人気ブログランキング |
夜のおめざは「キルフェボン」
「キルフェボン」の名前を初めて耳にしたのは昨年の秋。
とあるシゴトで京都に1泊出張していた時だった。

東京からシゴトの支援に来てくれていた後輩女性と雑談をしていたとき、
「キルフェボン」という単語が飛び出した。
私は「何じゃそりゃ?」と思っていたが、同じ関西の職場の後輩女性が
「あ、知ってる知ってる!京都にもあるよ。京都もすごい行列だよ~。」
とすかさず喰いついて来て、あとは二人で盛り上がっている。

むむむ・・・・・。
先輩ヅラして「あら、そうなの~」なんて平静を装って聞いていが、実は悔しい。
京都やスイーツの情報に疎いのは確かだけれど、聞いたこともないなんて。

さて、無事2日にわたるオシゴトが終わり、気の知れたメンバーで( というか、彼女たち後輩の同期の宴会に、大先輩たる私も誘ってもらって。。 )ごはんを食べに行くことに。その途中、京都の「キルフェボン」の近くを通ったので、「寄っていきますか?」と気を遣ってもらったけれど、どうやら冷蔵が必要な生ケーキがメインのようなので泣く泣くパスしたことがあったのだ。

半年後、東京のヒトとなった私だが、このお店のことはすっかり忘れていた。しかし、先日fuanitaさんの「代官山プチ・グルメ散歩」という記事を読んで、「あ、そういえば・・・」と思い出したのだ。
そして「思い立ったが吉日!」ということで、「川京」からの帰り道、立ち寄ってみることにした。

14時過ぎにお店に着く。かなり細い道で車を停めるスペースがなく、お店を少し行き過ぎたところの坂道で夫に待機していてもらい、私だけが店内に。

お店は空いている。手持ち無沙汰の店員さんが何人もいるほどだ。
2階のカフェにも空いているようで、後から何組ものグループが続々と2階へ上がっていった。
他の店では行列らしいのだから、ここは確かに「穴場」なのだろう。

ショーウィンドウの中は
「明るい!」「華やか!」「楽しい!」「カワイイ!」「幸せ!」
といったタルトのオンパレード。
見ているだけでウキウキワクワクしてくる。

こりゃあ、女の子の心をワシヅカミだわ。。

さんざん悩んで2種類のタルトをお持ち帰りいたしました。


■こんなボックスに入っています■
a0029277_10162990.jpg



■赤いフルーツのタルト■
a0029277_10164464.jpg
苺、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、レッドカラント、ブラックカラントが満載!



■桃とチーズのタルト■
a0029277_10165836.jpg
川中島の白桃がみずみずしい甘さで季節感いっぱい。


ケーキを持って帰宅したのはいいけれど、あいかわらずのオリンピック睡眠不足と「川京」の満足感からか、夫婦ともすっかり「ねむねむモード」。ええいっ!お昼寝してしまえー!!ということで夜まで爆睡。ゴソゴソと起き出して、19時過ぎからのケーキタイムになりました。

a0029277_10171525.jpg
ホットコーヒーと一緒にいただきました!


そしてこの後、東京に引っ越してきた直後から「行こう!行こう!」と思っていながらも行けていなかったビアレストランへGO!したわけです。

ちょっと生活の時間軸がズレているよなあ。。。ま、いっか。
---------------------------------------------------------
キルフェボン代官山
渋谷区恵比寿西2-18-2 TEL 03-5457-2191

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2004-08-22 10:19 | ぱん&すいーつ