人気ブログランキング |
人生初! どじょうを食べに「どぜう 伊せ喜」へ。
a0029277_23523253.jpg
以前からずっと食べてみたかったど「どぜう」を、
いよいよ食す機会がやってきた。
出かけたのは深川・森下エリアにある「どぜう 伊せ喜」というお店。
どじょう料理といえば「駒形どぜう」しか知らなかったのだが、
紹介してくださった方によると、こちらのお店もなかなかイケるとのこと。

広いお座敷にはテーブルがずらりと並ぶ。
早めの時間に到着したので、最初は空席ばかりだったけれど、
いつの間にか会社員風の人たちで満席状態。
ふむ、なかなかの人気店のようですな。

どじょう料理初体験の私は、経験者の方々に注文をオマカセ。
ビールを飲みながら、食べる態勢を整えていた。


a0029277_23524055.jpg
最初に登場したのは、骨ぬきどぜうなべ(一人前 2,300円)。
えっと、何人前注文したんでしたっけねー。。ワカリマセン。


a0029277_23524835.jpg
お店のホームページによると、
どじょうをさいて頭や骨を取り身だけにしたものを、割り下で煮て生玉子をつけてお召し上がりいただく、「どじょうのスキヤキ」です。通称「ぬき」とよんでおります。
先々代が、「丸」の苦手な方にもどじょうを味わっていただこうと考案いたしました。「丸」と違い生ですので、笹がきごぼう、焼き豆腐と一緒によく煮てからお召し上がり下さい。「丸」とは基本の割り下から異なります。ごぼうとの相性が絶妙です。
とのことだ。


a0029277_23525765.jpg
続いて出てきたのが、鯉のあらい(2,000円)。

そう何度も食べたことがあるわけじゃないけれど、
正直言って、あまり美味しいと思わないお料理だったりする。
今回、こうやって出てきたのでいただいてみたが、
『苦手じゃないけど、2,000円出してまでわざわざ食べいとは思わない』
っていうのが率直な感想かな。
 

a0029277_2353139.jpg
一つ目のお鍋を食べ終わった後、どじょうがギッシリ詰まった、
どぜう丸なべ(一人前 2,300円)が登場した。

こちらもお店のホームページで確認してみたところ、
通称「丸」、どじょう料理の基本、伝統の味です。
その名の通り、どじょうを丸ごと召し上がっていただくため、骨が軟らかくなるまで何時間もことこと煮込みます。レシピは代々の秘伝です。ただし、いくら秘伝の技をふるっても、素材のどじょうが良くなくては骨が軟らかくなりません。地味豊かな田で育った天然のどじょうを使用することが至上命題です。長い時間煮込んでありますので、火加減は鍋をかるく温めるぐらいのつもりでお召し上がり下さい。薬味のねぎをのせるといっそうおいしくなります。
ということだ。

丸のままのどじょうのその姿に、ちょっとヒキ気味の人もいて、
皆の箸が進んでいなかったのだけれど、私、こっちも好き!!
あっさりとした薄めの味付けで、どじょうそのものを味わえるし。


a0029277_23532416.jpg
最後のシメは、舞子丼(2,200円)。
いったいなんで、こんな名前がついたかというと・・・
柳川なべをごはんの上にのせた丼です。
何故どじょうが舞子なのかと申しますと、どじょうは腸呼吸のため水底と水面の間を昇り降りします。その姿がまるで踊っている様なので、どじょうの異称は「踊り子」と申します。「どじょう=踊り子」の丼ですので「舞子」丼。昔の人はなかなかシャレていました。
だそうだ。
(あ、今回もお店のホームページの引用です。手抜きのワンパターンでスミマセン。)

さて、ふと気がつけば、ひとりガツガツ食べてしまっていた「どぜう」たち。
みなさん小食なのか、さほどお好きじゃないのか、遠慮されていたのか、
とにかく私ばかりがいっぱい食べてしまってスミマセン・・・。
「初・どぜう」を十分堪能させていただきましたです。


ちなみに夫もどじょう鍋を食べに行きたがっていて、
いつか一緒に食べに行こうと言っていたのに、今回、抜け駆けしてしまった私。
正直に夫に告白したら、予想通りスネられちゃいました。(^^;;

さあ、夫のご機嫌をとるために、近いうちに「駒形どぜう」企画を立てようかな。



◇2009年6月の食事記録です。
どぜう 伊せ喜
江東区高橋2-5  TEL : 03-3631-0005
http://www.dozeu-iseki.com/


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2009-08-27 23:54 | ├和食・郷土料理