないけれど、
次回はこれを注文してみよう。

もちろん、普通の小籠包をメインで!



◇2008年6月の食事記録です。
鼎泰豊(ディンタイフォン) 新宿店
渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 タイムズスクエアビル12F TEL : 03-5361-1381
http://www.dintaifung.com.tw/jp/
http://rt-c.co.jp/business/01dintaipung.html

訪問記録(日本橋 2007年9月) http://picot.exblog.jp/6260000/
訪問記録(新宿 2006年10月) http://picot.exblog.jp/4561342/
訪問記録(汐留 2005年2月) http://picot.exblog.jp/1621002/

訪問記録(台北 2006年5月) http://picot.exblog.jp/5747861/
訪問記録(台北 2006年5月) http://picot.exblog.jp/5751060/

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2008-08-08 18:42 | ├中華