人気ブログランキング |
2006年 08月 25日 ( 1 )

最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


谷川の湯 あせび野(奥天城・湯ヶ島温泉):一日目の夕食
a0029277_0445793.jpg
あせび野」の食事はお部屋食ではありません。
朝食も夕食も1階にあるダイニング「旬香団人倶(しゅんこうだいにんぐ)」での食事。
そしてそのスタート時間はチェックインの際に指定します。

a0029277_0451423.jpg
ダイニングは全て個室。
初日の夜は19番のお部屋を準備していただいていました。
大きなテーブルに革張りの椅子。
洋風のお料理が出てきそうな雰囲気ですが、
お部屋についてくださる仲居さんは和服をお召しです。
二日間、朝食も夕食も同じ仲居さんに担当していただけたのですが、
この仲居さんは「上品な奥さま」といった風情で、
細かい配慮、思いやり、自然で行き届いたサービスを受けることができました。

a0029277_0452930.jpg
テーブルに置いてあったメニュー。
 遊食懐石 -晩涼-
   食前酒、先付、前菜、御椀、御造り、焼物、
   中皿、冷鉢、温物、御食事、御水菓子、甘味 
どうやら和食のようです。

a0029277_0454545.jpg
さあ、食事がスタートします。


食前酒、先付、前菜
紫蘇のお酒で乾杯したあと、先付と前菜をいただきます。
"洋"のエッセンスを効かせた和食です。

a0029277_046984.jpg
御椀
初物の「松茸」が入っています。

a0029277_0462278.jpg
御造り
涼しげな盛り付けの御造り。
この地域特産のわさびは自分ですりおろします。
わさびは小さいものでしたが、とても甘いものでした。
「夫は大根と漬物が苦手」と伝えておいたので、
夫には大根ではなくミョウガが添えてありました。

a0029277_0463375.jpg
焼物
笹の葉に巻かれた太刀魚です。

a0029277_0464362.jpg
中皿
牛肉のお料理。確かソースに山椒が使われていたと思います。

a0029277_0465599.jpg
冷鉢
素麺がたっぷりと入っています。とっても綺麗な麺の盛り付け。
束を結わえたまま茹でた後、そのまま冷水でゴシゴシ洗うのでしょうか?

a0029277_047653.jpg
温物
金目鯛にあんがかかっていました。

a0029277_0472276.jpg
御食事
「鮭茶漬け」か「鰻ごはん」か選べたのですが、夫と私はともに「鰻」。
赤だしがついています。そして途中から「鰻茶」にしていただきました。
ところで「鰻ごはん」には鰻が数切れしかはいっておらず、
ちょっと寂しい印象を受けました。
これまでに十分食事をいただいているので、
このぐらいの量がちょうど良いのでしょうけれど・・。
ちなみに帰り際に他のお部屋用の鮭茶漬けを見かけたのですが、
こちらもとても美味しそうでした。

a0029277_0473753.jpg
御水菓子
フルーツの盛り合わせ。
梨、パパイヤ(だったかな?)、葡萄、ライチ、ラズベリー。

a0029277_0475475.jpg
甘味
冷たいお抹茶に白いお団子が浮かんでいます。
器の四方に"春"、"夏"、"秋"、"冬"と書かれているのですが、
この日は"夏"の面を手前に出されます。
この器なら年中使うことができますね。

a0029277_0481199.jpg
閑(のどか) 1本300ml 1,575円
しぼりたての自然酒を生のまま貯蔵。
瓶詰め時に仕込み水を加え、軽快な飲み口に仕上げたふくよかな甘口。
自然酒の若々しくやさしい香りと、さわやかな甘みが特徴。
和食との相性は抜群で上品な甘みのある料理の味わいをより引き立てる。


a0029277_0482361.jpg
季風 1合 735円 (四合瓶 2,625円)

季風は、蔵の代表銘柄「自然郷」のタンクの中から、
特にバランス良く仕上がったものを厳選して特別に瓶詰めした純米酒。
きりっと引き締まる飲み口に加え、
お米の旨味とかすかな甘みを感じることのできるしっかりした味わい。

ビールを注文していないのは、お風呂をいただいた後に、
お部屋で「プハーっ」としていたから。
お風呂上りは即ビール!がゴクラクへの道ですからね。
(たとえ朝湯であろうと・・・)


食事の感想はまとめて後ほど。

◇2006年8月の食事記録です。
谷川の湯 あせび野  静岡県伊豆市湯ヶ島1931-1
TEL : 0558-85-1926(予約センター)、0558-85-1313(あせび野直通)
http://www.asebino.com/
~この宿は「こんなとこ行った!あんなとこ旅した!」で記録しています~


最後までお付き合いいただきありがとうございます。
ご意見・ご感想があればお気軽にコメントくださいね。
みなさまのヒトコトをお待ちしています。


 ←参加しています。クリックいただけると嬉しいです。


by picot-picot | 2006-08-25 00:48 | ├伊豆・三島(2006/08)