ソウルみやげのレトルトカレー[2009年弾丸ソウル 番外編]
今日のお昼ごはんはレトルトカレー。
毎度おなじみのテキトーな食事になったわけなんですが、
レトルトといっても、いつものものとは少々違います。

というのも、1月のソウル弾丸旅行で買って帰ったものだから。

つまり韓国ブランドのレトルトカレー。
ロッテ百貨店の地下食品売り場で、夫が見つけたものです。a0029277_16153167.jpg
当然のことながら一面のハングル文字。
まーったく読めないのですが、その中にアルファベットを見つけ出しました。

Indian Delicious Curry / Beef Demi Curry

のようです、これ。


a0029277_16154135.jpg
もうひとつのパッケージでもアルファベットを探したところ、

Indian Delicious Curry / Chicken Vindaloo

ということがわかりました。


a0029277_16154963.jpg
面白いのは、作り方。
どうみても同じシリーズのレトルトカレーだと思うのですが、作り方が違うんです。

写真上の"Beef Demi Curry"は、
そのまま電子レンジ(700W)で1分10秒加熱。
写真下の"Chicken Vindaloo"はお湯で3分温めるか、
お皿に移して電子レンジで2分の加熱。

説明書きを読まずに行動する私、きっと失敗しそうな気がします。


a0029277_1616057.jpgま、今回は、きちんと取説を読む主義の夫が作ってくれたので、大丈夫。ただ、出来上がりが見苦しすぎる。アップしづらい写真だったので、気持ち、小さくしておきました。
肝心のお味は、辛さ(スパイシーさ)も甘さも強め。私は結構気に入ってリピートしたいなあと思いましたが、甘いカレーを好まない夫は「うーん」という言葉を漏らしていました。
そうそう、おもしろいなあと思ったのは、画像右の"Chicken Vindaloo"。赤いカレーなんですが、なぜか韓国風味。コチュジャンっぽいというか、トウバンジャンっぽいというか。(あれ、でもトウバンジャンって中国か・・)これもお国柄なのかなあ・・なんて思いながらいただきました。


ところで、このレトルトカレーのメーカーは「CJ」という会社。
サムスングループの食品メーカーのようなんですが、
"サムスンといえば電機"というイメージしかなかったので、
食品会社まで傘下にあることにビックリ。
まだ日本ではメジャーではないですが、
そのうちスーパーの棚にレトルト食品が並びだすかもしれないですね。


◇2009年2月の食事記録です。
CJ(チェイルジェダン/第一製糖)
http://www.cjjapan.net/ (CJジャパン)

[PR]

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-02-14 16:16 | ├ソウル(2009/01)